知っておくべきセブのトイレ事情

シェアする

知らないと戸惑うセブのトイレ

こんにちは。お気に入りのトイレは藤沢駅の奥から2番目、ハタケヤマです。

トイレに関しては、やっぱり発展途上国だなぁと一番感じます。

下水の環境が整備されていない為、流れが悪い、詰まりやすいなどの外的要因と共に、そもそもの習慣の違いと言う内的要因があり、日本とあまりに違い戸惑う事が多いです。

なので、

場所によっては利用するのに相当な覚悟がいりますよ!

むしろ、覚悟だけではどうにもならない事もあり、とっても困る事があります。

男性は特にそうでしょうが、不意に襲ってくる便意を抑え込むのは至難の技です。

憩いの場所トイレに駆け込み一安心と思いきや抑え込んでいた方が良かったと思う程の絶望を味わう事も。

そんなある意味思い出に残るセブ旅行ではなく、楽しい思い出のセブ旅行になるように日本とは違うセブのトイレ事情をご紹介します!

スポンサーリンク

3つの無い

憩いの場所であるトイレが絶望するような場所になるのは単純に衛星的に汚いと言う事ではありません。場所によってはもちろん衛生的に汚いですが、想像している以上に綺麗ではあります。

そんな衛生面ではなく、日本にあるべきモノがセブのトイレには無くて、それが多くの人を絶望に突き落とし困らせるのです。

1.便座が無い。

場所によりますが便座が無い。

なので、お尻をつけて用をたす事ができず、空気椅子のようにするしかなく、

「何かの特訓ですか?」

と思うほど大変です。今でも正しい使い方やフィリピン人がどのようにやっているのか想像できないのですが、おそらく空気椅子しか道は無いはず、、、

2.トイレットペーパーが無い。

「外にトイレットペーパーが売ってるんでしょ?」

と思う方もいらっしゃいますが、違います。

売ってる場所もありますが、

「そもそもトイレットペーパーいらないでしょ?」

と言う挑戦的な考え方の場所があります。

以前、英会話学校の先生のご自宅に遊びに行った際にトイレを利用したら便座とバケツに水があるだけでした。

まぁそういう事です。

これは本当に困りますね!思い切るしか道は無いのですが、トラウマになる可能性もあります、、、

3.流す習慣が無い。

下水の流れが悪く、詰まりやすいと言う理由からか、

トイレットペーパーを流す習慣が無い。

では、どうするのかと言うと

捨てます。

トイレ脇にゴミ箱があり、使用済みのトイレットペーパーをそちらに捨てるのです。

一流のリゾートホテルでもこの習慣でトイレットペーパーは流さないでくださいと注意書きされているくらいなので、これはもはや習慣なのでしょう。

しかし、これを知らないとかなりキツイ!精神的に。

中国や韓国ではこのような公共トイレもあるらしいので順応している感じがしますが、日本人にとってこれはなかなかですね、、、

対策

さて、とは言ってもセブ旅行でトイレを利用しないと言う事は不可能なので、この状況に対する対策をご紹介します。

対策と言っても心得的な感じでもあるのですが、これを知っていると知らないとでは快適さに大きな違いがでますよ!

1.基本的には外で用をたさない事

ホテルの自室で全てを済ませて外出する事がベスト。

これは特に男性に有効な心得です。

問題は便座がない、トイレットペーパーが無い場合なので大をする事を避ければ大きな問題はなくなります。

お腹さえ緩くならなければ大丈夫なので、必ず外出前にホテルでベストを尽くす事ですね!

逆に、女性の場合は男性に比べお腹が緩くなりにくいですが、毎回座らなくてはいけないので女性こそ、かもしれません。

2.用をたす場合はホテルやデパートへ行く事

どうしても用をたす場合はホテルやデパートを選ぶ事。

比較的きれいで、トイレットペーパーは大体あり、便座は場所によりますが、ある確率は高いです。

しかし、油断できないのはホテルやデパートは綺麗な為か常に利用している人がいて30分も空かない事もありました。

なので、

必ずしもトイレが見えたからと気を抜かない事です!

ようやくトイレだと思っていると思わぬ形で我慢を強いられますので気をつけてください!

3.トイレットペーパー・香水を持ち歩く事

遠出する場合は、最悪に備えてトイレットペーパーと香水を持って行くとまだ対応できます。

どうしてもと言う場合にトイレットペーパーがなくバケツだけだと、なかなか割り切る事ができず固まってしまう事になります。

なので、

そんな事にならないようにトイレットペーパーを少しまとめてポケットティシュのように持っておく事です。

まとめ

南国リゾートであるのは間違いありませんが、発展途上国であるのも事実です。

トイレに限らず日本の環境と比べると数倍劣る部分は多々あり、色々とガッカリさせられる事もありますが、これもセブならではの経験として受け入れて、

日本よりも数倍優る開放的な雰囲気と透明な海を楽しんでください!

このように事前に情報を掴んで日本と違う点を把握しておくとより快適にセブ旅行を楽しめるので、関連して「セブ旅行の準備をする際に知っておくべき3つの事」と「セブでの金銭感覚」もご覧になってみてください。

ちなみにセブ島ではトイレの事を「CR」と言いますよ。

スポンサーリンク

シェアする