必読!セブ旅行で損をしない為の知識【旅行準備の心得】

ローカルガイドに信じてはいけない注意喚起のサムネイル画像

こんにちは。見た目フィリピン人です。ハタケヤマです。

ローカルガイドって相手にしますか?

まぁガイドをやっている人間なので相手にしませんと言う回答はそれはそれで切ないのですが、ここで言うローカルガイドは現地でガイドをしている人間の事を指すわけではありません。

ここで言うローカルガイドはビジネスの許可を得ずに個人で勝手にホテルの前などで客引きしている奴らの事を指します。

セブのリゾートエリアであるマクタン島には沢山のフィリピン人ガイドがいて、リゾートホテルの近くで、片言の日本語を使い客引きをしています。

「リョウガエスル?マッサージ?ガン?オンナノコ?」

「ヤスイ!」

と、観光客が求めていそうなワードを並べては気を引いていますね。

このローカルガイドがただ鬱陶しいだけならまだ良いのですが、一緒にいる事で損したり、時にはトラブルになる事があるので、この記事ではセブのローカルガイドの実態や観光客を騙す手口を紹介します。

旅行に来る前の予備知識として参考にしてセブ滞在中に不快な思いやトラブルに遭わないように備えて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

ローカルガイドの定義

疑問に感じている女性の写真

簡単に定義していますが、改めてローカルガイドについて説明しておきますね。

ここでは現地で旅行会社に所属していないホテルの前などで勝手にガイドをしているフィリピン人の事をローカルガイドとしています。

日本でツアーガイドをするには資格が必要なので、誰でもできる仕事ではないのですが、セブではそんな資格がなくともツアーガイドになれる事から、営業許可を政府から得ずにお客さんを紹介する事でツアー催行会社やマッサージショップ、両替所からキックバックをもらい生計を立てる事ができるんですよ。

なので、誰もが勝手にガイドしている状態ですね~。

まぁこいつらが、とにかくムカつくんですよ!笑

愚痴ったらキリがないのですが、それらしいお揃いのTシャツを着て、さもセブ公認ガイドみたいな感じでホテル前にいます。

実際は観光客からお金を騙し取る事しか考えていないクズの集まりなのですがこれまたタチが悪い事に今のマクタン島の市長はそれを許しているんですね。

まぁ市長の親戚かなんかがローカルガイドを取り仕切っているのか、知らないですが、絶対に何かしら市長にメリットがあると言うのは間違いないでしょう。

こう言うあからさまな談合と言うか、権力乱用があるのがフィリピンでは当たり前なので、ホテル側もホテル前での客引きを禁止できないと言う感じなんです。

全うに働いている人が稼げなくて、こういうクズが楽してお金をもらってドラッグ買ったりしていると言う現状を政府が許しているからいつまでたっても発展しないんでしょうねぇ。

まぁハタケヤマ的にはこいつらを根絶やしにしたいと考えていて、その為には観光で来る方がこいつらを利用しないと言うのが一番効果的な方法と知っているので情報を発信して、セブに来る前に事前知識として知って頂き、利用しないように促しています。

ローカルガイドがいるだけで損をします

客引き

「ローカルガイドに付いて行く事はないから大丈夫!」と思っている人もいるでしょうが、油断禁物ですよ~。

多くの人はローカルガイドに話かけられても無視すれば良いと思っているでしょうし、実際に無視している人がほとんどです。

しかし、無視しているだけでは損をしてしまうんですよ。

ガイドがいると損をする理由

どういう事か説明するには、ガイドの裏側を語る必要があります。

ガイドにはキックバックがある。

まぁ言われなくとも知っている事かと思いますが、アクティビティーに限らず、レストランしかり両替所、KTVなど、観光客が利用する場所の多くはガイドがお客さんを連れて行くとキックバックが発生する仕組みがあります。

キックバックと言うとなんとなく悪い印象を持ちますが、要は、紹介料ですね。

不動産屋が仲介手数料を取るのと同じようなもので、当然の報酬っちゃ当然で、もちろんハタケヤマもこれをもらって生計を立てています。

しかし、紹介料も2種類のパターンがあるんですよ。

  1. 販売の金額は変わらずお店がガイドに紹介料を払うパターン
  2. 販売の金額にガイドの紹介料を上乗せして払うパターン
ガイドがいる時といない時のコミッション比較

同じような気もしますが、決定的な違いは「2.」の場合、ガイドがいなければもっと安く済むと言う事ですね。

この「2.」のガイドの金額が上乗せされている仕組みは特に両替所とKTVで多く使われています。

なので、両替所とKTVに行く際にガイドがいるだけでお客さんの負担は大きくなると言う事なんですよ。もちろん行くお店によります。

だから、無視するだけでは損をするんですよ。

例えば、はじめから両替しに行くつもりで両替所を目指して歩いているとします。

すると、ローカルガイドが、

「リョウガエ?イイトコ、シテル」

とか話かけて一緒についてきます。

「いや、知っているからいいし、ウゼ~」

と思いながらシカトして両替所に行ってしまうと、普通に自分達で行けば1万円で4,500ペソの両替レートの所も、ガイドがいる事で4,200ペソになってしまう。と言う感じですね。

特にローカルガイドに両替所を案内してもらったわけでもなく、ただただ、うっとおしくついてきただけのヤツに300ペソ(620円前後)も払っている事になるんです。

損ですよね~笑

面倒臭いローカルガイドがいるエリア

ローカルガイドと一緒に両替所、KTVに行くと金額が上乗せされてしまうと言う事が分かっていれば、対策は簡単で、一緒についてくるローカルガイドをお店に行く前に追い払えばOK。

これが鉄則なんですけど、

お店に入る時は余計なフィリピン人を連れてこない事。

さて、ではこんな厄介なローカルガイドの生息地をご紹介しておきます。

  • Jパークホテル
  • モーベンピックホテル
  • ウォーターフロントホテルセブ・シティー
  • クラウンリージェンシホテルセブ・シティー
  • マンゴーストリート

上記ホテル周辺やストリートにローカルガイドは多く、常にたむろしては観光客に声をかけています。

中でも、Jパークホテル前にいる奴らはタクシーと合わせて最悪。

お土産屋、両替所、アクティビティーショップ、レストランと観光客が利用する場所が集中していて、そして、Jパークと言う巨大で人気なリゾートホテルがあるのでローカルガイドも集まって来るのは当然と言えば当然ですね。

両替したり、夜遊びを求めたり、買い物したりする母数は多く、お金になりやすい場所なんです。

だから、ローカルガイドも強引でしつこい傾向にあります。

また、隙あらば観光客から金を巻き上げようと考えているので、しばしば観光客と言い合いになるケースを見かけます。

最近、見たトラブルでは、フィリピンは禁煙が進んでいて路上喫煙が禁止されているのを利用して、観光客が路上でタバコを吸っていると、ローカルガイドが「ここは禁煙だからと注意をしてペナルティーを払え」などと言う感じでお金を請求してきたと言うトラブルですね。

ペナルティーがあるのは確かですが、「なぜ、お前に?」です。笑

このケースのお客さんは冷静だったので、一度お金を払い、ホテルに抗議してお金を取り返したのですが、大概の人はなんとなく受け入れてしまうでしょうし、大した金額じゃないのでまぁこの程度で済んで良かったと言う感じでポジティブに考えるでしょうね。

ハタケヤマの見ている限り、人間の醜い部分を寄せ集めてできた人間で節操もモラルもなくただ自分勝手に金をせびると言う感じのクズしかいないです。

まぁ、ここまで嫌悪する理由はハタケヤマの知り合い(女性)がJパークホテル近くの両替所で働いていて、そいつらの話を良く聞いているからなんですよ~。

彼女からすると観光客が損をしているのが、申し訳なく感じるらしく、ガイドがいても明らかに両替所を目指して来たお客さんには、上乗せしないで対応するので、ローカルガイドと揉める事もしばしば。

そんな彼女に対して、「今度お前を撃ってやる!」とか脅すような奴らなので、ハタケヤマがカスと呼ぶのも理解頂けると思います。

結局、警察に報告書を出すと至極真っ当な対応を彼女が言ったら、そいつが謝罪して来たと言う根性もないヤツらなんですよ。

まとめ

ローカルガイドに関わって良い事は一つも無いですよ。

別にローカルガイドの代わりにハタケヤマを利用して欲しいから書いているわけじゃないですからね。笑

全てのローカルガイドとは言いませんが、少なくとも観光客の不利益を承知で自分の事しか考えていないガイドは信用するべきじゃないです。当たり前ですが。

まぁ残念ながらほとんどのローカルガイドがそうなんですけどね。

ローカルガイドは相手にしないだけでなく、とにかく一緒にいない事が大事。

ただ、無理に追い払おうとするとイライラしてきて感情的になったりして、相手も逆ギレしてと言うトラブルにあう可能性もあります。

トラブルはもちろんですが、せっかくの旅行で我慢してイライラするのも、癪に障るので、ハタケヤマのおすすめは「ゲーム感覚でローカルガイドをまく事」です。

ついてくるローカルガイドを上手にまいて、そいつらの隙をついて両替所に行く、KTVに入るなど、ちょっとしたゲーム感覚を持って頂ければ楽しみながら、イラつきもトラブルも避けられて、かつ、損する事もなくなりますからね。

気になる事があればお気軽にESTE Japanへご相談ください!

現地在住の日本人が裏話も含めてお答えいたします。笑

LINE ID:estejapan

相談してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました