カルボンマーケットは行くべきか?

シェアする

おすすめしないカルボンマーケット

おすすめしないカルボンマーケットのトップ画像

こんにちは。匂いに関してはかなり敏感。ハタケヤマです。

カルボンマーケットとは、「セブで一番危ない場所にあるマーケット」と言う感じで観光雑誌やサイトで紹介されています。

ツアー代理店などでもらう注意書きでも極力、観光客は近づかないようにと言われ、ツアーの内容でカルボンマーケットへ行きますと書かれていても、よく見ると

※車内から眺めます。

の注意書きがしてあり、カルボンマーケットがいかに危ない場所であるかを感じさせます。

だからこそ、

行ってみたくなるのが人間。

行くな行くな、危険だなどと言われれば言われるほど行きたくなる、まさにカリギュラ効果で行ってみたい方が多いのが現実です。

しかし、

ハタケヤマが行って個人的に感じた事は

せっかくの旅行でカルボンマーケットに行く価値が本当にありますか?

今回はカルボンマーケットがわざわざ旅行で訪れるほどの場所でない事を解説します。

スポンサーリンク

カルボンマーケットとは

カルボンマーケットのお店

カルボンマーケットはセブの巨大市場。

漁港が近くにあり魚市場があったり、果物や食べ物そして日用品や生活雑貨なども売っていて何でも安く手に入る、まさにセブ庶民の台所と言われる場所です。

日本で言うと築地市場に食料品と日用品の卸売りも入っているような感じで3ブロックほどの巨大な面積の中にタタミ2、3畳の小さなお店が集合していて、とても雑多な雰囲気があります。

この「雑多な感じ」がテレビなどで見る東南アジア的な雰囲気を醸し出し魅力的に感じさせています。

カルボンマーケットのイメージ

カルボンマーケットでスリに遭うイメージ

一言で言うと「危険地区」。

Webなどで情報を調べると、

発展途上国のスラム地区(貧困層が暮らすエリア)と言う響きだけでもかなり危険な匂いがして、警官と犯罪者が銃撃戦をしたり、時には人が殺されていたりなどハリウッド映画の危険な世界でネガティブなイメージがありませんか?

その一方で、

市場と言う事で新鮮な食品が多くて活気があり、TVの旅番組で見るような光景を連想し、ちょっと身近な感じがしつつも、日本にない雑多な雰囲気で何か掘り出し物を見つけられそうなポジティブなイメージがありませんか?

つまり、

非日常の雰囲気でローカルフィリピンを感じれるドキドキできると言う感じがカルボンマーケットのイメージです。

カルボンマーケットの現実

カルボンマーケットの現実がイメージできる写真

そんなイメージを持ってちょっとドキドキしながら期待してカルボンマーケットに行くとガッカリして終わるのが現実。

と言うのも、

想像している以上の危険が無い事と字面では伝わらない強烈な臭いがあるからです。

カルボンマーケットの危険性

カルボンマーケットが「危険」と言うのはスリや強盗が多いと言う事でイメージしているような映画の世界のような「危険」とは違います。

もし、イメージしているような危険な地区だったらフィリピン人すら訪れるわけがないです。

カルボンマーケットは庶民の台所として日々、多くの人で賑わっています。

なので、

スリにとってはカモが探しやすい場所と言えるのです。

そして、

観光客は地元の人より緊張感が無く、かつ確実にお金を持っていると言う事が分かっているので、まさにカモがネギ背負ってきた感じで恰好の的になります。

だから、

危険なのです。

つまり、

お金目当ての犯罪が多く、観光客は特に狙われやすいので危険と言う事で、

お金さえ渡せば命に関わる危険はないのです。

カルボンマーケットの臭い

そして、ありがちなイメージですが、市場ならではの新鮮な果物や食べ物が味わえると言うポジティブな事もありません。

カルボンマーケットはセブ市内の中心にあり、多くの車やバイクの影響で排気ガスがひどく、道路コンディションもよくない為、目に見えるほど埃がひどいです。

カルボンマーケットの路面が分かる写真

そんな中で売られている果物や魚、肉などの生鮮食品は袋などにはいっておらず、むき出しのまま外で売られています。

そして、賞味期限と言う言葉は存在せず、どれが何日経っているか実際は分からない商品が並んでいます。

そして、一番の問題は臭い。

近くにはゴミが大量に捨ててあり、野良猫や野良犬もその辺をうろうろし道路に糞や小便をしています。

カルボンマーケットに居る犬の写真

また、人間もその辺で小便をしていて、その臭いに魚や肉の生臭さがブレンドされた想像を超える悪臭が立ち込めています。

よくこの臭いの中で飯食えるなぁ、、、信じられん。

と言うくらいとにかくひどい臭いです!

以前、ローカル市場体験もついたダイナミックツアーに参加したお客様が

「カルボンマーケットに行ってみたかったからコレを楽しみにしてました!」

と仰っていました。

しかし、

ローカル市場も同様で悪臭がするので結局5分も滞在せずに微妙な笑顔の記念写真を撮って終了しました。

市場体験のイメージができる写真

「カルボンマーケットまでいかなくて良かった。」

と言う感想を頂きました。

まとめ

結論として、実際に行くとただガッカリするだけで観光として時間を割いて行くのはもったいないです!

ドゥテルテ大統領が戒厳令を布告」したのと同じですが、情報の字面だけ見ると好奇心を刺激され現実以上の想像をしてしまいます。

興味本位の危険を味わってみたいのであれば、日本で指定暴力団の本部をウロウロしている方がよっぽどスリルを感じれると思いますよ。

カルボンマーケットは昼間であれば命に係わる危険と言うのは少なく、ほぼお金目当てなので仮に強盗に遭ってもお金を渡しさえすれば終了です。

なので、

どうしても行ってみたい方は、身なりを貧しく現地っぽい恰好をして、お洒落など一切せずにお金も1,000ペソだけ持ってスマホも置いて行くと言う準備をしておけば普通に個人で行っても大丈夫。

おすすめを強いて言うなら、民芸品などを取り扱っているエリアですね。

カルボンマーケットの民芸品エリアの写真

お土産にも自分用にも可愛い民芸品が揃っていてショッピングモールなどの半分の金額で購入できます。

ただし、

スリが多いのでスマホを見ながら歩く事やお財布を後ろポケットに入れる、現地の人の迷惑になる感じで友達とバカ騒ぎしながら観光気分で歩くなどしないように気をつけてください。

このように最悪の事態を想定した準備をする必要はありますが、大きな危険はなく歩き回る事ができますよ!

くどいようですが、

そこまでして行ったのに強烈な悪臭を嗅ぎながら埃にまみれ、これと言うものは特に買わず帰ると言うのがオチですけどね!

実際ツアーなどで車内から見るくらいがちょうど良いです。

ローカル体験をしたい方におすすめなのはカルボンマーケットよりもラシアン

ラシアンの焼き場がイメージできる画像

TVなどで必ず紹介されるローカル屋台村で食事を食べながらローカル体験が味わえるので無駄がありませんよ!

興味がある方は、エクストリームツアーをご覧になってみてください。

セブで何をするか迷っている方はお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする