キラッキラなIBIZA(イビザ)

シェアする

雰囲気No.1お洒落レストラン&バー

セブもお洒落なレストランが増えてきて、味、雰囲気共に良く食事を楽しめる環境になってきています。

そんな中でも日本人だけでなく全ての観光客から人気で毎夜お客さんが絶える事のないレストラン&バーが「イビザ」です。

ランチは無く夕方(月-木16:00金-日15:00)からのオプーンでサンセットと星空を満喫したり、ショーを見たりしながら料理とお酒を楽しめるイビザをご紹介致します。

スポンサーリンク

場所

イビザはマクタン島(リゾートホテルが密集しているエリア)にあるホテルモーベンピック内の海にせり出した場所にあります。

雰囲気

イビザの外観

海にせり出しているのでまるで孤島のレストランであるかのような感じです。

音楽と照明が大人なムードを演出しています。

各席の紹介

店内はテラス席・カウンター席・ハンモック席・テーブル席があります。

・テラス席

基本的にはテラス席中心でソファーシートにゆったりと腰かけながらリラックスして料理を楽しめます。

イビザのソファー席

・カウンター席

イビザのカウンター席

・ハンモック席

この席は特徴的でセブの中でもイビザだけかと思います。

海にせり出すようにハンモックのような席を用意して寝そべりながらドリンクを楽しめる席です。夜は潮が満ちて手を伸ばせば海に触れられる距離まで迫ってくるので、まるで海の上に寝そべっているかのような雰囲気を味わえます。

イビザの海辺のハンモック

・テーブル席

テーブル席は建物の中で高級感あるレストランと言う印象に変わります。

イビザのテーブル席

専用舞台でのショー

テラスには専用の舞台があり、通常はDJブースのようになっていて音楽を流しているのですが、特定の時間になるとショーを開催します。

ダンスや生演奏だけでなくファイヤーショーなどがありエンターテインメントとして楽しめるレストラン&バーです。

ショーは時期や時間帯によりますが大体20:00頃に開催されます。

イビザのショー

料理

イビザのポテトとビール

料理は簡単なおつまみからコース料理まであります。

イタリアンテイストなので食べやすい味付けではありますが、金額は日本と変わらない金額でフィリピンではかなり高めとなっています。お酒を飲まないで食事したとして、一人1,500~3,000円はかかります。

お酒の種類もカクテル、ワインと多いので、バーとしても楽しめますが、入店するには1人最低500ペソ(約1,100円)以上は必ず注文しないといけません。

まとめ

セブでも珍しい「ハンモック席」があり南国らしくゆったりと寛げる大人の空間です。

営業時間も24:00(月-木)26:00(金-日)と遅くまで空いているのでセブの夜少し寛いでお酒を飲みたい方には是非おすすめです!

イビザに興味がある方はイビザも楽しめてセブならではの「おかまのショー」も見れる「Dazzling night tour」へお問合せください。

スポンサーリンク

シェアする