カルボンマーケットは行くべき?

シェアする

おすすめしないカルボンマーケット

おすすめしないカルボンマーケットのトップ画像

こんにちは。匂いに関してはかなり敏感。ハタケヤマです。

行っては行けないと言われると行きたくなりませんか?

別にあまのじゃくやひねくれていると言う個人の性格の問題ではないですよ!

人間の心理的な問題で禁止されるとやってみたくなると言う心理学的にカリギュラ効果と言われているものですね。

まさにカリギュラ効果で観光客の興味を引き付けている場所がカルボンマーケット。

「セブで一番危険な場所」と言う感じで観光雑誌やサイトで紹介されていて、市内観光も必ず車窓からと言う注釈付きの、有名な「観光客は行ってはいけません」プレイスなので、

行ってみたいと言う方は多いです。

しかし、

ハタケヤマ的には危険だからおすすめしないと言うよりは

せっかくのセブ旅行でカルボンマーケットに行く価値ある?

と、言うシンプルにつまらないし、行くだけ時間の無駄だよと言う意味での「おすすめしません。」です。

なので、カルボンマーケットがわざわざ訪れるような場所ではない事をご紹介します。

スポンサーリンク

カルボンマーケットとは

カルボンマーケットのお店

カルボンマーケットはセブの巨大市場。

漁港が近くにあり魚市場があったり、果物や食べ物そして日用品や生活雑貨なども売っていて何でも安く手に入る、まさにセブ庶民の台所と言われる場所。

日本で言うと築地市場に食料品と日用品の卸売りも入っているような感じで3ブロックほどの巨大な面積の中にタタミ2、3畳の小さなお店が集合していて、とても雑多な雰囲気があります。

この「雑多な感じ」がテレビなどで見る東南アジア的な雰囲気を醸し出し、魅力的に感じさせているのは間違いないですね。

カルボンマーケットのイメージ

カルボンマーケットでスリに遭うイメージ

Webでカルボンマーケットを調べると、ポジティブなイメージとネガティブなイメージの2つが出てきます。

まずは、発展途上国のスラム地区(貧困層が暮らすエリア)で危ないと言うネガティブなイメージ。

「スラム地区」と言う響きだけで、かなり危険な匂いがして、警官と犯罪者が銃撃戦をしたり、時には人が殺されていたりなどハリウッド映画並みの危険な世界をイメージしてしまいますよね。

まぁこのイメージがネガティブかと言うと、そうとも言えず、このイメージがあるからこそカルボンマーケットに興味を持つ方がいると言う点を考えると一概に悪いイメージとは言えませんが。笑

もう一方は、

「市場」と言う事で新鮮な食品が多く、金額も安くて活気があり、TVの旅番組で見るような光景を連想し、ちょっと身近な感じがしつつも、日本にない雑多な雰囲気で何か掘り出し物を見つけられそうと言うポジティブなイメージ。

これは純粋に美味しいモノを求めている方や安くお買物したい方、アジアの雑多な雰囲気、日本にはない活気、などローカルの生活感を体験したい方にはかなり魅力的で、

危険だから行くと言うよりはこのイメージがあるから行ってみたいと言う方も多いですね!

この2つのイメージが丁度良い感じでミックスされているからこそ、カルボンマーケットは観光客にとって危ういけど魅力的と言う最高のイメージが作られています。

まぁ中学生の頃に不良っぽい男の子がモテるのに近いですね。笑

カルボンマーケットの現実

カルボンマーケットの現実がイメージできる写真

さて、そんな危ないけど魅力的と言う素敵なイメージを持ってるカルボンマーケットではありますが、

最初に言っているように、ハタケヤマ的には全くおすすめではありません。

イメージは完全に誇大広告と言うか妄想が膨らみ過ぎていますね。

現実は臭いだけの場所ですよ。

「危険な場所」や「新鮮なものがある」と言うイメージがいかに間違っているか。

カルボンマーケットの危険性

まずは「危険」と言うイメージに関して。

旅行会社からは行かないでください、市内観光なども車窓からの見学と言う事で相当危険なんだと想像を膨らませ過ぎていますが、

実際は単純にスリが多いと言うだけですね。

観光客が行けば狙われやすく、被害にあった場合、旅行会社は責任がとれないので万が一をさける為にとにかく禁止しています。

なので、

命に係わる危険と言う事はほとんどないですね。

適切な準備をして、適切な恰好をして行けば観光客だろうと普通に歩ける場所ですよ。

カルボンマーケットは庶民の台所として日々、多くの人で賑わっているから、必然的にスリも多くなり、観光客に限らずフィリピン人ですらスリの被害にあっているので、

日本人が歩いていればカモにされる可能性は高いので、「危険」と言っておすすめしていないと言うのが現実ですね。

カルボンマーケットの臭い

もう一方の市場の新鮮で美味しいものが食べれるや色々安く買えると言う良いイメージですが、

半分は正解で半分は不正解。

残念ながら新鮮で美味しいものが食べられると言うのは不正解ですね!

カルボンマーケットはセブ市内の中心にあり、多くの車やバイクの影響で排気ガスがひどく、道路コンディションもよくない為、目に見えるほど埃がひどいです。

カルボンマーケットの路面が分かる写真

そして、日差しの強い中で、いつから並んでいるかも分からず、もちろん、袋などにはいっておらず、むき出しのまま外で売られています。

まず日本人のお腹では耐えられませんよ。

しかも、近くにはゴミが大量に捨ててあり、野良猫や野良犬もその辺をうろうろしそこら中で糞や小便をしていて、不衛生。なんなら、市場のスタッフも立ションしていますからね。

カルボンマーケットに居る犬の写真

想像してみてください!

公衆便所の中に生鮮食品売り場があると。

食欲なんかわかないですよね?

とにかくひどい臭いです!

以前、ローカル市場体験もついたダイナミックツアーに参加したお客様が

「カルボンマーケットに行ってみたかったからコレを楽しみにしてました!」

と仰っていました。

しかし、

ローカル市場もカルボンマーケット同様のコンディションで臭いので、結局5分も滞在せずに苦笑いの記念写真を撮って終了。

市場体験のイメージができる写真

「カルボンマーケットで一日使わなくて良かった。」

と言う感想を頂きましたね。笑

しかし、安く買い物ができると言うのは本当です。

カルボンマーケットで買い物している写真

日用品はもちろん、お土産屋さんで売っているような小物や民芸品も3分の1以下くらいで売っているので、そこはメリットありますよ。

ただ、お買物に夢中になったり、荷物がかさ張ってきて両手が塞がったりとスリに狙われるリスクは増すので、ショッピングするならおすすめとは言えませんね!

もしお買物をするなら主要道路のそばにある民芸品などを取り扱っているエリアに的を絞っていくのがおすすめ。

カルボンマーケットの民芸品エリアの写真

まとめ

カルボンマーケットのイメージと現実は全く異なります。

イメージは、

新鮮で美味しいものが食べられるし、雑多なアジアの雰囲気が満喫でき、危険だから普通の観光客は体験できない玄人感ある魅力的な場所。

ですが、現実は、

スリが多く、臭い、けど安く買い物ができる場所。

ですね。

これはフィリピンに居てつくづく感じるのですが、日本で受け取っている情報と現地の感じている事は結構違います。

ドゥテルテ大統領が戒厳令を布告した時と同じですが、情報の字面だけ見ると好奇心を刺激され現実以上の想像をしてしまうのですが、現実は大したことないと言う。

カルボンマーケットがその最たる例で、イメージだけ先行してしまっていますね。

とは言え、自分自身の目で見て体感しないと分からない事なので、

ど~しても行ってみたい方は、

身なりをいかにもお金なさそうな、Tシャツ、デニムの恰好にして、アクセサリーや時計は一切つけず、お金も1,000ペソだけ持ってスマホも置いて行くと言う準備をしてください。

それであればお一人でも大丈夫ですよ!

まぁ写真を撮りたいからスマホを置いていくと言うのはなかなか苦しい選択しかもしれませんが、スマホ出しながら歩くのはもってのほかですからね。

まぁでも、本当にハタケヤマ的に

そこまでして行く価値はないと言うのが結論ですね!

時間がもったいないですよ。

実際ツアーなどで車内から見るくらいがちょうど良いと思います。

ローカル体験をしたい方におすすめなのはカルボンマーケットよりもラシアン

ラシアンの焼き場がイメージできる画像

TVなどで必ず紹介されるローカル屋台村で食事を食べながらローカル体験が味わえるので無駄がありませんよ!

匂いも衛生面も日本人が耐えられるのでおすすめです!

興味がある方は、エクストリームツアーをご覧になってみてください。

セブで何をするか迷っている方はお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする