セブのカワイイお土産

シェアする

セブらしいカワイイお土産

可愛いセブ土産のイメージ画像

こんにちは。天邪鬼なほうです。ハタケヤマです。

セブのお土産と言えばドライマンゴ

確かに美味しいし安くて、どこでも買えるお手軽なものでセブ土産には最適ですね。

ただ、実際にお土産として持って帰り渡すと

「あっ、ドライマンゴーね、ありがとぉ」

とサラッと受け流されるのが定番土産であるドライマンゴーの宿命。

なぜこんな切ない反応になってしまうのかと言うと、

ドライマンゴーは既に日本で浸透していて割と簡単に手に入るモノになっていて、お土産感が弱いから。

そこで、こんな切ない反応で悲しい気持ちになるのではなく

「何これっ、可愛い~!ありがとうっ!!」

と絶賛されるような可愛いお土産をご紹介します。

スポンサーリンク

可愛いお土産

どこでもおすすめされている「パパイヤ石鹸」「ココナッツオイル」「チョコ掛けドライマンゴー」なども良いのですが、ここでは外見の可愛さとまだあまり紹介されていないお土産をご紹介します。

1.マンゴー型の石鹸

マンゴー型石鹸の写真

「何コレっ、マンゴーそのまま持ってきたの?」

と言わしめる程クオリティーが高いリアルな石鹸です。

この見た目の可愛さもさる事ながら、石鹸としての香りの高さも抜群でビニールで密閉されているにも関わらずマンゴーの甘くフレッシュな香りもれてきます。

もちろん石鹸として使用すると香はさらに濃厚になり、泡を流すのがもったいないくらいに甘美な香りがしますよ。

お風呂上りもその香りが残り、周りの人も自分も心地良くしてくれる魔法のような石鹸。

実際に現地の方と接触した事がある方は分かると思いますがフィリピン人はやたらといい匂いの人が多いです。

これは暑い国だからこそで、フィリピン人は匂いにかなり敏感で徹底的に香りのケアをしています。

そんな匂いにうるさい国フィリピンで作られている石鹸はどれも抜群に良い香り!

なので、

渡した時はリアルなクオリティーでひと盛り上がりし、実際に使用した後に香りの良さに驚いた友達が

「すごい良い香りだった~!!」

と、もうひと盛り上がりすると言う二度盛り上がりが期待出来るお土産。

こちらはマンゴー以外にもプルメリア(花)やココナッツなどバリエーションもあるので友達によって変えると、さらに盛り上がりますよ!

プルメリアの石鹸の写真

金額は200ペソ(約500円)

2.ココナッツのリップバター

ココナッツのリップバター

実用的で美容効果のあるモノは間違いなく喜ばれます!

肌に良いなど爆発的に話題になったココナッツなので、その美容効果を知らない人は少ないはずです。

リップバターだけでなくボディークリームやヘアクリームなど種類もあります。

ココナッツの美容品の写真

そんな中でもリップバターの小さい入れ物は可愛く、黒のデザインにシンプルな英語パッケージはお洒落感もバッチリ。

そして、美容効果の高いココナッツを使用した、女子なら絶対に使っているリップバターと言う実用的なもので喜ばない方がおかしいですよね!

金額は185ペソ(約400円)

3.タブレア缶

タブレアの缶詰の写真

セブ庶民のスウィーツ「タブレア」。

タブレアとはカカオを原料にして作らていて、これをお湯などで溶かしてココアのように飲むものの素です。

セブに居る際にホットチョコと言うメニューをご覧になった方は話がはやいのですが、要はホットチョコと言う飲み物の素。

タブレアのイメージ

こちらは一見するとチョコレートのようなクッキーのような食べ物に見えて美味しそうな感じですが、そのままだと苦すぎて美味しくありません。

砂糖と一緒にお湯で溶かすとカカオの香ばしい香りが広がり、チョコレートを飲んでいるかのような濃厚な甘味が広がる逸品。

この見た目から「チョコ?クッキー??」と疑問を投げかけてくる友達に対して、上で説明したような事をドヤ顔で伝えれば、かなりローカルなお土産感が出ます。

そして、もう一つネタとして

「フィリピン人はこのタブレアにお米を入れておやつとして食べているんだよ~」

と、ぶっこめばセブのかなり深い所まで満喫したな感をアピールできます!

タブレアについては「タブレアで作るカカオ香る絶品ココア」で予習してからお土産を渡す事をおすすめします。

タブレアは見つけるのが少し大変ですが、スーパーなどのコーヒー売り場の一角にあります。

色々な種類があり安いのから高いのまでありますが、写真のタブレア缶が高級感も有り、タブレアを飲み終えた後も缶として何かに使える可愛いデザインなのでおすすめ!

金額は365ペソ(約750円)

4.タブレアチョコ

タブレアチョコレートのイメージ写真

タブレアを使ったチョコレート。

これはカカオ○○%のチョコレートと言う安易な味わいではありません!

セブで美味しいチョコレートに出会った事がないからではなく、日本であっても美味しいと思える味わいです!

3種類あり、

1.カシューブリトル

2.ダークチョコレートフルーツ

3.クリーミーミルク

それぞれで美味しいのですが、カシューブリトルは一級品。

タブレアチョコレートのカシューブリットルの写真

チョコレートの絶妙な甘味にタブレアとブリトルの香ばしさが完全にマッチした大人の味わいです。

口あたりは優しく、食べた際に板チョコの歯ごたえを感じるも、口のなかではマイルドに溶けていきながら、カシューナッツのブリトルがカリッと良いアクセントになり食べごたえを感じますね!

後からタブレアの風味が出てくるのでチョコのもっさりと口に残る甘さはなく、驚くほどアッサリとした後味で男性であっても一気に食べれますよ!

タブレアが入っているからか溶けにくいので持ち帰りも可能。

金額は115~145ペソ(約250円)

5.柔軟剤

海外の柔軟剤の写真海外の柔軟剤は匂いも入れ物のデザインも可愛くお土産にすると意外と喜ばれますよ!

リップバター同様、使わないと言う事がない実用的なものなので外しません。

「とは言え、ボトルは大きいから無理。」

と言う方も多いですが、大丈夫です!

セブでは柔軟剤は小分けの袋でも売っていて持ち帰りも楽々!

小分けの柔軟剤の写真

バラマキ土産に最適でデザインの可愛さと実用性で喜ばれる事間違いなし!

ボトルを開けて匂いを確認しながら選ぶのも楽しめて意外と買物中も盛り上がりますよ!

これは実際にお客様をご案内している時にそのお客様から教えて頂きました。

女子7人の市内観光
女子だけのセブ旅行を考えている方やカップルで彼女を喜ばせたい方は必見!セブの市内観光で女子が楽しく、盛り上がるポイントを実際に市内観光をした女性7人のお客様の実績からご紹介します。

金額は6パックで36ペソ(約80円)

6.サロン

三枚のサロンの写真

サロンとはパレオのような布。

セブらしい色鮮やかな染色で透けるような薄さと人一人くるめる大きさのブランケットのようなものです。

お土産におすすめの布がイメージできる画像

見た目の可愛さはもちろん、使い方の幅も広く、パレオのように使うも良し、夏場にクーラーの聞いている所でブランケット代わりに使うもよし、単純に部屋のインテリアとして使うも良しの万能性がありもらって困る事はありません。

金額は100ペソ(約210円)

7.ヒューマンネイチャーの商品

ヒューマンネイチャーの商品イメージ写真

オーガニック100%の製品として有名で、すでにお土産として買い込む方も多いヒューマンネイチャーの商品。

化粧水やリップクリームなど美容系の商品はもちろん、石鹸、洗剤など日用品やチョコ、コーヒーなどの食品も取り扱っています。

パッケージの可愛さはもちろん、科学物質など人工的な薬剤が含まれていない100%オーガニックは女性にとって嬉しい限り。

実は日本でもヒューマンネイチャーは通販などで購入できるのですが、価格が2~5倍以上します。

実際に日本で買うと高いものだから、もらった人も間違いなく喜びますよね!

ヒューマンネイチャーのようにセブだと安いけど日本で買うと高いお土産も紹介していますので「女性におすすめのバラマキ土産3選」をご覧になってみてください。

ヒューマンネイチャーでお土産におすすめしているのが、

■リップクリーム

ヒューマンネイチャーのリップクリームの写真

香り付きや色付きもあり、種類も5種類以上と充実、価格は99ペソ(約200円前後)

■デオドラント製品

ヒューマンネイチャーのデオドラント製品の写真

日本のデオドラント製品はスプレータイプがほとんどですが、海外は塗るタイプが主流で、こちらも塗るタイプ。

種類は2種類ですが、珍しさと実用性の高さからかなり重宝されますよ!

金額は99ペソ(約200円前後)

ヒューマンネイチャーはお土産だけじゃなく自分自身の買物も楽しめるお店なので行けば盛り上がりますよ!

セブには何度でも楽しめる魅力がある
セブ2回目のパリピ女子が訪れたテンションのアガる場所やレストランなどを紹介する南国リゾートセブを少し違う感じで楽しみたい方におすすめのモデルプランです。

ちなみに、ある店舗限定でハタケヤマの写真を見せるだけでお買い上げ総額から、なんと10%Offしてくれるお店があります!

詳しくは以下をチェックしてみてくださいね~

ヒューマンネイチャー
セブでお土産を買うなら100%オーガニックの製品しか取り扱っていないヒューマンネイチャーがおすすめ!化粧品から食品と幅広いラインナップとセブらしいカワイイデザイン、そして低価格と言うバラマキ土産には持って来いの条件が揃っています。

8.アイランドスーベニアの商品

アイランドスーベニアのTシャツの写真

なんやかんや言ってもココ。

天邪鬼なのでヒューマンネイチャーやアイランドスーベニアのようにすでに有名で皆おすすめしている所を紹介するのは嫌なのですが・・・

お客様をご案内すると間違いなく喜んでもらえるのも事実で、特に女性は100%満足してくれます。

セブらしいTシャツが買える事で知られていますが、他にも魅力的な商品がありますのでご紹介します。

■マグネットオープナー

マグネットオープナーの写真

マグネットの栓抜きで冷蔵庫にくっつけておけば見た目にも可愛いですし、実用性も高く、金額も安い事からバラマキ土産におすすめ!

裏が栓抜きになっています。

マグネットオープナーの使い方の写真

■オリジナル名入れTシャツ

アイランドスーベニアのイメージ写真

5分で作れるTシャツで、シンプルながらも記念に残るお土産。

むしろ、

お土産と言うよりセブ旅行中に自分達が着て、インスタ映えを狙うアイテムとして購入し、日本では部屋着として使用すると言うのがほとんどの方が実施している活用方法ですね!

カップルにおすすめのセブ市内ツアー
セブ旅行で定番なのが市内観光ですが、通常の市内観光だと世界遺産などがあるわけでもないので期待するほど楽しくありません。そこでカップルが市内観光で盛り上がるプランを考えてみました!ポイントはレストラン選びですね!

Tシャツとは違いサロンのように、旅行中に着るセブらしいリゾートファッションを求めている方は多く、ショッピングでそのような洋服を買える場所を教えてくださいと言う要望を頂きます。

そんな方におすすめしているのがエンポリアム

モデル気分でリゾートを満喫
市内観光なんかよりリゾート写真 こんにちは。浮かれている人を見るの好きです。ハタケヤマです。 記憶よりも記録って時代じゃないです...

9.マンゴーポルボロン

マンゴーポルボロンの写真

バラマキ用には最適なマンゴー味のポルボロン。

チンスコウをかなりもろくした感じで、口の中の水分を一気に持って行かれるのですが、クセになる味わいがあります。

マンゴー味のポルボロンの写真

ポルボロンはスペインのお菓子なのですが、370年近くスペインに占領されていた歴史からフィリピンの伝統菓子のように浸透しているのでセブ土産としも有名ですね。

とは言え、ポルボロンを渡してしまうと、少し知識のある方から、

「ポルボロンはスペインのお菓子だけどね!笑」

と、ドヤられる可能性もあります。

そんなドヤられる心配がないのがマンゴー味のポルボロン。

これなら完璧にセブらしさがあるので大丈夫ですね!

小分けで6袋入りなので配るりやすさも抜群!

マンゴー味のポルボロンの袋の写真

金額は45ペソ(約100円前後)

10.アルコール殺菌

ハンドサニタイザーの写真

日本で言う手ピカジェルのようなもので、セブの女性は手を洗うよりもこのアルコール消毒液で洗う事が浸透していて、女性の鞄には必ずと言って良いほどこれが入っています。

その為か、

バリエーションが多く、香り付きだったり、可愛いデザインだったりと女子ウケする要素を盛り込んだ商品が多数あります。

大きさも大小あり小さいモノであれば50mlで携帯よりも小さく、持ち運びも楽でお土産にピッタリ!

サニタイザー50mlの大きさが分かる写真

価格は38ペソ前後(80円前後)

11.ドライグヤバノ

ドライグヤバノ

ドライマンゴーを超えるポテンシャルを秘めているドライフルーツの王様。

この見た目からは想像できないヨーグルと風味で味とインパクトは抜群。

もちろん美容効果もあり、新陳代謝を促進して肌のツヤ、張り、潤いなど若々しい肌を保つ効果があります。詳しくは「グヤバノの効果」にまとめていますのでご覧になってみてください。

可愛さやお洒落さから言うと、おいおいと言う感じはしますが、女子ウケが良く、紹介すると食いつきが良いのも確かですね!

ドライマンゴーはセブでも100ペソ以上(200円以上)と結構高いのですが、ドライグヤバノなら30ペソ前後(70円前後)と半分以下なのもおすすめポイント!

12.カカオチップス

カカオチップスの写真

これは今後ブームになるんじゃないのか!?

と感じるほどの一品ですよ!

ココナッツチップスにカカオペーストで味付けをしたヘルシー&病みつきお菓子。

薄くスライスしたココナッツのチップスが程よいパリッと食感を生み出し、カカオの食欲をそそる香ばしい匂いと大人な味わいが溜まらず、ほんのり甘味を感じるお菓子で男女問わずパクパク食べてしまいますね!

カカオチップスの中身の写真

100%ナチュラルなので健康にも良くカロリーやコレステロールなども気にせずに思う存分食べる事ができる女子の味方。

価格は90ペソ前後(200円前後)

どこで買える?

石鹸・リップバターはジェイパークホテル前のカフェの奥にあるTree monkeyにあります。

タブレア・柔軟剤はショッピングモール内のスーパーなどにあります。

サロンはコロンストリートなど少しローカルな場所にあります。

ヒューマンネイチャーの商品は専門店へ足を運ばないと買えないのが少しネックですが、訪れる価値は十分にありますよ!

買いたいけどイマイチ場所も分からないし、ちょっと不安だしなぁ…と言う方は気軽にご連絡ください!

LINE ID:estejapan

教えて!

まとめ

セブでお土産を買う際はかなり悩みます。

定番のドライマンゴーやバナナチップスではないモノをと、意気込んで市内に出て有名なショッピングモールへお土産を探しに行くのですが、実際に行くとショッピングモールが広すぎて意外と良いお土産を見つけられず、

結局何を買えばいいのか分からなくなり、気が付いたら帰りの空港でドライマンゴーを大量に買っている事が良くあるパターン。

ある程度はじめから目星をつけておく方が無駄に悩まず、そしてお土産を受け取った人にも喜ばれます。

ここで紹介したものはどれも定番とは一味違う可愛いお土産なのでお友達も喜ぶ事間違い無し!

とは言え定番のドライマンゴーも買いたいなぁと言う方は「セブ土産の定番ドライマンゴーをお得に購入」に一番お得に美味しいドライマンゴーが買える場所を徹底比較した情報をのせています。

個人的におすすめのお土産屋さんはショップ&カフェのスタイルになっているお洒落で可愛いアバセリアカフェ。

アバセリアカフェ
女性には間違いなくヒットするショップ&カフェのアバセリアカフェはお洒落な内装にお手軽価格のフィリピン料理、そしてカワイイ民芸品の数々が置いてある隠れた名店です。こちらをご紹介します。

紹介したお土産が揃っているわけでは無いのですが、民芸品や小物などがインテリアのように並んでいて、フィリピンらしくて見ていてワクワクできるお店です。

もし、お買い物に付き合い荷物持ってもらったり、アドバイスもらったり、写真撮ってもらったり、女子だけだとちょっと不安なローカルな所に連れて行ってもらったりして欲しい方には日本人レンタルをおすすめしています!

レンタカーと合わせて活用すればお洒落なレストランで昼食を取って、普通では行かない偽物市のある所に行ったりとショッピングを目いっぱい楽しめますよ!

レンタカーで自由にショッピング
お洒落レストランとショッピング こんにちは。買物はキライじゃないです。ハタケヤマです。 女性はやっぱりショッピングなんだなぁ ...

お土産に関して不明な事があればお気軽にご連絡ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 谷間弘久 より:

    はじめまして。質問したいのですがマニラから日本へ小分けされた柔軟剤を持ち帰りたいのですが、ジッパー付きの袋へ入れれば空港でチェックを受ける際に通過出来ますか?
    また、あの小分け袋は何袋くらい持ち帰り出来ますか?サーフという柔軟剤がどうしても日本では手に入らないので。

    • ESTE Japan より:

      谷間様

      はじめまして。ESTE Japanのハタケヤマと申します。
      実際に私が持ち帰った事はないのですが、今まで持ち帰ったお客様からチェックを受けたなどの報告はなかったので問題ないかと思いますよ!

      調べると日本への柔軟剤の持ち込みは禁止されていないので重量の許す限り問題なさそうです。
      ただし、手荷物で持ち込むことはできないみたいですね。

      よろしくお願い致します。