クラウドソーシングが仕事の質を高める

シェアする

クラウドソーシングでコツコツと

こんにちは。ハタケヤマです。

とりあえずクラウドソーシングを始めたのですが、

これが中々おもしろい!

稼げるかどうかは別にして充実感はあります。

また、普段の仕事力も向上する要素があると感じます。

今回はお小遣いを稼ぎたい、ちょっとクラウドソーシングはじめてみたいと言う方に向けて

何が楽しいのか?

効率良く使い時給を上げるコツとは?

について自分なりに感じている事をご紹介します。

スポンサーリンク

クラウドソーシングの楽しさ

そもそもクラウドソーシングとはウェブ上で簡単な作業を請負、報酬をもらう仕組みです。

詳しくは「そうだ!クラウドソーシングしてみよ。」をご覧になってみてください。

私はクラウドソーシングの大手「クラウドワークス」を利用していますが、

率直に感じた事としては、

「時給400円以下だし、思いっきり稼ぐのは無理かなぁ」

です。

時給400円の現状

クラウドソーシングには2つのタイプの仕事の仕方があります。

一回きりで終了する「タスク型」と契約をして決まった記事数を決まった納期までに納品する「プロジェクト型」の2つがあります。

クラウドソーシングのタイプ

クラウドソーシングでしっかりと稼ごうと思ったら、プロジェクト型に参加しないと難しいです。

プロジェクト型の案件と契約すれば月に10~20万円は稼げそうなのですが、それだと時間の拘束こそ少ないものの結局、会社の契約社員みたいであまり魅力を感じません。

なので、私は自由に自分の気の向くままに仕事ができる依頼を中心にこなしています。

1,800文字で800円位と一文字0.4~0.5円程の依頼を探し記事を作成しているのですが、多少慣れたとしても、テーマについて調べたり、そもそも条件に合う依頼を探すのに時間を使うので、なんやかんや1つの記事を書くのに2時間は使っています。

そうすると時給は結局400円以下、仮に20万円稼ごうとしたら500時間必要です。一日8時間労働としたら63日と約2か月かかる事になります。

セブならともかく日本では到底わりに合わず、稼いでいるとは言えません。

では何が楽しいのか?

そんなわりにあわないクラウドソーシングの何が楽しいのか?

私個人の感覚ではありますが2つの理由があります。

1.誰かに認められたと言う充実感

クラウドワークスの流れは

まずは、自分で出来そうな仕事を探し、記事を投稿します。

そして、投稿した記事を依頼者が判断して承認すれば報酬がもらえると言う感じです。

クラウドワークスは誰に見られているか分からずに書いているブログとは違い、依頼主1人に向けて書いているのでターゲットを想像しやすいです。

もちろん顔も素性も知らないのですが、自分の中でイメージした依頼主に対して記事を投稿するので、承認されると、選ばれた感があり嬉しくなります。

そんな「選ばれた感=誰かに認められた感」が時給が安くても充実した仕事として取り組めるのだと感じます。

2.目に見える収入

報酬は依頼者が承認をした時点で確定し、記事作成者へとメールで報告されます。

金額は1,000円以下のものがほとんどですが、立て続けに承認されるとトントン拍子で2,000円くらいになります。

まさにチリも積もれば山となると言う感じで自分のやった事が数字として見えるのは感慨深くなります。

もちろん時給400円なので割にはあっていないのですが、0の状態から文章を作っただけで5,000円以上になるのはなんとも言えないものがあります。

時給を高める進め方のコツ

楽しいとは言えさすがに時給400円のままでは続きません。

そこで、クラウドソーシングをなるべく効率よく進めていき時給をUPさせる為の自分なりのコツを3つご紹介します。

1.作業分担する事

クラウドソーシングの流れは登録者が依頼を探し記事を作成、依頼者がOKを出せば報酬が支払われると言うものです。

クラウドワークスの流れ

主な作業としては「依頼を探す」「内容を考える・調べる」「記事を作成する」の3つの作業です。

これを一つ一つの依頼に対してやっていると効率は悪く時給400円のままです。

ここでのポイントは依頼をまとめて探す事です。

依頼を見つけてすぐに取り掛かるのではなくまずは、10件なり目安を決めてまとめて依頼を探します。その際に近い内容のものは必ず抑えておきます。

例えば、一つ「ダイエット」の依頼を決定した場合、「脂肪燃焼」や「食生活」がありそうな依頼はチックしておきます。

そうする事で次の「内容を考える・調べる」の作業時に共通した事があり無駄が無くなります。

記事作成も言い回しや表現を少し変えると別の依頼に応用できるので、結果的に効率よくこなす事ができます。

一つの作業にかかる時間は増えますが、トータル的に1つの記事にかかる時間は減り、時給は高くなります。

2.一度採用された依頼主はフォローする事

依頼者は自身のサイトや中小企業の自社サイトあるいはSEO対策を行っているであろう会社などです。

自身のサイト・中小企業の自社サイトを依頼している人は定期的に記事を必要としていて、

その内容もテーマは似ている為、一度経験していると仕事の要領を掴んでいてスムーズにこなせます。

考えたり、調べたりする時間が削減できて時給アップにつながります。

3.文字数を考えて依頼を探す事

依頼には最低○○文字以上のような指定があります。

文字数が多いモノは金額も高く魅力的に見えるのですが、

ここでは500~2,000文字程度の依頼を中心に探します。

この文字数を越えてしまうと文章作成が大変になります。

自分の詳しい事や話を広げられる自信がある場合は気にしないで良いのですが、詳しくない事を調べて2,000文字を越えて文章を作成するのはなかなかパワーがいります。

作業時間がかかる上に、採用されなかった時のガッカリ感や、時間がかかる為に作成している間に別の承認がおりてしまうなどのリスクが高いので、パワーをかけたのに結局0円と言う事もあります。

それよりも500文字200円などと言う依頼の方が確実に収入につながります。

まとめ

クラウドソーシングで生計を立てるのは難しいです。

しかし、文章をまとめる力や考える力は間違いなくついていきます。

また、どうしたら効率よく仕事をこなせるかを自然と考えるようになる為、普段の仕事でも効率良く動く為にはどうしたらよいかを考える習慣がつきます。

なので、

提案書を上手く作れるようになりたい、

ブログを始めてみたい、

などの目的を持っている方やビジネスマンにクラウドソーシングの活用をおすすめします。

数をこなしていく内に自然にライティングの才能も磨かれていき達成感もあり、その上お小遣いも手に入ると考えると良い事尽くめです。

スポンサーリンク

シェアする