絶品!セブで食べる美味しい辛ラーメンの作り方!

シェアする

セブで食べる激辛のラーメン「辛ラーメン」

こんにちは。辛いのは苦手。ハタケヤマです。

セブでは韓国人が日本人の約2倍以上と一番多く、その影響か、韓国料理店をはじめ韓国マートなども多くあり、ほとんどのコンビニ、スーパーで韓国の食料、雑貨などが購入できるほどセブの生活に浸透しています。

そんな中で、韓国人の兄が夜食に美味しそうに食べていた「辛ラーメン」。

もちろん私も過去に日本で食べた事はあるのですが、

ただ辛いだけのラーメンと言う嫌な印象でしかありませんでした。

ですが、

ある日の夜中にとっても良い匂いが部屋に立ち込めてきて、

「なんだ?!この美味そうな匂いは???」

と、気になりリビングへ行くと、義兄が辛ラーメンを食べていました。

相当昔に流行ったお茶漬けのCMのように美味しそうにガッツいている義兄の姿をみて、唾をのみながら声をかけると、

気さくに

「食べてみなよ!」

と一言。

「辛いのはちょっとなぁ…」

と思いながらもこの匂いと美味しそうな姿がフラッシュバックして食べてみる事に。

「美味い!」

昔の辛さしか引き立っていなかった辛ラーメンではなくしっかりと味がついて、ラーメンとして美味しい上で辛みが後から良いアクセントとなって襲い掛かり、食欲をさらに刺激する感じで、止まらなくなる味。

「以前食べた辛ラーメンはなんだったんだ?なんでこんなに違うのだろう…」

疑問に思い義兄に聞いてみると、その謎が解けました。

その秘密は「作り方」と「食べ方」。

どうやら、韓国流の作り方と食べ方があったらしく、義理の兄をはじめ周りの韓国人の友達も同じように食べている事を知りました。

韓国人にとってはこの「作り方」と「食べ方」は当たり前の事みたいですが、日本人にとっては少し意外な感じで、知らないと辿りつけない領域です。

つまり、

お手軽なインスタントラーメンだと思ってそのまま作って、食べている限り本当に美味しい辛ラーメンは味わえないのです!

前置きが長くなりましたが、

「辛ラーメン」をもっと美味しく食べる為の「作り方」と「食べ方」をご紹介します!

スポンサーリンク

美味しい「作り方」

インスタント麺だからお湯を入れればいいだけと思いがちですが、それだとただの激辛ラーメンでしかありませんよ。

基本はお湯を入れるだけなのですが、

「美味しい辛ラーメン」を作るには3つのポイントがあります!

1.麺を砕く

袋から出す前に麺を砕きます。

辛ラーメンを砕く様子

「おいおい!ラーメンじゃなくなるじゃないか!!」

「そうです!もはやラーメンと言う概念は捨てないと美味しい辛ラーメンは食べれません!」

これは後ほど紹介する「食べ方」に関連してくるのですが、

「美味しい辛ラーメン」はラーメンと言う概念を捨てる事がスタート!

辛ラーメンの麺を砕いた様子

2.水は少なめで茹でる

通常は550mlの水を入れるのですが、少なめの400mlで茹でます。

「おいおい!汁なしになっちまうじゃないか!」

「そうです!ほぼ汁なしです!」

水を少なくする事で辛ラーメンの深い味わいが麺に染み込むのです。

そして、麺があらかた茹で上がってきたらシーズニングを入れます。

もし、この時点で水分が無ければシーズニングが混ざる程度の水を継ぎ足してくださいね。

この辺はザックリの感覚対応で大丈夫です!

3.卵1個を入れる

溶き卵を用意しておきシーズニング後に卵を混ぜ合わせる。

この溶き卵がかなり重要!

卵を入れる事で辛さをグッと抑える事ができます。

「おいおいおい!もはやラーメンでも辛いでもなくなっちゃうじゃん!」

「そうです!ラーメンも辛いも忘れてください!」

と言っても、辛さを消したわけではないので辛い物好きな方もまだ読み進めてくださいね。

卵を入れる事で少し甘味が加わり、最初の味わいでは辛みが際立たなくなります。

そして、後から辛みが来る味付けにすると言うイメージです。

卵を入れる事で辛さを和らげ辛ラーメンの本当の味を味わう事ができます。

卵を入れた状態

以上が「美味しい辛ラーメン」の作り方。

美味しい「食べ方」

さて、完成した「辛ラーメン」も、このままではまだ「美味しい辛ラーメン」ではありません。

次に大事な事が「食べ方」。

と言ってもそのポイントはたった1つだけ。

1.米一杯を用意する

「あぁラーメンライスね。」

「いや、少し違います!」

セブラーメン・ライス問題で熱く語っているのですが、ラーメンとライスは牛丼と紅ショウガ、ミートソースに粉チーズと言う感じで欠かせないコンビネーションです。

なので、

当然一緒に食べた事がある方もいるかと思いますが、ここでのラーメン・ライスは少し違います。

ライスをドーン!

ライスを入れた状態

「そうです!ラーメンじゃなくもはや雑炊です!だが、それが良い!!」

ライスが残りの水分を吸っている頃にはもはや汁はなくなります。

そして、ここで細かく砕いた麺が雑炊の具の様な役割になり、ライスと共に食べると麺の柔らかい触感がオモチのようなモチモチ食感になります。

これが「美味しい辛ラーメン」!

追記2017.10/29

悲しいかな、セブとも旅行とも全く関係ないこの記事がサイトの中では一番見られていると言う事で辛ラーメンの別の食べ方も試してみました。

その食べ方とは「チーズのせ」

ウェブで調べて一番間違いないと言われている「チーズのせ」をセブ流で試してみましたので、セブに来た際は試してみてください。

日本のようにとろけるチーズやスライスチーズがイマイチ充実していないのですが、それに代わる、むしろそれを上回るチーズ好きにはたまらない一品があります。

それがチーズウィズ。

チーズウィズの写真

かなり濃厚なチーズのペーストでマヨネーズのような感じで、あらゆるものをチーズ味に変える魔法の調味料。

これを辛ラーメンと掛け合わせました。

辛ラーメンとチーズの組合せの写真

結論として、美味しいです。

匂いからして劇的に変わりますし、辛さがマイルドになってコクがますので辛ラーメン本来のうまみが見事に引き出されます。

辛ラーメンのチーズのせの写真

セブのセブンでどちらも購入できるので夜食に試してみてください!

まとめ

この「美味しい辛ラーメン」ちょっと微妙と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、一度だけ試してみてください!

一度食べると月に一度は食べたくなる味です!

また、辛いのが苦手と言う方には特におすすめ!

セブ島に来た際は辛いもの好きな方も少し辛いのが苦手な方も、その辺のコンビニにある辛ラーメンとインスタントのライスを購入して試してみてください!

旅先と言う事もあり夜食として食べると何とも言えず美味しいですよ!

いやいや、とにかく「辛さ」なんだよ!

と言う方は雑誌・テレビで話題!世界一辛い唐辛子【ブットジョロキア】 を振りかけてみると言う合わせ技で確実に一本とれます。

スポンサーリンク

シェアする