行列のできるファット・ドイス

シェアする

フィリピン人に超人気のB級グルメ

行列のできるレストランのファット・ドイスのトップ画像

こんにちは。チーズ好きです。ハタケヤマです。

行列って魅力的ですよね?

ショッピングモールの中に入っているわけでもないのに、いつも行列の出来ている謎のレストランがあります。

営業時間も通常のレストランとは異なり、ランチなしで17時~22時の5時間だけと言う短さ。

商売する気があるのか?

と、思う程のコンディションの悪さにも関わらずお店の前を通るといつも外で10人前後の人が店の前で並んでいて、とっても気になっていたレストランがファット・ドイス。

なんで、こんなに行列ができるのかの疑問でしたが、行って納得の内容がありましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

場所

ASフォルチュナー通りにあるオークリッジビジネスパークの近くにあります。

駐車場もない一軒家のようなお店なので少し難しいかもしれませんね。

タクシーでオークリッジ・ビジネスパークへ行き歩いて行くのが一番分かりやすいです。

雰囲気

ファット・ドイスの外観の写真

外観はとっても小さく、車に乗っていたら間違いなく通り過ぎてしまう程。

特徴はないのですが、強いて言えば赤いドアくらいで、全体的には街並みの一部のような感じで溶け込んでいます。

店内も狭く、簡易的なテーブルが狭い店内に敷き詰められている感じで、20人位が限界な感じの所に30人詰め込んでいるイメージですよ。

ファット・ドイスの店内の写真

お洒落な感じや落ち着く雰囲気は無いのですが、フィリピンらしいローカルの空気感を清潔な場所で体感できるような店内ですね。

料理

ファット・ドイスの料理のイメージ写真

ファット・ドイスは韓国料理をベースにフィリピン人好みのアレンジをした感じの料理です。

具体的には、コッテリした照り焼きのような味付けに、とにかくチーズをたっぷり入れた料理で、それをカセットコンロで焼きながらチーズをとろけさせて食べると言うスタイル。

カレーや焼きそばのように万人受けする料理にこれまた、万人受けするチーズを組み合わせたいわゆるB級料理と言う感じですね。

メニューは超シンプルで、目玉の料理が3つにサイドディッシュ4品。

価格の安さと一品の量が1.5~2人前くらいとフィリピン人のスタイルにあった内容です。

ファット・ドイスのメニューの写真

■チーズ・チックス

かなりコッテリした味付けの鶏肉にとろけたチーズを絡めながら食べる料理。

ファット・ドイスのリブ料理の写真

■スパイシーヌードル

辛ラーメンにチーズをたっぷり入れて食べるので、辛味はかなり緩和されて食べやすい一品。

ファット・ドイスのスパイシーヌードルの写真

評価

評価を行っているイメージができる写真

観光客におすすめはしません。

店舗の分かりづらさ、営業時間の短さ、店内の狭さ、常に行列ができている待ち時間の長さなどに反比例して料理は韓国料理をB級グルメにアレンジしたものと料理で肩透かしをくらうのは間違いないです。

行列ができている事から気になり並んでみるのは良いですが、そこまでの価値はありません。

ただ、

金額の安さとメニューの分かりやすさ、シンプルで間違いない組合せの味付けなどを考慮にいれるとB級グルメが好きな方やフィリピンのローカル感を味わいたい方にはおすすめ!

とにかく人気でいつも行列ができていて他の韓国料理と違い、8割がフィリピン人と言う事もありフィリピン人の食に対する好みや考え方など食文化を知りながらローカルの気持ちを味わう事ができますよ!

飲み物にアルコールを用意していないので店内の回転は速く、行列が出来ているモノのそこまで待たされるわけではないので一度経験してみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

フィリピン人に人気のファット・ドイスがなぜいつも行列なのかと言うと

  • 価格の安さ
  • フィリピン人が好きないわゆるB級グルメの味付け
  • シェアするのにぴったりの量

と言うローカルの満足できるポイントをガッチリ抑えているから。

韓国料理をベースに、チーズをたっぷりかけたB級グルメでメインは3品だけと言うシンプルで分かりやすいメニューで万人受けする料理です。

常に行列が出来ているレストランだからと言って観光客がわざわざ訪れるような内容ではないのですが、

フィリピン人の食に対する関心などローカルの気持ちが分かるお店ですので、興味がある方にはおすすめ。

日程にゆとりのある方は一度行ってみても良いですね!

このブログで紹介しているレストランは自ら行き自分の舌で評価していますので、

気になるレストランについてはお気軽にご相談ください。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする