気になるチョコマンゴー10種の講評

チョコ掛けマンゴー10種類の評価サムネイル画像
  • チョコ掛けのドライマンゴーって美味しいの?
  • 色々な種類があるけど、違いはあるの?
  • チョコ掛けドライマンゴーのおすすめは?

この記事ではこのような「チョコ掛けドライマンゴー」に関する疑問に答えます。

マブハ~イ。セブ嫌いコーディネーター畠山(ハタケヤマ)です。

「嫌い」だからこそ良い部分も悪い部分も知ってるし、何かに忖度する事なく思った事をズバッと言う事ができます。なので、ここで紹介する情報を参考にして頂ければ、間違いなくセブ旅行を楽しめる自信があるので最後までご覧くださいね!

選択肢が多いとかえって迷ってしまうのは心理学的に証明されています。

人間は選択肢を3~5に絞った方が決めやすいんですね。

そう、セブ土産定番のドライマンゴーも同じ。

ドライマンゴーは少なくとも20のブランドから販売されていて、正直どれも同じと感じる中でチョコ掛けドライマンゴーと言う目新しい商品が出て迷わずに選べると思ったら、やっぱり色々なブランドが真似しだして、結局、どれを選べばいいのか分からなくなりました。

そこで、この記事は各ブランドのチョコ掛けドライマンゴーを食べた感想をまとめています。

こちらを参考にどのブランドのチョコ掛けドライマンゴーを買うか役立てて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

チョコ掛けマンゴー10種類の感想

チョコ掛けマンゴーの集合写真

各ブランドのチョコ掛けマンゴーの感想を説明する前にそもそもチョコ掛けマンゴーとは何かをサクッと説明しておきますね。

 チョコ掛けマンゴーとは、ドライマンゴーにチョコを掛けたセブ土産の新定番として流行っている商品。各ブランドからチョコ味、イチゴ味、抹茶味など様々な種類が発売されています。
チョコ掛けマンゴーのイメージ写真

チョコレートで丸ごとコーティングされたタイプと半分だけチョコでコーティングされたタイプに分かれています。

人気の理由はチョコの甘味とマンゴーの酸味が絶妙にマッチした大人の味わいと言う点ですね。

以前は2ブランドくらいしか無かったのですが、今(2019年4月時点)では、5ブランド以上から販売されている事からも分かるように、「お土産第七世代」の筆頭なんですよ。

さて、こちらで紹介するのは5ブランド10種類になります。

各ブランドにまとめて種類別に「感想」「金額」「内容量」を紹介します。

R&M(アールアンドエム)

R&Mのチョコ掛けマンゴー4種類

金額はチョコ味は250ペソ(約520円前後)でそれ以外は275ペソ(約580円前後)。

味はチョコ・抹茶・ホワイトチョコ・ストロベリー。

  • 4種類のチョコ掛けマンゴーがあり5ブランドの中でバリエーションが一番豊富。
  • 箱はしっかりしていて、個包装になっているものが10個入。

箱に入ってバリエーションも多い事からお土産に良さそうですが、そこまでおすすめではないです。

箱の中は仕切りがあって綺麗に並べられているわけではなく、そのまま箱に入れただけなのでグチャグチャで開けてガッカリする感じですね。

また、味が微妙

バリエーションの多さから期待感もあったのですが、どれも失敗している印象です。

R&Mのチョコ掛けマンゴーの中身

味はそれぞれ違いますが、全体的に共通して言えるのは、ドライマンゴーと言うよりはマンゴーのグミにチョコを掛けているような、加工物的な感じですね。

■チョコ味3.0

R&Mのチョコ掛けマンゴーを袋から出した状態

まずは定番のチョコ味ですが、チョコの風味は弱く、マンゴーの酸味が強いです。

後味が微妙で口の中に何か残る感覚ですね。

■抹茶味1.5

R&Mのチョコ掛けマンゴーの抹茶味

簡単に想像できると思いますが、全然マッチしてないです。

まぁ美味しくない。

抹茶の再現度が高い分、苦みがきつくマンゴーの酸味と全くマッチせず、嫌な後味だけ残ります。

■ストロベリー味2.5

R&Mのチョコ掛けマンゴーのストロベリー味

マンゴーなのストロベリーなの?とこれまたちょっと謎の組み合わせですが、イチゴのチョコが強いので、マンゴーと組み合わせる意味が分からないですね。

■ホワイトチョコ味1.5

R&Mのチョコ掛けマンゴーのホワイトチョコ味

ホワイトチョコは一見ありな感じしますが、食べると残念。

ホワイトチョコ自体が上手に味付けできていないのかバターにマンゴーをつけているような感じで、ただコッテリして気持ち悪いですね。

Freshco(フレシュコ)

Freshcoのチョコ掛けマンゴーのイメージ

金額は全て103ペソ(約220円前後)。

味はチョコ・ホワイトチョコ・チョコマンゴーロール。

  • 3種類のチョコ掛けマンゴーの内1種類は他にはないチョコマンゴーロールと言う種類。
  • パッケージは袋で、個包装になっているものが5個(チョコ掛けマンゴー)10個(チョコマンゴーロール)入っています。
Freshcoのチョコ掛けマンゴーの個包装

デザイン的に高級感があるのでプレゼントするにはお洒落感があって良いですよ。

■チョコマンゴーロール1.0

Freshcoのチョコ掛けマンゴーロール

ドライマンゴーではなくマンゴーを砂糖漬けしたグミのようなお菓子にチョコを掛けたものです。

ドライマンゴーとは違い独特の食感としょっぱいような甘さと言うか、癖のある甘味で、最初こそチョコに紛れているのですが、後から表現できない、これまた独特な甘みが出てくるので、好き嫌いがはっきり分かれますね。

8割の人は嫌いなテイストでしょうが。笑

■チョコ味3.0

Freshcoのチョコ掛けマンゴーを袋から出した状態

これまたどちらにも共通しているのですが、マンゴーが筋っぽい感じがあり食感が良くないですね。

チョコの甘~い感じが強く、後からマンゴーの甘味と酸味がくる感じで味は悪くないのですが、食べた時の触感がどうにも気になり、イマイチかなぁ…。

■ホワイトチョコ味1.5

Freshcoのチョコ掛けホワイトマンゴー

ホワイトチョコは甘すぎです。

先ほどと同様でフィリピン自体がホワイトチョコを美味しく作れないんだろうなぁ…と言う印象。

バターとマンゴーと言う感じで全くマッチしていないですね。

7D(セブンディー)

7Dのチョコ掛けマンゴー

■チョコ味3.5

金額は110ペソ(約240円前後)。

  • ドライマンゴーで一番有名なブランドのチョコ掛けマンゴー。
  • 内容量は80gなので個数は異なるのでしょうが、約8個前後入。
  • 個包装はされておらず、ジッパー式の袋に入っています。
7Dのチョコ掛けマンゴーを外に出した状態

味はチョコの甘味が弱く、マンゴーの酸味が強いですね。

7Dのドライマンゴーはどれも酸味が強いので個人的にはもう少し熟れているモノを使った方が良いのではと感じます。

マンゴーの風味の良さは目立たず、チョコの甘さを加えた事でより酸味が引き立ってしまうと言う残念な感じはありますね。

7Dの直販店がセブ市内にあるので興味がある人は「7Dマンゴー工場直販店まとめ【セブ土産】」を参考に行ってみてください。

Cebu Best(セブ・ベスト)

Cebu Bestのチョコ掛けマンゴー

■チョコ味4.5

金額は460ペソ(約950円前後)。

  • 高級チョコ掛けマンゴー。

単純な比較はできませんが、金額だけでいくと一番高いですね。

Cebu Best(セブ・ベスト)は割とポピュラーなブランドでドライマンゴーもそこまで高いものではなかったのですが、最近パッケージを刷新して高級感ある感じになりました。

Cebu Bestのドライマンゴーのパッケージ

以前のパッケージが無いのでピンッときませんが、デザインと言うよりは必要な情報を載せているだけと言う感じのセンスのないパッケージだったんですよ~笑

まぁこれもあり、恐らく高級路線にシフトチェンジしたのかなぁと言う感じがします。

確かに見た目だけでなく、パッケージや中身もしっかりしていて、シールもただのセロハンテープではなくオリジナルテープ。

Cebu Bestのチョコ掛けマンゴーのパッケージシール

箱のサイズも中身の個包装とピッタリになるようにし、かつバラけないように箱の内部についたてがあります。

先に紹介したR&Mと比べると一目瞭然。

R&MとCebu Bestの箱を比較

開けた時の見栄えは全然違います。笑

これは偉い人や大事な人に渡すお土産として全く恥ずかしくないレベルですよ。

Cebu Bestのチョコ掛けマンゴーの個包装

チョコが上品な甘さと滑らかなので、そこだけで美味しいですが、後から顔を出すマンゴーもチョコの甘味を邪魔しない、ほど良い酸味でマンゴーの風味だけいい感じで残してくれます。

フィリピン航空のビジネスクラスで無料で配られているくらいで、味は保証できますね。笑

Philippine Brand(フィリピン・ブランド)

Philippine brandのチョコ掛けマンゴー

■チョコ味5.0

金額は75ペソ(約160円前後)。

  • 7Dに迫るドライマンゴーの定番ブランドのチョコ掛けマンゴー。
  • パッケージは7D同様で個包装されておらず袋にジッパーが付いているタイプ。
  • 内容量は42gで約6個入。

この中では一番お得で大衆的なブランドではありますが、個人的には一番おすすめ。

Philippine Brandのチョコ掛けマンゴーの中身

大きさは7Dと大差ないのですが、肉厚感はPhilippine Brand(フィリピン・ブランド)の方があるのでg数で劣っているとはいえ、食べ応えはこちらの方がありますね。

7DとPhilippine Brandのサイズ比較

ちなみに、5ブランドの中でも食べ応えは抜群にありますよ。

チョコ掛けマンゴーブランド5種類のサイズ比較

味は甘味とマンゴーの風味が強く最初にチョコの甘味が来て、直ぐにマンゴーの甘味が追っかけてくるのですが、キツイ甘さじゃないので男性でも問題ないですね。

その後はマンゴーの風味が口に広がり、チョコ特有の後に後に残る感じはないので、さっぱりしていますよ。

まとめ

評価を見て頂くと分かるのですが、基本チョコ掛けマンゴーはどのブランドも最低星3つは獲得しているくらいハズレがないです。

当然、お土産を渡す人の好みによるので、一概にどれがベストとは言い切れません。

  • Philippine Brand(フィリピン・ブランド)のチョコ掛けはコスパの高さがピカイチ。
  • Cebu Best(セブ・ベスト)のセブらしからぬ上品さもおすすめ。

こちらの情報を参考にそれぞれの必要性や好みに合わせてチョコ掛けマンゴーを試してみてください。

ドライマンゴーは良く見るけど、チョコ掛けマンゴーは日本でも売っているの?

ドライマンゴーと違ってまだ流通していないので、アマゾンから注文するのがおすすめです。

セブ島で何をするか迷っている方はお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

相談してみる

ちょっと時間がないから早めに返信頂けますか?

そんな場合はLINEからお問い合わせください。即レス致します!

LINE ID:estejapan

ESTE JapanのQRコード

ESTE Japanではセブ島を遊び尽くしている日本人ガイドがあなた専用のプランを作成しセブ旅行をトータルでプロデュースします!

日本人ガイド|わがままな旅行を楽しむ
セブを知り尽くした在住の日本人がお客さんのご要望を踏まえて、オリジナルのプランを作成してご案内するサービスでセブ島を自由にかつ、安心して楽しむ事ができます。個人の旅行はもちろん団体旅行も含めて幅広くガイド致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました