フィリピン入国審査書類の書き方

シェアする

気になる入国審査書類を説明

こんにちは。完璧主義かも。ハタケヤマです。

セブに入国するには入国審査書類を記入しなくてはいけません。

これがすべて英語の為、飛行機の中でプチパニックになる方もいるのではないでしょうか。

しかし、

実際は簡単で、旅行でセブに来る方は下記の通りに入国審査書類を記入すれば問題なく入国できますよ!

今回は旅行客にむけた入国審査書類の書き方を詳しく説明致します。

これらは2017年1月10日時点の情報になります。

スポンサーリンク

入国審査書類とは?

入国審査書類は「税関用」「検疫用」「入国審査用」の3つの申請書の事をさします。

各申請書は飛行機内で配布されるか、到着ロビーに設置してあります。

セブ入国時に必要な申請書3枚

各申請書の書き方は?

「パスポート」「ボールペン」「航空券」を用意します。

1.税関用の申請書

家族の場合は代表者が1枚記入すれば大丈夫。

赤字の部分を記入します。

少し見づらいですが、上から順番に

名前・性別・誕生日・国籍・職業(どれでもOKです)・パスポート番号・パスポート発行日・宿泊先住所(ホテル名でOK)・自宅住所・飛行機の便名・出発空港・到着日・目的・家族の人数・荷物の数量・質問(全てNOチェック)・サイン・帰国予定日

となっています。裏面は記入不要です。

税関用申請書の記入例

2.検疫用の申請書

一人につき1枚記入します。

赤字の部分を記入します。

上から順番に

パスポート番号・名前・国籍・性別・誕生日・到着日・お客か乗務員か・飛行機の便名と座席番号・宿泊ホテル名・自宅住所・フィリピンでの連絡先(無記入でOK)・30日以内に海外にいたかどうか(無記入でOK)・30日以内に病気があったかどうか・サイン

となっています。こちらも裏面は記入不要です。

検疫用の申請書記入例

3.入国審査用の申請書

一人につき1枚記入します。

赤字の部分を記入します。

上から順番に

名前・連絡先(無記入でOK)・パスポート番号・出発地・居住国・職業・サイン・飛行機の便名・目的

入国審査用の申請書記入例

まとめ

間違えたら二重線で消して書き直すなど、必要事項(赤字部分)に漏れがなければ内容には特に触れてきませんので気楽に記入して頂ければ大丈夫です。

日本と違いフィリピン特有のゆるさがあるので完璧に埋めなきゃ、正確に記入しなきゃと言う意気込みでなくてまぁいいかくらいの気持ちで問題ありません!

あわせて「入国の流れ」「両替について」「帰国の際の注意点」もご覧になってみてください。

スポンサーリンク

シェアする