警官じゃないですよ!信用ならんセブの警備員。

セブ島の警察官と警備員のサムネイル画像

こんにちは!勘違いしていました。ハタケヤマです。

街中に銃を所持した警官が立っているから治安が悪いと怖くなりませんか?

セブ島は治安が悪いとか銃社会と言う情報を知っている方もそうでない方も、ホテルのチェックインやショッピングでモールに行く時、車で街中を眺めている時に感じると思いますが、やたらと銃を持った警官が多い、コンビニですら警官が銃を構えて立っている光景をみて、治安にかなり不安を感じた人も多いのではないでしょうかね。

ハタケヤマもセブ島に来た時に感じていたのですが、街を歩いているとそこら中に銃を携帯した警官が立っていて、中にはショットガンやライフルを持っている人も珍しくないので、

そんなに治安が悪いのか?!

と怖さを感じていましたからね。

しかし、そいつらは警察官ではないんですよ~ただの警備員なんです。観光客で勘違いしている方は多いんですよ。笑

でっ?だから何?

正直、観光客にとってどっちでも良い事のように思われますが、ところがどっこいコレを知っていないと思いもよらない形で、損をしてしまうので、警備員と警官の区別を紹介しながらなぜ損をしてしまうのかについて解説しますね。

スポンサーリンク

警察官と警備員の違い

思いついた様子の女性の写真

漢字で書くと紛らわしいですが、英語にすれば、ポリスマンとガードマンあるいはセキュリティーと明確に違うので、以降は警備員を「ガードマン」として話を進めます。

先にも述べているようにセブのガードマンは日本の警官に近いユニフォームの為、多くの観光客の方が以下のような勘違いをしていますね。

  1. 至る所に銃をもった警官がいるのでセブの治安が悪いと思う事
  2. ガードマンを警官と勘違いして信用してしまう事

「1」の勘違いが一番多いのですが、セブ旅行をする方で治安を気にしない方はまずおらず、事前に調べている方がほとんどで、その情報だと、「メチャクチャ治安が悪いから心していくように」的な内容だったりしませんかね?そんな事はなく、ただ、スリが多いと言う観光地特有の犯罪が多いだけで命に関わる危険は少ないです。

ただ、セブに来てガードマンを警察官と思っていると街中に武装した警察官だらけの感覚になり、「治安が悪い」と言う情報に説得力を与えてしまい、不要に怖がったり不安になって楽しめなくなってしまいます。

今回フォーカスを当てているのは「2」のケースが原因で損をする事なので、こちらは後程、詳しく解説しますね。

まずは、ガードマンと警官の写真を紹介しながらそれぞれの特長などを紹介します。

ガードマン

セブの警備員

写真を見てどう思いましたか?

既にネタバラししているので、彼を警官と思う方はまずいないでしょうが、日本人の思うガードマンとは全く違いますよね。

制服の感じが特に日本の警官っぽいですし、何より拳銃を所持している点を考えると初見でガードマンと判断するのは中々難しいはずです。

彼らはショッピングモールやお店あるいはホテルにいる事が多く、拳銃の所持を許可されている各お店に雇われているガードマン。なんならセブンイレブンにもいますからね。

名前の通りお店をガードする役割があるのですが、そのほとんどがポンコツで、ショッピングセンターではボディーチェックなどそれらしい事もしていますが、パフォーマンスだけで金属探知機が鳴りまくっていても関係なく入れるので全く機能していませんし、拳銃を所持していても見せかけだけで弾が入っていなかったり、トリガー(引き金)が無かったりします。

なので、基本的にはドアボーイかコンビニであれば雑用の手伝い的な扱いですよ。

ハタケヤマが感じる彼らの特長としては

  • 誰でもできる職業
  • お客さんに対して横柄

と言う点があります。

まず、誰でもできる職業と言う点では前科1犯の人間でもガードマンになっていますね。雇っているヤツのセンスを疑いますが。それくらい誰でもなれる職業ですし、実際は1日立っているだけの仕事で、いないよりかはいた方が良い程度の感覚で雇っているのでしょう。人件費が安いセブならではですね。

そして、お客さんに対して横柄と言う点ですが、これはガードマンだけに限らず働いている店員すべてに言えるのですが、とにかく横柄な態度でお客さんを下に見ています。

セブの店員に対して愚痴ります。」でも言っているのですが、日本の「お客様は神様」と言う思想はゼロで「オーナーやマネージャーが神様でお客さんは愚民」と言う感覚なんでしょうね。

結局、働いている人間からすると買い物に来ているお客さんから給料をもらっているわけではないので自分には関係ないと言うアホな発想なんですよ。

ガードマンもそれと同じ感覚で、「ココは雇い主に任されているオレのテリトリーだ」的な感じで偉そうに適当な仕事してショッピングモールの入口付近で渋滞を作っていますね。

ポリスマン

セブの警察の写真

観光客が警察官を見かける機会はほぼ無いでしょうね。

なぜなら、彼らは仕事をせずにクーラーの効いたオフィスで1日中携帯をいじってゲームをしているから。

この記事の本筋に関わりますが、そもそもセブにおいて「警察=信用できる人」と言う事自体が間違で、一般庶民の間では警官と政治家が一番悪いとすら言われている程ですよ。

結局、公務員なので、「何もしなくてもお金が入るから何もしない」と言うスタンスですし、正義の名のもとに違反者を取り締まるのではなく、自分の小銭を稼ぎたいから取り締まりをしています。

警官は簡単に買収できるのでちょっと違反はお金でもみ消せますし、何もしていないのに停められ、因縁をつけられてお金を要求されると言うのは、在住者のあるある話ですよ。

それくらい警察が腐っているので、そもそも論で言うとセブで誰一人信用してはいけないのですけどね。

交通課の人

セブの警察官

ついでに説明しますが、写真の彼らはいわゆる市役所の交通課の人間みたいなものですね。

彼らも観光客が直接関わる事はまず無いのですが、警官とガードマンの違いついでに、軽く触れておくと、交通の取り締まりをしている人です。

日本では交通の取り締まりも警察の仕事なので紛らわしいですが、セブでは警察ではなく市役所の交通課の人が行っています。

ガードマンを信用すると損する

周囲に気をつけるイメージ写真

さて、かなり引っ張ってしまいましたが、ここからが本題です。くどいですが、ガードマンを警察官と勘違いする事はさして問題ではないかのように感じますよね?

しかし、これを知らない観光客は知らず知らずの内に騙されています。

どう言う事かと言うと、ガードマンを警官と勘違いすると「ガードマン=信用できる人」と勝手に思い込んで、彼らを疑いなく信じてしまう傾向にあります。

制服を着ているとその制服のイメージも乗っかてくると言う心理学の、いわゆるハロー効果あるいは後光効果が影響してくるんですね。

で、なぜ損するかと言うと、

彼らの分のキックバックが乗っかってしまうから。

かなり限られたケースなので、意味が分からないかもしれませんが、リゾートエリアで両替をしたくてガードマンに場所を聞くと言う方はいるでしょう。まぁ警察官と思っていれば道を聞くのは当然ですし、警察官と思っていなくても、ホテルのガードマンであれば何となく信用して質問しますよね。

しかし、こいつらに聞いて紹介される両替所はキックバックが乗っかったかなり悪いレートになります。

なんで、ハタケヤマがそんな事知っているの?

そりゃ~ハタケヤマの彼女がその両替所に勤めていて、いつもガードマンやらローカルガイドと言い合いになっているからですよ。「必読!セブ旅行で損をしない為の知識」も合わせて読んで欲しいのですが、本当にこいつらの話を彼女から聞く度にカスだなぁと思うし腹立ちますね。

キックバック乗っかっているのにチップを厚かましく要求して、ここのお店のガードマンでもあるから、チップを渡すと言うのがルールとしてあるとか、もっともらしいウソを並べるので彼女がそれを咎めるとキレると言う感じで、まぁムカつきますね。

話が微妙にそれてしまいましたが

このケースはJパークホテル前のエリアとかなり限定されているのですが、観光客が集まるスポットですし、Jパークホテルに宿泊している方は多いので、ガードマンの言う事は信じないで、自ら情報を事前に集めて、損しないようにしてください!

まとめ

セブでガードマンを警察官と勘違いしてしまうと2つの点で損をします。

  1. 治安に対して必要以上に不安を感じて楽しめなくなる事
  2. 両替の時に騙されてレートが悪くなってしまう事

「1」に関しては自分の感じ方によるのですが、 セブの治安は想像している以上に安全で、スリに気をつければ命の危険に関わるような犯罪に巻き込まれる事はほとんどありませんので安心して頂いて大丈夫です。

「2」に関してはかなり限定的な話なのでほとんどの人には影響ないのですが、それでも教訓として、「フィリピン人を信用するな」と言う意味では全ての人に当てはまりますね。

フィリピン人全体を否定するわけではなく、もちろん親切な人や、良いヤツも多いのですが、ハタケヤマの経験上、観光地にいるフィリピン人はほぼ疑った方が良いです。

不安に感じている事などあればお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました