セブ土産にシシグ缶

シェアする

ハマるフィリピン料理、シシグをお土産に。

セブ土産にシシグ缶のイメージができるトップ画像

こんにちは。一度ハマるとそればっかり。ハタケヤマです。

「コレ美味しいなぁ!」

と驚かれるお客様が多いのが「シシグ」。

フィリピン料理は日本人の口に合うものが多く、食事に関しては失敗する事が少なくどのレストランや種類でも外す事が少なく、むしろ美味しいと気にいる方が多いです。

特に美味しいと評判なのがシシグと言う豚肉を使った料理。

どこのフィリピン料理レストランにも必ずあると言っても過言ではないシシグはセブでも定番中の定番で人気の料理で、一度食べてハマる方は多いですよ!

そんなシシグが10秒でお手軽に、しかも日本でも味わう事ができます。

と言うのも、シシグは缶詰でどこのスーパーでも売っていて、日本にお土産として持ち帰る事ができるから。

シシグ缶は種類も多く味付けも良い上に1缶で40ペソ(約90円)前後なので自分用のお土産としても、友達へのお土産にも最適!

そんなシシグ缶の種類を含めご紹介します。

スポンサーリンク

シシグとは

シシグ料理がイメージできる写真

写真参考:コンサルタント会社ヴィガー

シシグは定番のフィリピン料理。

豚の顔の部分を粗みじんにして玉ねぎや唐辛子などと一緒に鉄板で炒めたものが基本でお店によって一緒に炒める具材や味付けは異なり、様々なシシグが存在しています。

そのまま食べてもしっかりと味がついているのですが、好みによって醤油とお酢を混ぜたソースをつけたり、カラマンシーを絞ったりして味付けを変えています。

好みによって色々な味が楽しめますよ!

特徴的なのはコリコリとした触感。

ブタの耳も一緒に粗みじんにしているのでコリコリした触感とほほ肉の柔らかい食感が一緒に楽しめてちょうど良いアクセントになっています。

味付けも癖がなく、丁度良い塩辛さで日本人向きですよ。

おすすめしたお客様は全てご満足頂いていて、ガイドとしても頼りになるフィリピン料理ですね!

シシグ缶の種類

5種類のシシグ缶の写真

色々な会社から、これまた色々な味付けのシシグが出ていますが、大体どこのスーパーでも買える5種類を紹介します。

シシグ缶

シシグ缶の写真

一番美味しい缶詰。

これを買っておけば間違いないです。

缶の見た目からかなり辛そうな印象を受けますが、辛さは強くなく食べやすくてブタの耳の触感などもしっかり残っており美味しいですね!

薄味のカレーのような風味に少し酸味のある味付け、そして歯ごたえある触感とパーフェクトなシシグ缶。

5種類の中では一番美味しい缶詰です!

チキンシシグ

チキンシシグ缶のイメージができる写真

そもそもシシグはブタ肉を使ったものなのですが、コレは鶏を使ったもの。

シシグの特徴であるコリコリ感を完全無視したものですが、味付けは定番のシシグを再現しています。

カラマンシーの酸味が感じられる匂いにネットリとした食感にピリ辛な味わいは単純に美味しい。

鳥そぼろをネットリさせた感じと言うのが一番近い表現かなぁ。

通常のシシグを期待するとアレっと感じますが、少し変わりだねと思って買えば納得できますよ!

チャンキーシシグ

チャンキーシシグ缶の写真

chunkyには「分厚い」「太った」などの意味がありまさにチャンキーなシシグ。

他のシシグ缶に比べ厚めにカットされた豚肉で食感を楽しめるモノです。

味付けはかなりコッテリしているのですが、不思議と後味はサッパリしているので重くなく食べやすい感じで、触感もコリコリではなく、マッシュルームのような柔らかさと歯ごたえが絶妙にミックスされた感じですね。

ディライトシシグ

ディライトシシグ缶の写真

直訳すれば「美味しいシシグ」。

5種類の中では一番辛いです。

味噌っぽくかなりネットリしていてブタの旨みがよく出ていて「美味しいシシグ」の名前に負けない味つけ。

ボピス

ボピス缶の写真

シシグでは無いのですが、ブタの心臓や内臓を使ったフィリピン料理。

シシグに近い味が楽しめるボピス缶もおすすめ!

シシグは皮などを中心にしているのに対してボピスは内臓などを中心にしています。

味付けは食べるラー油のような感じで、辛さがあり匂いもかなりきつめですが後引く美味しさがありますね。

内臓系なのでどのシシグ缶よりも歯ごたえが楽しめるのでコリコリ食感が好きな方はまず間違いなくハマりますよ!

まとめ

シシグ缶をお土産に日本に持って帰れば、10秒でセブの味を味わう事ができます。

セブのお土産はどうしてもドライマンゴー一色になりがちで、今の日本では珍しさもなくサラッと流されてしまう現状を考えると、シシグ缶は変わり種としてお土産にピッタリ!

フィリピン料理が簡単に持ち帰れて、しかも味の再現性も高くて美味しいのでもらった人も喜ぶ事間違いないですね!

サイズは缶コーヒーくらいの大きさと持ち帰りも楽で税関などで引っかかる事もなく日持ちもするので安心して持ち帰れますよ!

その美味しさを日本に持ち帰ってお土産としてお友達におすそわけすればセブの思い出を共有する事ができてより深い話ができますね。

もちろん友達へのお土産だけでなく自分へのお土産にしても良いですね!

むしろ、旅行中にシシグを食べた方なら必ず買って帰りたくなっていますよ。

ちなみに、美味しかったなぁと言うシシグを出してくれたレストランは「MO2」「マリーナシービュー

セブ旅行するにあたり現地の情報を知りたい方はお気軽にご相談くださいませ!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ESTE Japan より:

    コメントありがとうございます!
    しれっと色々と記事にさせて頂きました~(笑

    新しい発見でとっても参考になったので、
    またフィリピン人ならではの、

    あっ、すみません
    セブ在住者ならではのお話きかせてください!

  2. Kami より:

    さすがハタケヤマさん!行動力、素晴らしいです!
    この記事を参考に今度シシグ缶に挑戦してみます~

    スナックの記事も読みました。
    フィリピン人の友達しかいないフィリピン人顔の日本人ですw