手で食べるから美味いッ!バケットシュリンプ

エビを豪快に手で食べるバケットシュリンプのトップ画像

こんにちは。海鮮好きです。ハタケヤマです。

フィリピンスタイル体験しましたか?

海外旅行をする方の食事は大きく2種類に分かれて、

  • その土地の料理を食べたい
  • 知っているモノを食べたい

と言う感じで、

まぁアクティブに攻めの姿勢で失敗も恐れずその土地の料理を試すタイプか、

やはり、失敗したくないからある程度、味の想像がつく料理を食べる保守的なタイプ、

のどちらかですね。

ハタケヤマは基本的に保守派です。笑

とは言え、保守派の人でも

「せっかくセブにいるし、そりゃ~現地の料理を試してみたいよっ!」

と言う気持ちが本当はあるんですが、

いかんせん味が想像できないし、何頼めば良いかも検討付かないからと言う理由で守りに入っているだけだと思います!笑

そこで、今回はアクティブに攻める人だけでなく、保守派の人もローカルの雰囲気を満喫して、フィリピン料理を味わえるレストラン、「バケットシュリンプ」をご紹介します!

まぁ既に有名なので今更感はありますけどねぇ~笑

スポンサーリンク

場所

2019年4月時点ではセブに4つの店舗があり、

  • マクタン島に1店舗
  • セブ市内に2店舗
  • トップス近くに1店舗

宿泊先にもよりますが観光客が行きやすいのは「マクタン島の店舗」ですね!

と言うのも「セブヨットクラブ」と言う有名な場所の隣にあり、近場には「マリーナモール」「アイランドセントラル」と言う分かりやすい目印があるので、タクシーなどで場所の説明がしやすいんですよ!

雰囲気

バケットシュリンプの外観

ローカルにも人気のレストランですが、どちらかと言うとバルのような感じでお酒を飲みながら軽食を楽しむと言うような雰囲気ですね。

今回紹介しているのは海辺にあるバケットシュリンプマクタン。

雰囲気で言うとトップス近くの店舗かこのマクタンの店舗が観光客にもウケるテイストで、それ以外の店舗は普通の雰囲気と言うか、ローカルの雑な感じです。笑

バケットシュリンプの店内

セブヨットクラブと言う高級クルーザーが停泊しているエリアの隣にあり、停泊しているクルーザーやセブ島とマクタン島を結ぶ橋を眺めながら食事するので、

爽快な感じと少し落ち着いた雰囲気で、南国感がありますよ!

昼がおすすめですね!

夜は暗くてイマイチ良さが出ないので。

さて、日本人がバケットシュリンプで一番喜ぶ事が、この雰囲気ではなくフィリピンらしさを体験できる食べ方にあります!

バケットシュリンプのビニールのグローブ

先に触れていますが、ビニールのグローブを付けて、そのまま食べるフィリピンのローカルスタイルが基本。

フォークやスプーンが無いだけではなく、お皿もなく、テーブルに紙を敷いて、その上にさらに透明の紙を敷き、それをプレート代わりにして取り分けて食べるスタイルです。

これが「まさにセブ」と言う雰囲気が出て海外旅行感が高まり観光客に人気の理由なんですね~!

メニュー

バケットシュリンプのメニューイメージ

もちろん店名にもなっている「エビ」がメイン。

3種類の味があり、

  • スパイシー
  • ガーリックバター
  • カレー

それぞれのフレーバーのソースがかかっていて、どれも美味しいのですが、ガーリックバターが人気だそうですね。

1バケット390ペソ(約830円前後)とその他の物価から比べると結構高めですが、量が量なのでまぁ妥当かなぁと言う感じです。

バケットシュリンプのエビ2種

サイズ感が伝わらないですが、エビが15匹以上入っていて昼食で食べるなら1バケットで2~3人前と言う感じの、結構ボリューム満点な感じです。

その他のメニューもお酒のつまみになるような物が多く、チキンウィングや、リエンポ(豚肉)など肉系が多く、魚や貝もメニューにあるのですが、タイミングによってあったりなかったりするのであまり安定して供給できていない印象ですね。

バケットシュリンプのリエンポ

エビの出汁を使ったフィリピン定番のすっぱ~いスープ、シニガンもありこれだけで6~8人前はあります。

他のシニガンに比べるとタマリンドの酸味が弱いので比較的飲みやすいのですが、梅干しのような酸っぱさがあり、

それが苦手な人は注文してしまうとそのボリュームもあって結構絶望しますのでお気をつけを!笑

バケットシュリンプのシニガン

評価

バケットシュリンプの感想サムネイル画像

手軽さとフィリピンらしさで昼食におすすめ!

フィリピン料理を体験するにも何を食べればよいのか分からなかったり、外したら嫌だと言う思いがどうしても拭いきず、

結局セブ旅行中にフィリピン料理を食べず、ちょっと後悔した方もいらっしゃるみたいで、

そこから考えると、バケットシュリンプは味の想像はあらかたつきますし、頼むものも明確で、かつ、めちゃくちゃフィリピンスタイルと言うのは観光客にとって嬉しいですよね!

昼間であれば、多くを頼む必要もなくバケットシュリンプとライスだけで充分ですし、

マクタンの店舗であれば、海辺で客層も良く安心ですし、南国の雰囲気もあり気持ちを盛り上げてくれるのは間違いないですよ!笑

夜だと暗くて海の雰囲気はあまりないですし、酒を飲んで騒いでいる人も出てくるので、夕食で行くよりかは昼食で行くのがベストかなぁ。

バケットシュリンプの食べ方

そして、ハタケヤマ的なおすすめは、

バケットシュリンプで使用している各タレをご飯にかけて食べる事です!

バケツの下にタレがたまっているのでそれを少しお米にかけて、エビを一緒に食べると

「美味いっ!笑」

エビも殻にタレが付いているので、殻を剥いてしまうとタレの味があまりなかったりするので、剥いてから1度タレに付ける事がおすすめですよ~!笑

ただ、いい事ばかりではないんですね~。

既に結構な知名度があり、観光客の方にも知れ渡っていますし、ローカルにも人気があり、安定してお客さんが多く入っている印象があります。

だからなのか、

接客はダメ!

オーダーを忘れている、対応が遅いなどあり、マリバゴグリルと同じでサービスの質が昔のままと言う感じです。

ハタケヤマの感覚として、昔からあって、今でもそこそこ繁盛しているレストランは接客努力が無くても勝手に入って来るから、

このままで良いかぁと言う横柄な姿勢が共通している気がしますねぇ。

なので、

あまり強くおすすめできるわけではないですが、料理の分かりやすさとフィリピンスタイルと言う魅力でギリギリ、プラスと言う感じですねぇ。

まとめ

海外旅行中の食事は結構悩みますが、バケットシュリンプは保守派の人でも問題なくフィリピン料理を体験できるレストランです。

頼むもので悩む事はなく、バケットシュリンプ一択でOKですし、

味もエビを茹でたものにソースをかけるだけなので、ソースのテイストから想像できるので、

ネガティブな要素は少ないですよね!笑

そして、手で食べると言うフィリピンのネイティブスタイルは日本にはなかなか無いので、新鮮で海外旅行している感覚が、グッと高まり盛り上がりますよ!

ただ、接客のレベルは低く、夜飯としては微妙なメニューなので、昼食として軽い気持ちで行くのが良いですね!

このブログで紹介しているレストランは自ら行き自分の舌で評価していますので、気になるレストランについてはお気軽にご相談ください。

LINE ID:estejapan

相談してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました