市内ツアーを面白くしたい!

シェアする

普通の市内ツアーは退屈

市内観光を面白くしたいイメージができるトップ画像

こんにちは。落ち着きがないと言われていました。ハタケヤマです。

市内観光、嫌い。

セブの市内観光と言えば大体、「サントニーニョ教会」「マゼランクロス」「サンペドロ要塞」「カルボンマーケット」を巡り「ショッピング」から「道教寺院」と言う流れがほとんどです。

全て行った事はあるのですが、その時に感じたのは

「ふぅ~ん・・・」

でした。

歴史についてあらかじめ予習もして訪れたのですが、もともと歴史好きではない事、無宗教である事もありそこまでグッと来るものはなく、「へ~」や「ふ~ん」で終わったと言うのが現実でただ疲れました。

実際にお客様をお連れしてもそれは変わらず、皆さん

「うん。」

と言って5~10分ほどで立ち去ると言うのが現実ですね。

そんな退屈な市内ツアーについてどうしたら面白くなるのか、企画を考えましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

意外と人気の市内ツアー

疑問に感じている女性の写真

その企画を紹介する前に、セブの市内ツアーの現状となんでつまらないのかを簡単にご紹介します。

まず、先ほど伝えているようにお客様からは、市内ツアーをしたいと言うご要望を意外と多く頂きます。

お話を伺うと、

「とりあえず、セブらしい所に行ってみたい。」

「とりあえず、市内を見てみたい。」

とビールの注文のごとく「とりあえず」がついています。

「とりあえず」に隠れた気持ちとは

個人的な分析としては、市内ツアーを希望する際に「とりあえず」がつくのは2つの理由があると考えています。

1.セブに行った感

市内観光はセブにしかない建物に行きますし、観光情報サイトや雑誌など必ず紹介している有名な場所と言う事もあり、もっとも「セブに行った感」が出ると言えます。

せっかくのセブ旅行だから何かセブらしい写真を残したい。

と言う気持ちから市内観光を希望されるのではないでしょうか。

2.金額の安さ

他のツアーに比べると市内ツアーは安い。

定番のツアーであるアイランドホッピングジンベエザメツアーが1~2万円するのに対して市内ツアーは大体5~7千円程です。

なので、

参加しやすいと言う事もあります。

行った感と価格の魅力

この2つの理由がお客様に

「とりあえず、市内観光」

と言わせているのです。

実際に行くと

では、そんな感じでとりあえず、市内ツアーに参加した方はと言うと、

お客様の反応を含めてザックリそれぞれの場所をご紹介します。

サントニーニョ教会

セブの守り神とされているサントニーニョ像は各家庭だけではなく、お店にも設置してある事が多く、厄除け、商売繁盛などに効果があると信じられています。そのサントニーニョ像を奉っている教会で1565年建造と歴史ある教会です。

サントニーニョ教会

「ほ~」

マゼランクロス

セブ島にキリスト教を布教した冒険家マゼランが送ったと言う十字架です。

十字架の木を削ってお茶のように煎って飲めば万病に効くと言われて多くの人が削り取った事から本物は別の場所に保管されています。

マゼランクロス

「へ~」

サンペドロ要塞

石造りの要塞でスペイン統治時代(15世紀)に建造が始まり、その後は日本兵が捕虜収容所などとしても使用された歴史ある要塞です。

サンペドロ要塞

「そうなんですね~」

カルボンマーケット

カルボンマーケットはセブ庶民の台所と言われている程で食材だけではなく生活に関わるモノがほとんど揃っています。

ただ、スリなども多くあまり治安が良いとは言えないですね。

カルボンマーケット

「危ないんですね~」

SMセブシティー

昼食とショッピング兼ねてこちらで自由行動を楽しんでください。

SMセブシティー

「結構広いんですね~」

道教寺院

中国文化がセブでは浸透していてこのような道教の寺院もあるんですよ!

道教寺院の外観写真

「へ~セブっぽくないですね。」

ふわっとした反応で半日が終了

実際にご案内すると大体このような反応で、

アイランドホッピングやジンベエザメの時に比べると明らかに反応が薄いのが分かります。

また、滞在時間は全て合わせて2.5時間程でお買い物と昼食を除けば合計しても30分滞在しているかどうかと言う感じ。

ホントにとりあえず行ったと言う感じで終わってしまうのが現実ですよ!

どうしたら市内ツアーが面白くなるのか?

しかし、

お客様にこのような内容でおすすめしないですよとお伝えしても、実際に経験しないとこの微妙な心境は分からない為か、

まぁ、とりあえず市内ツアーで大丈夫です!

と言う返答で、

結局、

経験すると後悔とまではいかないにしても

「なるほどなぁ・・・」

と言う深い意味が込められた感想を頂きます。

この事から分かるように

おすすめしないと言うのは正解とは言えません。

なので、

市内ツアーにプラスしたりちょっとアレンジしてなんとか面白くしようと考えたのが以下の3つの企画です。

1.相乗りシティーツアー

「相席居酒屋」や「街コン」のイメージ。

ラシアンで記念写真

年代の近い男女のグループを一台の車に相乗りして市内案内をすると言うだけのもの。

旅の魅力として「人との出会い」があると私は考えています。

日本では知らない人同士、話しかけにくい空気がありますが、

陽気な国セブだと不思議とそんな空気がなくなり、自分の心も開放的で陽気になり誰とでも仲良くなれますよ。

あいのり市内ツアーをきっかけにセブで友達を作り、その後の予定を合わせたりして、一緒にご飯食べに行ったり、一緒にアイランドホッピングに参加すると、当初予定していたよりも何倍も楽しめますね!

アイランドホッピングでの出会いがイメージできる写真

「旅行をもっと楽しくする出会いのきっかけ」として「市内ツアー」に参加すれば、

市内でセブに行った感の写真はもちろん撮れて、車内や街なかでは知らないお互いを知る為に会話をしたりして盛り上がれるので、終了した後の微妙な空気はなくなりますよ。

詳しくは「あいのりシティーツアー」のページをご覧になってみてください。

2.ホテルホッピング

市内観光とは少し異なりますが、思いっきり南国気分を味わえる市内ツアーに変わるマクタン島内ツアーです。

セブ旅行を満喫している女性2人の写真

内容は単純でお洒落なホテルのレストランで昼食とデザートを食べてお買物したりして、お気に入りの写真を撮ると言う内容です。

シンプルですが、一番南国満喫しています感が伝わる写真が撮れて、セブ市内よりよっぽど自慢できる写真が撮れますよ!

実際に市内観光を考えていただ写真のお二人にこのプランをおすすめして下準備としてセブらしい洋服を買いに行き、当日楽しんで頂きました。

モデル気分でリゾートを満喫
市内観光なんかよりリゾート写真 こんにちは。浮かれている人を見るの好きです。ハタケヤマです。 記憶よりも記録って時代じゃないです...

女性にとっては割り切って最高の南国らしい写真が撮れるポイントへ連れて行く方が市内観光の微妙な背景よりも受けるのは間違いないですね。

3.ウェディングドレスで行く市内観光

完全に企画段階なので興味がある方がいればお気軽にご相談ください!

何かと言うと、ウェディングフォト。

「ウェディング=一回きり・高い」の概念を変えてカップルだろうが女の子だけだろうがもっとカジュアルにコスプレの如く写真を楽しみませんかと言うコンセプトです。

綺麗な格好で写真を撮る為だけに市内を観光するのは思い出にも残りますし、かなり楽しめます。

セブではウェディングドレスがかなり安く1万円以下から購入できます。

これ、知らない方が圧倒的に多いです!

このメリットをもっと活かして頂ければ新婚旅行の方や、彼女へのサプライズツアーはもちろん友達同士でのウェディングドレスツーショットと言う中々撮れない絵も撮れてしまいます。

カジュアルに南国フォトウェディングを楽しんでみませんか?

と市内観光がもっと楽しくなればなぁと考えた3つの企画はこんな感じです。

その他に何かこんな事できないのなぁどあればそれも含めて、お気軽にご相談ください!

相談してみる

まとめ

個人の好みと言うのはありますが、市内ツアーをしたいのであればツアーではなくタクシー乗り継いで個人で行く方が良いです!

道教寺院以外は行きやすい場所なので何の問題もありません。

あるいは市内ツアーしたいのであれば日本人レンタルを利用して頂ければ、定番の場所だけでなく楽しめる場所もご案内しますのでわがままに楽しめますよ!

実際にご利用頂きオーダーメイドな市内ツアーも行いましたので「日本人レンタルの事例」をご覧になってみてください。

とにかくただ普通に行くのは楽しくないので普通の市内ツアーはおすすめしないと言うのが結論ですね!

スポンサーリンク

シェアする