セブ旅行を2倍楽しんだ事例

シェアする

出会いこそ旅の醍醐味

セブを2倍楽しんだ事例のトップ画像

こんにちは。楽しんでいるのが伝わらない。ハタケヤマです。

コレコレッ!やりたかった感じのヤツ!!

と思わずテンション上がったのが今回のお客様。

海外旅行の魅力として、知らない土地でのんびりと楽しむと言うのも良いですが、個人的には知らない人との出会いも楽しみの一つで、仲良くなって一緒に旅行を楽しむと旅は倍々で楽しくなっていきます!

セブに来るとフィリピン人の陽気さと明るい笑顔に心解き放たれる方が多く、滞在2日目にはすっかり陽気になっていて、日本での殺伐とした空気は無くなり誰にでも笑顔で話し、その場を楽しむ人間性に変わっています。

と言うか、そうなりやすい空気がありますね!

なので、

ツアーでのスタッフはもちろん参加者とも仲良くなりやすいのがセブ旅行の隠れた魅力なのです!

そんな「セブの隠れ魅力」をお客様の写真を使用してご紹介致します。

※写真はお客様の許可を得て使用しております。

スポンサーリンク

お客様の紹介

男性3人組のお客様紹介写真

2か月前よりご予約を頂いていた高校からの友達3人組。

リーダー的でしっかりしたまとめ役、でもSっ気で仲間をイジるのが好きだから気づいたらそのポジションになっていた感じのK様。

良くいる盛り上げ役、でも入念にチェックしたり慎重な一面を見せるビジネスムードメーカーなT様。

いじられキャラ、でもそれすらまじめに返すThe・シリアスM様。

と言う絶妙なバランスの3人は社会人として香港や東京・大阪と別々の場所に住み、セブ集合で旅行を楽しむインターナショナルな方々です。

女性2人組のお客様紹介写真

そして、3人組がツアーで知り合い、友達になった可憐な女性2人組。

細いだけでなく女性らしいスタイルなのに、2~3人前を食べるスリム大食いN様。

凛とした佇まいと上品な仕草で育ちの良さが漏れているが、話すと親しみやすい、フレンドリーお嬢様T様。

大学からの友達で同じ職種で休みが合わせやすく社会人になっても一緒に遊びに出かけているアクティブ女子2人組です。

きっかけと概要

この2組が知り合ったのは残念ながら弊社のツアーではなくて別のツアー。

K様が2日間ESTE Japanのツアー(ダイナミックツアーアイランドホッピング)をご利用頂いたのをきっかけにハタケヤマも夜ご飯などご一緒させて頂き友達の様に楽しく過ごさせて頂きました。

そして、

K様が別のツアーに参加した日の夜にそちらで知り合ったN様達と夕食を一緒にするからとお声をかけて頂いたのがきっかけです。

N様達はツアーを一つだけ申込んでいて翌日はフリーで特に何も考えていなかったらしく、それを聞いてK様達は良い会社知ってるからとESTE Japanを紹介して、

しかも、

ハタケヤマ以上にダイナミックツアーやアイランドホッピングをおすすめしてくれて本当にありがとうございました!笑

N様達の相談に乗り翌日にマリンスポーツとスパをお申込み頂きました。

K様達は翌日の帰国でN様達と一緒にツアーを参加する事は難しかったのですが、メンズのT様だけフライト時間が15時半と言う事でN様達とマリンスポーツを申込み、出発時間ギリギリまで楽しむと言う「盛り上げ役の鏡」っぷりを発揮。

3人でマリンスポーツを満喫されたと言うのが大まかな流れです。

セブ市内で夕食を楽しむ

ツアー終了後にそれぞれホテルに戻り準備を整えて集合。

夜ご飯だけだと微妙かと思い、まずはクラウンリージェンシーホテルのアトラクションへ!

クラウンリージェンシーのアトラクションを楽しむ男女5人の写真

セブで唯一本格的なアトラクションと言えるのが、クラウンリージェンシーホテルで行っているスカイエクスペリエンスなど。

日本人の方も多いのですが、どちらかと言うと台湾人やフィリピン人に人気のアトラクションは130mの高さを活かした絶叫系の体験ができるものです。

詳細は「絶対やるべきセブの絶叫アトラクション」をご覧になってみてください。

TVで必ず罰ゲームで使われる場所で、恐さは保証付き、写真を撮るサービスもあるので思い出もバッチリ残せ皆で楽しむには持って来い!

スカイエクスペリエンスを楽しむ男女5人組の写真

恐さを皆で共有した後に見るセブ市内の夜景は格別で、もはや戦友のように話しを楽しんでいる皆さん。

そのまま、ローカル体験も含めて近くにあるコレまたTVでは確実に行く屋台村ラシアンへ。

男女5人でラーシアンへ行ったイメージができる写真

観光客が行く場所としては少し恐く感じるローカルの食事処ではありますが、貴重品さえ気をつけておけば全く問題ない場所。

料理は格別美味しい訳ではなく、ただのBBQなので外す事はないですね。

しかし、

ローカルの活気や雰囲気を体験でき、手で食べるローカルスタイルで気持ちは完璧にフィリピン人に成れる場所、もちろん価格もローカルプライスで500ペソあれば十分すぎる程飲んで食べてができますよ!

詳しくは「屋台村ラシアン」をご覧になってみてください。

ラシアンで記念写真

ラシアンではまず、焼く具材を鶏・ブタ肉や海鮮系から選びます。

ラシアンで焼く物を選ぶ5人組の写真

あとは焼き場で仕上がるのを待って、バナナの葉で蒸したお米と一緒に手で食べるだけ。

ラシアンでフィリピンスタイルで食べる写真

味付けも照り焼きのような感じで日本人に受ける味付けで皆さん美味しいと言いながらペロッと食べていました。

この時は知らなかったのですが、よくよく思い返すとスリム大食いN様は最後までもくもくと食べていたなぁ。

こんな感じでツアー終了後も一緒にセブを満喫した5人でした。

一緒にツアーを楽しむ

バナナボートを楽しむ男女の写真

翌日、K様・M様は帰国しT様とN様達はマリンスポーツへ。

空港に13時半に行かなくては行けないものの11時から一緒にパラセーリング、バナナボートを楽しんだT様。

ビジネスムードメーカーがイメージできる写真

でも、この写真から分かるようにやっぱり疲れている(笑

N様達の写真を撮りまくり盛り上げるなど、どこまでもムードメーカーに努めるまさに仕事のようにこなす職人。

おかげでN様達は最高に楽しめたようです!

まとめ

今回はたまたまで、特に自分が何かをしてその場を提供したわけでは無いのですが、この出会いを見て、

やはり、旅行が倍は楽しくなると確信しました!

実際に皆さん楽しんで、どこかウキウキしている感じで日本ではない親しみやすさが全員から溢れていました。笑

ただ旅を楽しむだけでなくそこで知り合った人と楽しく過ごす事を体験をして欲しいと言う思いが昔からあり、

こんな出会いを自社のツアーに参加した方同士が楽しめるといいなぁ。

もはやコレをそのままツアーにするかなぁ・・・

でも、前提として見知らぬグループが知り合っていないと意味ないし、あるいは別グループの申し込みが重なっていないと、

と今の状況ではハードルが高いが、いずれは!と思った今日この頃。

結局、自分に出会いが欲しいと言う願望が現れているだけな気もする。

何はともあれ出会いを楽しめるのはセブ旅行の魅力の一つで日本人に限らずフィリピン人や韓国人など出会いを楽しんでみて下さい!

単純に紹介した所に行ってみたいと言う方や興味がある方はお気軽にご連絡ください!

LINE ID:estejapan

行ってみたい

スポンサーリンク

シェアする