女子2名でセブの北から南まで大冒険

シェアする

アクティブにセブを遊び尽くす

こんにちは。女子旅っていいですね。ハタケヤマです。

女子旅もアクティブに楽しめますよ!

割と女子旅の定番はビーチでのんびりしたり、プールサイドの日陰で寝たり、アイランドホッピングへ行ってスノーケリングしたり、スパで癒されたりと言うまったりと南国を楽しむリラックスプランが多いです。

もちろんそれも良いのですが、自然を感じ、体を動かすアクティブプランでセブを満喫した女性のお客様がいました!

お客様のご了承を得たので写真を使いながらアクティブに楽しんだ様子をご紹介致します。

スポンサーリンク

お客様について

アクティブな女子旅をした女性2人の写真

お客様は昔からの友達仲良し女子2人組。

写真をとりながらついつい「可愛い」と口に出していたのですが、お仕事を伺うと、とても失礼な事を口走っていたなと思うギャップのあるF様とY様です。

リラックスプランを選びそうな雰囲気とは対照的にジャンプショットも数多くこなすアクティブさを持っていてセブの自然を満喫されていました。

そんなお二人は最初ジンベエザメと一緒に泳げるジンベエザメだけじゃないツアーにだけお申込み頂いておりましたが、ツアー参加中にダイナミックツアーを追加でお申込み頂きました。

後から伺ったのですが、ジンベエザメのツアーを探している際に他の所よりも安いので選んだは良いが、何か裏があるかもしれないから、とりあえず一つだけ申込んで良かったらもう一つも申込もうと言う事で、かなり疑われていたようです。

他社に比べ価格が安いのは、韓国サイドがジンベエのツアーを安定的に催行していてそこに相乗りする事や韓国人旅行客は日本人旅行客の倍以上いて韓国ツアー会社は日々激しい競争をしている事を説明して納得された様子でしたね!

ジンベエザメだけじゃないツアー

ジンベエザメと一緒に泳いでる写真

初日はジンベエザメだけじゃないツアー。

こちらは現地ガイドのアテンドになりますがお二人とも満喫されたようで担当ガイドのブライアンが優しかったと満足されていました。

ガイドに限らずフィリピン人男性は女性には異常に優しいので悪い気はしないはずですよ!

朝は5時ととても早いのですが、ジンベエザメが午前中しか来ない為ここは少し頑張って早起きをして頂きます。

そして、朝ごはんはフィリピンのソウルフードとも言えるジョリビー。

グランドネイチャーツアーの朝食の様子がイメージができる写真

ジョリビーと言えばフライドチキンとご飯のセットなのですが、朝からそれはさすがに重いのでほとんどの方がパンケーキなどのライトな物を頼みますが、F様もY様もそこまでお腹が空いていなかったらしく軽く済ませたそうです。

4時間近いドライブを終えるとオスロブの海が待っています。

オスロブの海がイメージできる写真

この日は快晴で海も空も真っ青で最高のジンベエ日和!

何度も潜らされては写真を撮られたみたいです。

ジンベエザメを見る為に何度も潜っているイメージができる写真

ここでもやっぱりジャンプショットを要求するのが弊社のスタッフの特徴。

と言うか韓国人を相手にしているスタッフはこのジャンプショットが大好き。

ESTE Japanのスタッフとジャンプショットしている写真

そして、神秘の滝と言われているツマログ滝へ。

海水を流すシャワー代わりに訪れているのですが、バイクで急こう配を下るちょっとしたアトラクション的な感じや竹林に囲まれた幻想的な雰囲気、そしてきめ細かい滝の水滴がまるでカーテンのようになっている光景に予想以上に気に入る方が多いです。

アトラクション的なバイクがイメージできる写真

ツマログ滝の雰囲気に癒されたご様子。

ツマログ滝での記念写真

そして、ドクターフィッシュに古い角質をとってもらう事もできますよ!

ドクターフィッシュを体験している写真

食事中にご連絡を差し上げてダイナミックツアーの予約を頂けたので、この時点で疑いは消えた模様です(笑

食事を済ませたらシマラ教会でお祈り。シマラ教会でお祈りしているイメージができる写真

セブの南部を満喫して翌日のダイナミックツアーに備えホテル近くのスーパーで濡れても良い靴を300ペソ前後で購入し、レストランで食事をして終了。

ダイナミックツアー

ダイナミックツアーに参加したイメージができる写真

ダイナミックツアーはESTE Japanだけのセブ北部を巡るツアー。

南部に比べると開発が進んでおらずかなり田舎です。

オスロブほどの距離はなく移動時間は2時間前後で割とアッと言う間に感じますよ!

ダイナミックツアーでのトレッキングの写真

この日もコンディションはバッチリで、川の水も綺麗で流れも穏やか、そして快晴!

よほどの晴れ女なのか、日ごろの行いが良いのかとても良い環境でキャットモン渓谷を満喫されていました!

そして、目玉の滝からのジャンプ。

7m・5m・3mと3段階から選べ、大体は3mジャンプになるのですが、Y様は5mからジャンプに挑戦し、迷いもなく華麗なジャンプを披露されました。

5メートルからのジャンプをしている写真

一方残されたF様は想像以上の高さに「ヤバイっ」の表情。

滝にビビっている様子が分かる写真

さすがに5mは避けて3mへ行き、戸惑う事5分。

3メートルからのジャンプの写真

華麗・・・?

ではないけどジャンプを成功させて爽快なご様子!

滝をバックに記念写真

帰りは行きと違いただ流されるだけで楽ちん!

流されて帰る様子がイメージができる写真

帰れに鍾乳洞のような中に入り記念写真を撮った後、何処にツボがあったのか分からないのですが、とにかく笑いが止まらなかったF様。

開放感があったのですかね(笑

洞窟内での記念写真

川を満喫した後は温泉で癒しのひととき。

イソイ温泉でリラックスしている写真

キャットモンだけでかなり出し切ったのか、かなりお疲れの様子で車内は睡眠タイムに!

昼食はビーチサイドでのんびりして先ほどのまでの興奮が嘘のようにまったりした時間を楽しまれていました。

ダイナミックツアーの食事でのんびりしている写真

ホテルの雰囲気にすっかりリラックスしたお2人。

ビーチサイドでのんびりしている写真

次の目的地であるパパキッツへ行く途中にある、パン屋さんでお土産を購入。

このパン屋さんは「ティタイズ」と言い、フィリピン人が北部に行く時に必ず立ち寄る歴史あるパン屋さんで、有名なお菓子であるロスキリオスを作ったお店です。

ティタイズでお土産を買った写真

ジップラインと乗馬を体験。

ジップラインに挑戦するイメージができる写真

パパキッツでの乗馬体験の写真

ジャンプショットをして終了。

パパキッツでのジャンプ写真

F様はスタッフに途中の木に成っていたキイチゴをしつこく勧められ、拒み続けている間にキイチゴが手に染みついてしまったと言う思い出を残してパパキッツを後に。

まとめ

セブの南部から北部までマルっと満喫したお二人の旅はとても楽しそうでご一緒しているこちらも一緒に旅行をしているようでした。

また、アクティブなお二人にふさわしいのかは疑問ですが、とにかくスタッフの過剰なジャンプショットの要求にも応え、楽しく何度もジャンプをして頂きました。

ありがとうございます!

ジャンプショット1

ジャンプショット2

のんびり過ごす南国リゾートセブもありですが、お二人のようにセブの自然を満喫するのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

シェアする