癒し空間セブサファリ

シェアする

近い!カワイイ♡セブサファリの魅力

セブサファリのトップ画像

こんにちは。食わず嫌い的な所あります。ハタケヤマです。

動物園でテンションあがる?

セブにサファリパークがオープンすると言う事でセブ内では話題になり、仕事で関わるフィリピン人や知り合いなどは早速訪れてフェイスブックにあげたり、

「ヒロもお客さんにおすすめしなよ!」

みたいな感じでアドバイスをもらう事がチラホラ増えてきました。

セブサファリ自体はまだ完全にオープンしていないにも関わらずフィリピン人の間では既にかなりの盛り上がりを見せています。

以前フィリピン人の知り合いから聞いたのですが、セブの動物園は猿と鳥しかいないと言う事で、ライオンやトラなどTVの世界の動物が直に見れると言う事はフィリピン人のテンションを上げるのも納得。

しかし、

小学生の課外授業で動物園に行った事があるくらい、動物園を珍しいと感じていない自分にとっては、

「ふ~ん…」

程度のテンションで大した期待もなく、お客さんにすすめなよ、と言うアドバイスに対しても

「日本人がセブに来てまで動物園に興味しめすか?」

と、観光客にすすめる気持ちは全くありませんでした。

しかし、しかし、

セブサファリに行って感じたのは、4泊5日でジンベエザメとアイランドホッピングをして1日余っている女性や小さいお子さんがいる家族連れの方におすすめできると確信しました!

現在(2018年4月時点)進行している展開計画も完成すれば男性も含め、1日余っているから行くと言うような場所ではなく、望んで行きたくなるような場所になりますよ!

そんな自分が180度態度を変える程のポテンシャルを持っていたセブサファリの魅力についてご紹介致します。

スポンサーリンク

セブサファリとは

セブサファリのマップの画像

ハタケヤマのフィリピン人の知り合いが言っていたようにセブにまともな動物園はなく、良くて猿、大体は爬虫類と鳥を見せると言う場所しかありません。

そんな中でライオンやトラ、キリンやシマウマなど本格的な動物を展示すると言う事でセブ島の注目を集めている新しいスポット。

とにかく広大な敷地を活かして、動物を飼育しているのでストレスも少なくのびのびした姿が見れ、極力柵などを使わないで動物の生態をリアルに見る事ができる行動展示をしている動物園です。

セブサファリの移動用の車の写真

サファリらしいオープンな車に乗って巡る事も出来ますし、歩いて見て回る事もできます。

場所はセブ北部の山の中でリゾートエリアで良く旅行客が滞在するホテルが密集しているマクタン島はセブの中心にあるので、

そこから約1.5時間ほど北部に海沿いを走り、0.5時間ほど海から離れ山の中へ進んでいったカーメンと言う地区にあります。

セブサファリの魅力

セブサファリの魅力は3つのキーワードで語れます。

  1. 近い
  2. カワイイ
  3. 大自然

とにかく、動物との距離が近くて大丈夫か?と不安になるほどですが、カワイイ動物も多くて見ていて思わずホッコリした気持ちになり、

とにかく山に囲まれ見渡す限りの木々と排気ガスなどない澄み渡った青空が広がる光景はセブの中心とは違う爽快感がありストレスが開放されていきます。

1.近い

セブサファリの近さがイメージできる写真

本気出せば触れるくらい動物との距離が近くて、柵や檻もありません。

と言うか、放し飼いにしているエリアに人間が入っていきます。

セブサファリのカピバラの写真

人間がビックリするくらいで動物達は動じる事なく、人間の横をシレッと通り過ぎていくか、立ち去るのを眺めている感じで、とってもテンションあがりますよ!

セブサファリの動物との距離の近さが分かる写真

猿の展示も柵がなく猿が水を苦手としていると言う事から柵の代わりに堀を作り水で猿が出れないようにするなど、動物の生態を研究して展示しているので驚きの近さ!

セブサファリの柵がない写真

2.カワイイ

セブサファリのチーターの写真

チーターでさえセブにくると、ゆる~くなるのかハンターとは思えない愛嬌のある動きで和ませてくれます。

やっぱりチーターとは言え猫なんだなぁと実感できますよ!笑

こんな感じで猛獣達ですらカワイイのですが、一番のおすすめはミーアキャット。

サブサファリのミーアキャットの写真

とにかくカワイイ。

セブサファリではカフェの一部分でミーアキャットを飼育しているので、食事をしながら、一息つきながらミーアキャットを眺める事ができると言う嬉しい環境になっています。

人を恐れず寄ってきたり、お馴染みの立って遠くを眺めてたり、穴掘りしたりと、とにかく可愛くて癒されますよ!

3.大自然

セブサファリの自然がイメージできる写真

見渡す限りの緑と青のコラボレーションが広がります。

セブサファリはセブ北部の真ん中に位置していてと~っても田舎。

都市部から外れた山々に囲まれたセブサファリは空気が新鮮で暑さも気持ち和らぐ場所にあります。

本当に田舎で何もないセブの自然はスカッと爽快なブルーの空と、勢いよく茂っている緑の木々とのコンビネーションは日ごろのストレスをいとも簡単に吹っ飛ばしてくれるパワーがありますよ!

また、セブサファリのオーナーが花好きと言う事もありガーデンも整備しています。

セブサファリのガーデンの写真

花の種類も多くて、ちょっと一息ついたりするには最高の場所で、特に女性には写真スポットとしてもおすすめですよ!

セブサファリの撮影スポットの写真

今後のセブサファリ

注目を集めるイメージができる写真

2018年5月にグランドオープンを迎えるセブサファリですが、

まだまだ完成ではありません。

これから広大な敷地を活かし総合レジャー施設として展開して行く計画があります。

バードショーと言うどんな内容になるのか想像が難しいショーを行う会場を建設したり動物展示の拡充はもちろん、

レストランやカフェを要所要所に構え、飲み物やアイス、スナックなど一息つきながら動物を見る事ができるようになるのはもちろんですが、

セブサファリのレストランがイメージできる写真

人気のジップラインや乗馬、ATVなど大自然を思いっきり満喫できるアクティビティーの準備も進めていますし、

セブサファリのジップラインがイメージできる写真

プールもオープンする予定で、2020年にはホテルも完成する予定です。

まとめ

まだまだ完成まで時間はかかるのですが、総合レジャー施設として、これ以上ない可能性を秘めているセブサファリ。

もちろん現状の動物園としても

  1. 動物との距離の近さに驚き
  2. カワイイ動物に癒され
  3. 雄大な自然に心を現れ

と、かなり満足できる魅力たっぷりの場所である事は間違いありません!

ただ、大体の方が3泊4日が中心で実質2日間しかないスケジュールを割いて訪れるほどではないのは確かですし、セブらしいかと言うとそんな事もないです。

なので、

4泊5日以上していて、1日何しようかなぁと悩んでいるカワイイが好きな女性や小さいお子さんがいるご家族におすすめですね!

それも今だけの話で、

今後、アクティビティーが充実すればわざわざボホール島まで行ってATVをしたりする必要もなくなりますし、

広大で綺麗な山の中を乗馬で巡るツアーなどが開催されればアクティビティー好きな人にはたまりませんし、

ジップラインは1.6キロと言う長さでクロコダイルの上を駆け抜けるなどサファリならではの面白さも付け加えるなど予定しているので、

わざわざ行ってみたい場所になるのは間違いありません。

まだ、ツアーとして企画段階ではありますが、興味のある方はお気軽にご相談ください!

セブで何をするか迷っている方はお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする