伝統の甘味タブレアカフェ

シェアする

タブレアを楽しむカフェ

こんにちは。少し大人になった。ハタケヤマです。

フィリピンはコッテリ甘いものだらけ。

そんなフィリピンで人気なのが、ホットチョコと言う飲み物。

名前の通りでチョコを溶かしたような飲み物で、甘いもの好きのフィリピン人に人気です。

このホットチョコのもとになっているのがタブレアと言うカカオを固めた一口チョコのようなもの。

スーパーで市販もされていてフィリピンでは珍しくないのですが、日本人にとっては聞きなれないこのタブレアを製造している会社が運営しているカフェがあります。

それが「タブレアカフェ」。

タブレアを使用したカカオの香りと味わいを活かしたホットチョコやケーキなどが楽しめるタブレアカフェをご紹介します。

スポンサーリンク

タブレアとは

そもそもタブレアとはカカオを固めただけのモノでお湯で溶かすとお茶のようにカカオの香ばしい匂いと味が染み出してくる、フィリピンの伝統的な飲み物のもと。

タブレアのイメージ

スーパーなどでも買えるもので見た目はチョコやクッキーのような感じですが、カカオの割合が高くそのままではかなり苦いです。

砂糖や牛乳など加えて飲むと丁度良く、ホットで飲めばカカオの香ばしい香りを楽しむ事ができますよ!

詳しい内容は「タブレアで作るカカオ香る絶品ココア」をご覧になってみてください。

場所

タブレアチョコレートカフェとしてセブ島とマクタン島にそれぞれ店舗があります。

雰囲気

タブレアカフェの店内の写真

トップスへ行く途中のJYセンター内にあるタブレア・チョコレートカフェの雰囲気です。

店内は狭く8テーブル程で25人程収容できて7時~21時までの営業。

雰囲気は普通のカフェと変わらないので特別な事はありません。

メニュー

基本はタブレアを中心にしたメニューでホットとアイスとが選べて、味をつける事もできます。

タブレア本来の味を楽しみたい方は砂糖も無しのブラックを頼んでも良いかもしれませんが、かなり苦いのでミルクの入ったホットチョコがおすすめ。

フレーバーはストロベリー・ヘーゼルナッツ・バニラ・ミントとあります。

タブレアのイチゴフレーバーの写真

写真はアイスのタブレアミルク・ストロベリーフレーバーになります。

アイスにすると香りは楽しめないのですが、アッサリとした飲み心地で暑いセブで喉を潤すには丁度良くおすすめ。

味はコッテリした甘味ではなく大人なビターな甘味にストロベリーの味わいが楽しめると言う感じで、よく混ぜないと甘さにムラがありフィリピンの甘さを体験する事にもなります。

金額は100~130ペソ(約210~280円)前後

また、飲み物だけではなくケーキやお土産にタブレアやチョコが売っています。

タブレアカフェで買えるお土産の写真

カカオを使ったチョコケーキやクッキーが中心

タブレアカフェのケーキの写真

まとめ

タブレアは人によって粉っぽいと感じる事がありますが、カカオの香りや味わいを楽しめる大人な飲み物としておすすめです!

日本で飲むホットチョコとは少し味わいが違いホントにアッサリした飲み心地と味わいでコーヒー感覚で飲んでも良い程。

甘いのが好きな人はもちろんですが、ちょっと一息つきたい時などはタブレアカフェでためしてみるのも良いですよ!

通常のカフェに行って甘~いコーヒーにガッカリするよりかはタブレアでフィリピン伝統の飲み物を楽しんだ方が思い出にも残りますので!

スポンサーリンク

シェアする