ハワイとセブならどっち?

シェアする

劣化版ハワイのセブ?

こんにちは。成田空港ですでにウキウキしているハタケヤマです。

先日、昔からの幼馴染がハワイに行くかセブに行くかで悩んだ結果、ハワイに行く事にしたと言う報告を受けなかなかショックでした。

「そこはセブだろ!」

と思いはしたものの冷静にイメージから言ったら、

ハワイイメージ

「まぁハワイかぁ・・・」

と思った自分もいるのでここはきっちり比較をしてみようと思い、

過去にハワイへ2度、オアフ島とマウイ島へ行った事がありますのでそちらの浅い経験も含めて「雰囲気」「価格」「食べ物」の3点で比較してみました。

スポンサーリンク

雰囲気

海が綺麗、自然が多いなど共通点は多いですが、全体的な雰囲気は大分違います。

どちらも共通しているのは、基本的に陽気で穏やかな人が多いと言う事です。

これは個人的なイメージですが、セブの方がお金に卑しい感じがあります。

ハワイでも観光客を狙ったぼったくりは多いのですが、堂々としている為

「まぁハワイは物価高いしなぁ」と何となくボラれている事に気づかない感じですが、

フィリピンだと明らかに嘘と分かるような感じでボったくるので金額は大したこと無いにしても不快な感じがあります。

海の透明度に大きな違いは感じませんが、

ハワイは「サーファーの聖地」

セブは「ダイバーの集まる海」

と言う感じです。

つまり、

ハワイは波があり、セブは波があまり無いと言う事です。

なので、

穏やかな海で誰もが遊び易いのはセブの海かと感じます。

治安

どちらも銃社会ですが、イメージ的にはハワイは安全でセブが危険と言う感じがします。

しかし、

ハワイの犯罪率は全米の平均犯罪率よりも17%も高いのです。

厳密にセブとハワイを比べる事は出来ないのですが、ハワイが必ずしも安全と言うわけでは無いのは確かです。

ハワイは観光地特有のスリやひったくりが多いと言う事で犯罪率が全米の平均犯罪率よりも高い結果になっています。

セブはと言うとハワイ同様でスリやひったくりが多くあり観光客は注意が必要です。

逆に言えばスリやひったくりに気をつけておけば命の危険はないのです。

衛生面

ここが一番差がでる部分です。

先進国アメリカのハワイと発展途上国フィリピンのセブでは勝負になりません。

セブはゴミが多くポイ捨てをする文化なので街中はゴミがいたる所にあり、下水などのインフラも整備が追いついておらず汚いです。

街中など悪臭が漂う場所も多く決して良い環境とはいえません。

もちろん、ホテル内やリゾートエリアはそんな事はありませんが。

価格

条件は2017年8月7日から4日間の最安値をHISで検索し、比較しました。

セブ4泊5日は飛行機+ホテルが57,800円

ハワイ4泊5日は飛行機+ホテルが198,920円

ハワイの金額はセブの4倍近くの金額になります。

そして、飛行機の移動時間も異なるので

セブは3泊4日の旅行に対して

ハワイは2泊4日の旅行になります。

そう考えると一日損しているにも関わらず金額は4倍と言うなんとも高額な事が分かります。

食べ物

これは人によるのですが、セブの方が充実して、美味しいイメージです。

ハワイはアメリカンな味付け、大味でそこまで美味しいと言うものはなくまぁこんなものかと言う感じでした。

セブは米主食と言う事もあり日本人の味覚に近い料理が多く、しかも色々な種類の料理があります。(おすすめのレストランは「セブで行って欲しいレストラン5選」)

なので、

セブで料理に対して不満に感じる事はほとんどありません。

まとめ

完全にひいき目があると疑われるかもしれませんが、ハワイとセブならセブの方がおすすめ!

雰囲気はハワイの方が優れているのは確かですが、旅行費用と食事の点ではセブの方が良いと感じます。

仮にハワイ旅行の20万円の旅費をセブに割り当てれば5つ星ホテルに宿泊し毎日豪華な食事を楽しみ、アイランドホッピングジンベエザメと一緒に泳ぐツアーに参加したり、

夜は人気のストーンマッサージのある高級スパで体を休めてと、とてつもなくセレブな旅ができ、雰囲気は当然ハワイにも劣らない最高級クラスになります。

つまり、

ハワイなら2泊4日で航空券とホテル代で終わってしまう金額が

セブなら3泊4日で全て込みでハイグレードなセレブ気分を毎日味わえる旅行になるのです。

移動時間もハワイが9時間に対してセブは4時間半と半分なので疲れませんし、時差は1時間だけなので帰国してからも時差ボケなくすんなりと日常に戻れます。

と言う事で、ハワイを選んだ友人に猛抗議をしようかと思っています!

スポンサーリンク

シェアする