セブ旅行をお得に行くには?

シェアする

妥協しないでお得にセブへ行く方法

こんにちは。ハタケヤマです。

お得にセブ旅行をするのに代理店を利用するのが一番良い方法なのでしょうか?

「セブ 旅行」や「セブ ツアー」で検索すれば当然、大手代理店のサイトがズラッと並び、「格安」「比較」などの文字が目立ちます。

そして、

サイトを訪れて日程・出発地・行先・人数を入力すれば価格順にツアーが掲載されます。

一番安いツアーを見ると驚くほど安く胸躍らせながら自分の条件に合うツアーを探して申し込むと言うのが一般的な旅行の申込みではないでしょうか。

しかし、

実際に一番安いツアーや良いと思う条件のツアーに申込むと予約がいっぱいだったりして、なんやかんや希望のツアーに申し込めず、

他のサイトを訪れて似たような内容のを見つけ再度申込むも、実は最初に見ていたツアーと同じ会社の商品で予約はすでにいっぱい。

結局、妥協して少し高いツアーに申込む。

しかも、

燃料サーチャージや空港税、税金、ホテルのサービス料が後乗せされ最終の総額は思っていた総額よりもプラス5~9千円増し位になっていて、なんだかなぁと感じている人は多いはずです。

と言うように、

いわゆる「撒餌商品(安いツアー)」におびき寄せられて見事に釣られてしまうのはもったいないです!

なので、

大手代理店を利用し航空券とホテル、オプションツアーなどをまとめて予約する「手配旅行」と個人で航空券、ホテル、オプションツアーなどをばらばらに予約する「自由旅行」を比較してどちらがお得かなのか比較してみました。

これさえ知っていれば妥協してツアーを選ぶのではなく、納得してお得なセブ旅行が楽しめます!

スポンサーリンク

比較の方法

比較の方法は同一条件の中で大手代理店を活用した「手配旅行」の場合と個人で手配する「自由旅行」の場合とで合計の費用(航空券とホテル代)がどれだけ違うのかを比べています。

条件

申込日  :2016.10/11

旅行期間 :2016.11/3-6(3泊4日)

旅行人数 :2人

出発地  :成田空港

飛行機※1  :直行便(セブ旅行は直行便が絶対いい3つの理由を参考)

ホテル※2  :J-パーク・プランテーションベイ・クリムゾン

※1.乗継便の方が価格を抑えられるが、遅延等トラブルが多い為、直行便を選択。

※2.人気のホテルをランダムに3つ選択。

Jパークホテル

セブの中でも最大規模のプールを所有しているホテルで子連れの家族に人気で550室以上の部屋を有している5つ星ホテル。

詳しくは「Jパークホテルが最高であり退屈でもある理由」をご覧になってみてください。

Jパークホテルの部屋

デラックスオーシャンルーム

プランテーションベイホテル

人工ビーチを囲むようにヴィラタイプの部屋が点在し家族やカップル連れに人気で220室以上の部屋を有している5つ星ホテル。

プランテーションベイの部屋

ラグーンビュールーム

クリムゾンホテル

お洒落なプールや落ち着きあるビーチを所有していて若い人や女性に人気で280室以上の部屋を有している5つ星ホテル。

クリムゾンホテルの部屋

デラックスガーデンルーム

結果

キャンペーン価格などは抜きにして純粋に金額だけを比較した結果は、

「自由旅行」が1人あたり最大33,420円お得。

詳細

航空券は「セブパシフィック航空」。

ホテルは「HIS」を利用する方法がお得。

金額は全て2名合計になっています。

ホテル   会社   手配旅行  自由旅行
(航空券はセブパシフィックで購入)   
合計  合計  航空券  ホテル 
Jパークホテル  HIS \239,135 \179,135 \122,420 \56,715
トリバゴ  \324,974 \234,920 \122,420 \112,500
プランテーションベイ HIS \270,220 \189,800 \122,420 \67,380
トリバゴ  \246,812 \191,102 \122,420 \68,682
クリムゾンホテル   HIS  \243,860 \177,020 \122,420 \54,600
トリバゴ   \222,961 \178,764 \122,420 \56,344
 
※下記サイトを参考

費用面以外のメリット・デメリット

自由旅行が費用面では良い事は分かりましたが、それ以外の面ではどうなのか、メリットとデメリットを考えてみました。

メリット

1.旅行日の直前でも予約が取りやすい事。

デメリット

1.渡航日が限られている事。(セブパシフィックは火・木・土・日のみ運航)

2016年12月25日に就航したバニラエアは毎日運航していてセブパシフィックと金額は変わらないのでこのデメリットは無くなりました。

2.予約の手間が掛かる事。

デメリットが気になる方は?

1.渡航日に関して

「sky scanner」を利用して希望日の格安航空券を探す。乗継便にはなってしまいますが、お得な航空券を探せます。
skyscanner

スカイスキャナーのイメージ
あるいは

2016.12/25より就航のバニラエアを調べてみる。

バニラエアとセブパシフィックを比較してみる。

比較した個人的感想は「バニラエアでお得に、快適にセブ旅行」をご参考ください。

バニラエアーのイメージ

セブパシフィックと同様以下の金額で毎日就航しています。

バニラエアは最低価格の表示を月ごとに見れるのでいつがお得な日か一目でわかるのでスケジュールを決めてない方はこちらを参考にするとどの時期がお得かすぐ分かります。

2.予約の手間に関して

「トリバゴ」で「手配旅行」にするのが手間なくお得になります。

※時期・ホテル・キャンペーンによって「HIS」の方が安い場合もあります。

価格を追求した旅行

ちなみに、上記条件を気にせず単純に最安値を求めると、一人49,680円

航空券を「sky scanner」ホテルを「トリバゴ」を利用すると99,360円(二人分)で行けます。

ホテルはフエンテ・ゲストハウス

フエンテホテルの部屋

まとめ

時期やタイミングにもより一概に「自由旅行」が良いとは言い切れませんが、少なくとも「手配旅行」の金額の安さに惑わされて期待してからガッカリすると言う事は無くなります。

しかし、

撒餌商品とは言え予約できないわけではないので、最初に自由旅行を前提に自分で航空券とホテルを探してから大手代理店や比較サイトをチェックして気になるツアーをチェックすると言う流れでツアーを探すのがおすすめ!

なにはともあれまずは航空券をバニラエア、ホテルをホテル料金比較『トリバゴ』で最安値をチェック! 

スポンサーリンク

シェアする