ブログ100記事の先に見えるモノ

シェアする

ブログとは忍耐である

こんにちは。ブログって稼げるの?ハタケヤマです。

ブログで成功する方法を調べていて良く目にするのは、

ブログは100記事書いてからがスタート。初心者はまず100記事を書いてから稼げないとかなんとか嘆け!的な言葉。

100記事も書かずに辞めてしまう方がほとんどらしく、初心者にとって100記事を書く事は一つの目標であるように感じます。

なので、

まずは100記事書いてみようとコツコツと続けた結果どうなったのか、その実績と自分が感じた事をまとめています。

スポンサーリンク

ブログ100記事が目標になった背景

そもそもツアー会社(詳しくは会社概要を)であってブロガーやアフィリエイターでは無いのになぜブログで成功する方法を追い求めているのかと言うと、

それは、ブログを集客の柱として考えているからです。

多くのツアー会社がブログを、ただのスタッフの日常を載せる日記的な感じで惰性で書いていたり、キャラクターを伝えるものとして活用しています。

そう言う目的も含んでいるのですが、

大きな目的としては検索順位を高め自力で集客する為の販促ツールとしてブログを活用しています。

アフィリエイトと同じ感覚で単純に紹介する商品が自社のモノか他社のモノかの違いでおすすめして販売すると言うスタンスは同じ、ブログを育てれば必然的にツアーも売れていくだろうと、この戦略で進めています。

なので、

ブログで成功する方法が必要なのです!

甘い考えからのスタート

ツアー会社を始める前、自分は企業の販売促進部でWeb、TV、雑誌、カタログ、店内演出など幅広い業務を経験していたので広く浅い知識を持っています。

しかし、

あくまでディレクションをするだけの人間で、ただ会社の方針を各業者に伝え、仕上がった物に対して社内でコンセンサスを取ると言うのが主な仕事だったので、実際の実務は各業者さんが行い専門知識など0と言う感じなので、

要するに、Web初心者。

そんな自分でも会社を飛び出しセブまで来た以上は何とか自分でやるしかないと、苦労しながら独学でホームページ作成をしてきました。

今の時代、グーグルさえあれば全てなんとかなるモノで、時間はかかったものの全てを自力で仕上げて、ブログ型ホームページがそれなりの形になりWeb公開までたどり着いたのです。

こうなるともはやゴールした感じで当初は喜びと達成感で満たされて、もはや勝ち戦だなと良く分からない自信さえ感じていたのですが、

まぁ・・・甘すぎました!

「あれっ?これ本当に公開できてるのか?」

と疑いたくなるくらい誰からもアクセスが無い。

何日経ってもグーグルにインデックスされない。

どうやって集客すればいいのか全く分からない!!

と、絶望して立ち止まってもいられないので何とか前に進めなくてはと、色々なブロガーの方やアフィリエイターの方のノウハウ集やサイトを参考にどうすれば良いのか模索しました。

そこで、

良く出てくる成功する為の秘訣が

「ブログは継続する事」

でした。

「まずは100記事書いてからアクセスが無いとか稼ぎにならないとか嘆け!」

と言う言葉もあり、

「よし分かった!100記事を目標にしてやるぜ!!」

と、目標がブログ100記事書く事になりました。

ブログ100記事の恩恵

ブログやアフィリエイトで稼いでいる方々は稼いでいる金額もさることながら、毎日のブログへの誘引数がスゴイ。

まぁだから稼げているのですが、、、

そんな方々の教えであるブログ100記事を書いて見ろと言う理由には、

100記事書いた後に待ち受けている恩恵があると言うのです。

パチスロの天井見たいな感じで説明されている「100記事の恩恵」とは、

1.グーグルの評価が上がる

2.検索上位に表示される記事が出始める

3.結果としてアクセスが爆発的に増える

と言う感じです。

アナリティクスのグラフを掲載しているサイト(規約違反行為みたいですが)100記事を越えたあたりのところからグラフが急激に上昇しているスクリーンショットを見せられるともう何も言えなくなってしまい、

「あぁ、この恩恵にあずかりたい!」

とこの恩恵を目当てにコツコツと頑張りました。

ブログ100記事達成までの実態

実際にブログ100記事達成するまでには3ヵ月間と半月かかっています。

1ヵ月

最初の内は書いた記事がどうしたらインデックスされるものなのかを調べたりして、日々クロールされた数を見ている日々でした。

どう頑張っても100を越えないクローラーのグラフとにらめっこしながらブログを書き続け、もちろんアクセスは一緒にやっている仲間からしかないので見ても仕方がない10以下のPVでした。

この状態が1ヵ月続き合計のブログ投稿数は32記事。

2ヵ月

そんな変化の無い1ヵ月が終わり2ヵ月目に突入した際に、今まで10前後のPVが30になり、ようやく仲間以外からのアクセスが増えてきました。

そして、クローラーの巡回も100を超える事も増えて終わりの方には100を切る事はなくなり200を超えたりするようになり、

それと同時にPVも100を超える事がありました。

最終的に2ヵ月が過ぎて52記事。

3ヵ月

クローラーの巡回は出だしが良くいきなり400を超える事もあり安定的に100以上の巡回がありました。

しかし、

クローラーの巡回頻度とは裏腹にPVは前半は10~20が平均でたまに100を超えると言う感じでした。

3ヵ月目の最後の方はPVが300を超える日がありそこを境に30が平均になりました。

最終的な記事数は78。

ブログ100記事達成の実態

ブログ100記事達成する前の状態は本当にしんどいです。

日々3~5人位しか訪れておらず、書いても書いてもブログがインデックスされているのか、どのクエリで検索されているのかも表示されないくらいで

まさにまっ暗闇の中を走っている感じ。

しかし、少しづつではありますがクローラーの巡回頻度だったり、インデックスされる数だったり、微増のPVだったりの変化を楽しみながら前には進んでいるんだと言う気持ちを持って書き続けてようやく、100記事が見えてきました。

そうなると、想像してしまうのが「100記事の恩恵」。

これで一気にアクセスが増えて驚きの曲線を見る事ができるとワクワクが止まらず100記事に向けて一直線でした。

書くネタが無いと、うなっていた2ヵ月目が嘘のようにドンドンとネタを見つけてスラスラと書いていけたので、最後の20記事は割と楽にと言うかスムーズにいきました。

そして達成した100記事

100記事の恩恵はありました。

しかし、

想像していた急激な曲線では無くなんともゆる~い曲線でしたが。

クローラーの巡回は100記事達成前と後ではそこまで大きな変化はなく、むしろ70記事を越えたあたりで1,000を越えると言う記録を3度も経験した時の驚きはなく400を超えた位であとは通常通り平均して200前後と言う感じでした。

PVに関しては30前後だったものが安定的に70前後になり100前後も珍しくなくなったので100記事の恩恵は確かにあったと感じます。

単純に、100記事前と後では2倍以上のPVになっているので100記事の恩恵はでかいと言えます。

しかし、

もともとの母数が小さいからか、100記事の恩恵に対する期待がでかすぎた為か

この程度かぁ・・・と落ち込むと同時にいよいよどうしたらいいのか分からなくなりました。

アクセスがなくてもとにかく100記事を書けばと言うゴールを希望に書き続けたからか、燃え尽き症候群のような感覚になりこれ以上記事を書いても仕方ないとなりました。

なんとか記事を書こうとはするものの

期待が持てずアッと言う間に手はとまり、書けなくなると言う日が続きます。

ブログ100記事達成後はどうすべきか

唯一の支えであったブログ100記事は思いの外、残念な結果でかなり落胆してしまったのですが、立ち止まっていてもお客さんは来ない!

と再度どうしたらいいのか調べ出しました。

とりあえず、ブログ100記事を書けばいいと言うだけで考え無しで書き続けてきたのですが、それだけではダメでキーワード選定したりタイトル工夫したり、独自性のある内容を考えたりと、

数だけではない要素が沢山あるとブログで成功する事の難しさや大変さを再度実感しました。

やっぱり人を引き付けるのは簡単ではないなぁ・・・

ブログやアフィリエイトで稼いでいる人は本当にすごいなぁ・・・

と感心しっぱなしで、企業はなぜブロガーやアフィリエイターに依頼をしないのか不思議でしょうがいない!

毎週折込チラシに何千万円とかけている企業やTVCMに何億とかける位なら何百万か払ってブロガーやらアフィリエイターと組んで販売促進した方がよっぽど効果があると感じる。

それくらいブロガーやアフィリエイトで食べている人たちの持つ影響力はすごいし、そこまでのサイトに育て上げた方の人を引き付けるノウハウは半端ない!

と、自分の無能さを感じたくないからでしょうね、ブロガーやアフィリエイターのすごさを実感していない企業は無能だなぁと見下す事で良く分からない自信を取り戻そうと頑張っていました。

そんな感じで立ち止まりかけていた中、見つけた

「500記事。半年間」

と言う文字。

「そういう事か!」

目から鱗と言うかこれがブログなんだなと思いました!

ブログ100記事の恩恵やら100記事書けば違うとかではなくて、とにかく成果が出るまで書き続ける事なんだな!

そして気づきました。

ゴールの見えないマラソンでとてもしんどいのですが、100記事書いて効果が無ければ300記事、それで効果がなければ500記事、それでもだめなら1,000記事と諦めないで進み続けられる忍耐力が必要だと。

センスのある人や頭の良い人は100記事も書かずに効果をだしているのでしょうが、凡人である自分はこれしか無い!

と新たな目標500記事に向けてまた走りだしました。

まとめ

ブログ100記事は初心者にとっての目標ではあるもののゴールではないと言う事。

そして、

100記事書いた恩恵はあるがその効果はブログの内容によると言う事。

この2つが今回ブログ100記事を書き終えて学んだ教訓でした。

後は、とにかくブログで生計を立てられている人たちはすごいなぁと言う事を実感した感じです。

何はともあれ走り続ける事が大事だと言うのはものすご~く分かりました。

スポンサーリンク

シェアする