フィリピンの味を持ち帰る

シェアする

フィリピンの味をお土産に

こんにちは。パスタなら割と本格的に作れます。ハタケヤマです。

「美味しかったなぁ~」

と、フィリピン料理が自分の好みにミラクルヒットした方もいるのではないでしょうか?

癖のある料理も、もちろんあるのですが多くのフィリピン料理が日本人の舌にあった味付けで中にはかなりハマる方もいます。

そんなフィリピン料理の思い出の味を日本でも再現できるお土産をご紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン料理の味付けは

味付けは大きく「酸っぱい」「甘辛」「ガーリック」の3つに分かれるのですが、共通しているのが濃い味つけです。

フィリピンの主食はお米でお米が無い料理はご飯とは言わずスナックと言う程お米は欠かせないもので、その影響からかおかずはお米と一緒に食べて丁度良い感じになるような濃い味付けになっています。

各3つの味付けのイメージは、

酸っぱめの味付けは「酢」を使う事もあるのですが、中心は「カラマンシー」と言うスダチやカボスのような果物を調味料として使い酸っぱくしているのでレモンのような酸っぱさですね。

甘辛の味付けはコッテリしたソースで「照り焼き味」と言うイメージで辛さは唐辛子のヒリヒリする辛さで甘さの後に辛さが来ると言う感じ。

ガーリックの味付けはそのままで、料理にガーリックを大量に使用していたりします。

どの味付けも濃くてご飯と一緒に食べると丁度良くて箸が進む感じですよ!

また、濃い味付けなのでビールを飲む方にも好評。

お土産にできるフィリピンの味

フィリピンの味が自分で再現できる調味料と料理が苦手な方でも簡単にフィリピンの味を再現できるものを紹介します!

マジックサラップ

マジックサラップの写真

日本で言う「味の素」「塩コショウ」。

フィリピンの科学調味料で何に入れても味が整い美味しくなると言うフィリピンの家庭料理には欠かせない調味料です。

これまたフィリピン人の友達しかいないと豪語する見た目もフィリピン人のような方から教えて頂き知りました。

ちなみに、フィリピン人の友達しかいないと豪語する見た目もフィリピン人のような方に紹介してもらったその他の「クラックリングス」「シシグ缶」も注目です。

全ての料理にマジックサラップを振りかけるだけでフィリピンの味になるまさに魔法のような調味料なので、自分で料理をする人にはおすすめ!

味はガーリック塩味と言う感じで、何にかけてもフィリピンのガーリックテイスト(そこまでガーリック感は強くないですが)になりますね。

50グラム15ペソ(約35円)くらいでどこのスーパーでも手に入ります。

ブイヨン

3種類のブイヨンの写真

日本にはない「ブタ」「牛」のブイヨン。

以前ご案内した料理好きのお客様から言われたのですが、コンソメやチキンブイヨンは日本にもあるが「ブタ」や「牛」のブイヨンは無いので珍しい。

そう言われるとそうなのかな・・・

これは料理好きな人だからこそなのでしょうが、喜んで購入されていました。

牛はフィリピンでは主流ではないのですが、ブタは食の中心にあるモノなので、ブタのブイヨンを使って味を整えればフィリピンの味が再現できますね!

10ピース程入って30ペソ(約70円)前後です。

シニガン

シニガンの素の写真

タマリンドと言う果実の酸味を活かしたフィリピン定番のスープの素。

シニガンの素を入れてブタや海鮮などを煮込んで、それぞれの旨みとタマリンドの酸味が絶妙なハーモニーを生み出す出し汁的なスープです。

味は「フィリピン料理は梅干し好きにおすすめ!」と言う記事でも紹介していますが、

梅干しの酸っぱさと全く同じ。

かなり強烈な酸っぱさで、好みがハッキリ分かれますね。

シシグ缶

5種類のシシグ缶の写真

定番のフィリピン料理「シシグ」が10秒で食べれる。

缶を開けるだけでシシグが味わえるので一番手っ取り早くフィリピンの味を楽しめますね!

40ペソ(約90円)前後でコーヒー缶位のサイズではありますが、1缶で2人分くらいの量があります。

種類が多いので、好みによって味を選べお土産として選ぶ楽しさもありますね!

シシグ缶のそれぞれの味に関しての感想は「セブ土産にシシグ缶」をご覧になってみてください。

パンシットカントン

パンシットカントン・カラマンシー味

インスタント焼きそばですね。

パンシット・カントンと言う焼きそばのような料理がインスタントで楽しめるもので、色々な味付けがあります。

カラマンシー味をお土産にすればフィリピン特有の酸っぱさを共有できますよ!

酸っぱいと言っても極端な酸っぱさではなく程よい酸味なのでお酒が好きな人におすすめ。

酒好きにおすすめお土産3選」にも紹介していますが、間違いない感じです。

一袋9ペソ(約22円)前後と安く5種類(カラマンシー味・スパイシーカラマンシー味・オリジナル味・エクストラスパイシー味・スイート&スパイシー味)の味が販売されています。

まとめ

どれもフィリピンの味を日本で簡単に再現できるのでフィリピン料理にハマった方にはぜひおすすめ!

人にあげるお土産にしても良いですが、自分用のお土産にすれば、味だけでなくセブの思い出も一緒に楽しめます。

また、ブイヨンとシニガンを合わせて使ったり、シシグ缶にマジックサラップをかけてみたりと組み合わせると新しい味の発見もありますよ!

定番のドライマンゴーとは一味違うお土産を試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする