バイホテル最安値の理由

シェアする

人気のバイホテルがなぜ格安なのか?

バイホテルを格安で予約できる理由のイメージ画像

こんにちは。怪しいですかね。ハタケヤマです。

なぜ他に比べて安いのですか?

と言うご質問を良く頂きます。

確かにちっぽけな、しかもツアー企画会社が、なんで大手代理店を抑えてコミコミ8,000円と言う金額を出せるのか?怪しさしかないのは確かですね。

しかし、

色々調べて、比べて頂ければ分かる事ですが、バイホテルがコミコミで8,000円と言う金額は一番安いのも確かです!

※大手代理店がキャンペーンを行っている時などを抜かします。

なぜ、大手代理店を抑えて格安でバイホテルを提供できるのか?

その秘密を説明し、ESTE Japanがお得な理由を納得して頂き、安心してお得にバイホテルを予約して頂けるように、手前味噌ながらご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

バイホテルとは

バイホテルの外観の写真

なぜ、格安なのかを説明する前に簡単にバイホテルについてご紹介致します!

baihotel(バイホテル)は2017年9月にパークモールの近くにオープンし600室を誇るセブ最大規模のビジネスホテル。

オーナーがフィリピンの水源と言っても過言ではないネイチャースプリングのオーナーで、豊富な資金をバックにビジネスホテルとは思えない豪華な作りと充実の設備を備えたホテルです。

スタッフの教育も行き届き、清掃スタッフ含めて、すれ違う度に必ず敬意をこめて一礼をするなど、丁寧でとても気持のよい対応です。

と言うのも、

総支配人のジェイ・キムさんが韓国生まれ、ニュージーランド育ちの日本で働き、セブへ来ると言う経歴を持っている方で、各国の方の気持ちが分かるからですね。

バイホテルの総支配人のジェイ・キムさんの写真

バイホテルの魅力はここでは語り切れない程の驚きと豪華さがあります。

特にビュッフェはセブ1と言っても過言ではない程!

要チェックです!!

baiホテルのビュッフェがおすすめ
baiホテルの2階にあるレストラン「カフェ・バイ」は高級ホテル以上のクオリティーに驚かされ、モンゴリアン料理など楽しめ、充実のデザートは他を圧倒していて、連日フィリピン人が訪れている人気のビュッフェです。

立地

ビーチがない市内のエリアなので、南国気分を満喫したい方からすると残念な立地。

ただ、パークモールの正面にあり、港にも近いのでボホール島へ行く際にも便利ですし、マクタン島とセブ島を結ぶ2つの橋にも近いので空港やビーチへ行くのも楽々の便利な場所と言えますね。

バイホテルが格安の理由

注目を集めるイメージができる写真

さて、本題ですが、結論から言ってしまうと、

一番売っているからです。

「?」と言う感じでしょうが、

大量生産すると価格が安くなると言う経済の基本原理をイメージして頂ければ分かりやすいです。

多く作れば作るほど価格が安くなっていくのと同じで、ホテルの部屋も多く売れば売るほどホテル側が安い金額を提供してくれます。

ESTEの韓国サイドは会員を2万人近く持っていて、バイホテルがオープンする前から注目し総支配人のジェイさんにコンタクトを取り価格交渉を進め、お客様へ告知をしていました。

そして、

バイホテルの営業が始まった9月から、たった2ヵ月で500泊と言う総支配人のジェイさんを驚かせる結果を出しました。

気が付けば大手代理店などを含めてバイホテルのセールスが一番の企業になっていて、他にはない特別価格を提供して頂いています。

なので、

ESTE Japanも大手代理店より格安のコミコミ8,000円で提供できるのです。

つまり、

韓国サイドの頑張りですね!笑

本当に安いの?

疑問に感じている女性の写真

8,000円とか9,000円なら他と大差ないんじゃない?

と、色々調べている方は感じるかもしれません。

確かに、バイホテルで検索すれば8,000円台や9,000円台で予約できるサイトはあります。

しかし、

予約を進めて行くと、あら不思議!

11,000円を越えてきます。

すでに経験した方もいるかもしれませんが、最初に表示されている金額は税金やサービス料が含まれていないから、最終の金額が最初と異なるのです。

なので、

大して変わらないと思って別サイトで予約をすると、かなり損をする事になりますよ!

3泊もすれば1万円近く変わってきますからね。

ESTE Japanでは分かりにくい事は一切無しで、

プレミアルームは1泊朝食付き2名一部屋9,000円

デラックスルームは1泊朝食付き2名一部屋8,000円

ここから追加は発生しません。

ちなみに、デラックスルームとプレミアムルームでは「眺望」と「アメニティーの質」が異なります。

バイホテルの部屋の価格一覧の画像

バイホテルの価格に含まれるモノ一覧の画像

ただし、ホテルの定める繁忙期は3,000円が上記料金に追加になります。

  • 年末(12/31)
  • シヌログ祭(1/19-21)
  • 旧正月(2/14-18)

まとめ

バイホテルを格安で宿泊したければESTE Japanが一番お得!

なぜなら、

日本人だけでなく韓国人に対しても販売し、他社を圧倒する販売実績があるので、バイホテルから特別価格を頂いているからです。

もちろん大手代理店の安心感には勝てない部分があるので、1泊3千円前後を安心料と考えても良いのですが、

3泊したら安心料が合計9千円以上と、もう一泊できる金額になります。

ホテルの質はもちろん変わらず、単純にどこから予約するかだけで大きく変わりますので、是非、色々と調べ、比較してみてください!

ESTE Japanからバイホテルをお申込む場合は以下からお申込みくださいませ。

また、お申込みされる前に「baiホテル」のページを必ずご覧になってください。

お申込みはこちら

スポンサーリンク

シェアする