知っておくべきセブのトイレ事情

シェアする

知らないと戸惑うセブのトイレ

フィリピンのトイレ事情のトップ画像

こんにちは。お気に入りのトイレは藤沢駅の奥から2番目、ハタケヤマです。

日本のトイレ以上に快適な場所ってないですよね?

トイレを憩いの場にしている男性は少なくないと思います。

公共トイレですら憩いの場に出来る程、日本のトイレは清潔で設備が充実していますね。

そんな贅沢な環境が当たり前になっている私たち日本人からするとセブのトイレを利用するにはそれなりの覚悟がいります。

何の知識もなく普通にコンビニで用を足せばなんて軽い気持ちでいたら、間違いなくメンタルをやられますよ!

男性は特にそうでしょうが、不意に襲ってくる便意を抑え込むのは至難の技。

憩いの場所トイレに駆け込み一安心と思いきや抑え込んでいた方が良かったと思う程の絶望を味わう事も。

男性も女性も清潔なトイレで用を足したいのは同じですが、単純に清潔感だけに注目すれば良いと言うわけでもなく、独特のトイレ文化がある事も知っておかないと、かなり戸惑う事になります。

日本では経験した事のない残念なシモの思い出が残るセブ旅行にならないように、事前にセブのトイレ事情を理解して備えておきましょう!

スポンサーリンク

セブのトイレには3つの物が無い

悩んでいる写真

2度目になりますが、憩いの場所であるトイレが絶望するような場所になるのは単純に衛星的に汚いからと言う事だけではありません。

場所によってはもちろん衛生的に汚い場所もあるのですが、セブの発展は著しく、想像している以上に綺麗だなと感じると思います。

しかし、

日本では当たり前にあるべきモノがなくて途方に暮れると言う方が多くいます。

まずは何がセブのトイレにはないのかをご紹介しますね!

1.便座

場所によりますがほとんどのトイレに便座が無いです。

なので、

お尻をつけて用をたす事ができず、これはどうやってやるのか試されているのか?

とトンチのような世界に入りしばし、頭を悩ませる方は多いんですよ!

大抵の答えは、空気椅子をするかの如くプルプルしながら用を足しているみたいです。

これだとかなりしんどいですし、力尽きた時の事を考えると恐ろしい結果が待っていますね。

正しいやり方は日本で禁止されているこのやり方。

セブのトイレスタイルのアイコン画像

このようなトイレの禁止事項の張り紙を日本で見て、

「誰がするんだよ!」

と心の中で突っ込んだ方もいるかと思いますが、

これがフィリピンでの正解です。

東南アジアでは割と一般的である為、日本でもこのような禁止の張り紙をしている所があるようですね。

2.トイレットペーパー

「外にトイレットペーパーが売ってるんでしょ?」

と思う方もいらっしゃいますが、違いますよ!

売ってる場所もありますが、

「そもそもトイレットペーパーいらないでしょ?」

と言う挑戦的な考え方の場所もあります。

以前、英会話学校の先生のご自宅に遊びに行った際にトイレを利用したら便座とバケツに水が入っているだけでした。

これは本当に困ります。

黄金の右手を使うしか道は無いのですが、トラウマになる可能性もあります。

下水の環境が悪い事から直ぐに詰まってしまうと言う事情があったため紙を使用すると言う事が少なく、水で洗うと言う方法が一般的に染みついているのかもしれませんね。

3.流す習慣

下水の流れが悪く、詰まりやすいと言う理由からか、

トイレットペーパーを流す習慣が無いです。

では、どうするのかと言うと、

捨てます。

大抵のトイレには脇にゴミ箱が用意してあり、使用済みのトイレットペーパーをそこに捨てるのです。

一流のリゾートホテルでもこの習慣でトイレットペーパーは流さないでくださいと注意書きをしているくらいですので、これはもはや習慣なのでしょうね。

しかし

これを知らないとかなりキツイ!精神的に。

中国や韓国ではこのような公共トイレもあるらしいので順応している感じがしますが、日本人にとってこれはなかなかですよ。

対策

さて、とは言ってもセブ旅行でトイレを利用しないと言う事は不可能ですよね。

この状況を知った上で事前にできる対策をご紹介します。

対策と言っても心得的な感じになってしまいますが、この心構えが出来ているか出来ていないかで大きな違いがでますので頭の片隅に置いておいてください!

1.基本的には外で用をたさない事

ホテルの自室で全てを済ませて外出する事がベスト。

これは特に男性に有効な心得ですね。

女性は割と我慢ができますが、男性は朝方はどうしてもお腹の調子が悪く腹痛に襲われる方は多いです。

外出中にお腹が緩くなってしまった場合はかなりハードな状況になる事は容易に想像できるので、必ず事前にホテルで用を足しておきましょう。

男性の場合は大にだけ気をつければ大きな問題は無いのですが、女性は大小関係なく座らないといけないのでホテルで出せるだけ出しておき、良いトイレがあるまでは我慢する位の感じが良いですね!

2.用をたす場合はホテルやデパートへ行く事

どうしても用をたす場合はホテルやデパートを選ぶ事。

ホテルやデパートは比較的きれいで、トイレットペーパーは大体あり、便座は場所によりますが、ある確率は高いです。

しかし、

油断できない事にホテルやデパートは綺麗な為か利用している人が長時間占有しています。

日本でもたまに居る一向に出てくる気配のない感じの開かずの扉状態になる事が多々あり、30分待った事もありました。

なので、

必ずしもトイレが近くにあると気を抜かない事ですね!

ようやくトイレだと思っていると思わぬ形で我慢を強いられますので気をつけてください!

3.トイレットペーパー・香水を持ち歩く事

遠出する場合は、最悪に備えてトイレットペーパーと香水を持って行くとまだ対応できます。

どうしてもと言う場合にトイレットペーパーがなくバケツだけだと、なかなか割り切る事ができず固まってしまう事になります。

なので、

そんな事にならないようにトイレットペーパーを少しまとめてポケットティシュのように持っておく事。

臭いもキツイ場所があるので自前の香水を持ってひたすらその匂いで誤魔化せばなんとかなりますよ。

まとめ

セブ島は南国リゾートなのは間違いありませんが、発展途上国であるのも事実。

セブのトイレには

  • 便座
  • トイレットペーパー
  • 流す習慣

が無い為に、日本人からするとかなり戸惑う事が多々あります。

しかし、

事前に心構えが出来ていれば対処できない事ではないのでしっかりと準備をして困ることなくセブを楽しんでくださいね!

ちなみにセブ島ではトイレの事を「CR」と言いますので、トイレを探している時は「CR」と言っていれば教えてくれます。

セブ旅行するにあたり現地の情報を知りたい方はお気軽にご相談くださいませ!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする