セブ・ゲテモノ料理代表のバロット

セブ島のゲテモノ料理バロットのサムネイル画像

こんにちは。結構おいしいですよ。ハタケヤマです。

バロット知っていますよね?

名前は知らなくても存在は知っている方は多いフィリピン・ゲテモノ料理の代表。

一言で言うとゆで卵の進化版です。

アヒルが孵化する前に茹でて食べるので普通のゆで卵の見た目ではなくほぼ雛なので、かなりグロテスク。

TVでセブ島が紹介される時は罰ゲームやサプライズ的な扱いとして必ず紹介されるので知っている人が多く、興味を持っている方もいますね。

試すのに度胸がいるのはもちろんですが、どこで買うのかと言うそもそもの疑問があり、結局試せないままセブを後にする人がほとんどです。

そんな心残りがないようにバロットについての詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

バロットとは

バロットの見た目の写真

再度になってしまいますが、バロットはアヒルが孵化する直前に茹でて食べるゆで卵です。

ワインの年代物のように16日・18日・21日モノと言う3種類のカテゴリーに分かれていて、日にちが増えるにつれ、雛も成長しているのでより見た目が雛の形状になっています。

ハタケヤマが以前21日モノを食べた時は、雛と目があった記憶がありますね。

さて、そんな怖いもの見たさで試してみたいと言う方の為にバロットがどこで買えるのか、どうやって食べるのかを紹介します。

どこで売っているの?

どうして観光客がなかなか食べる事ができないのか?

一番の理由として、ほとんどのレストランで取り扱っていないからです。

バロットは道端の暗がりでひっそりと売っているのでなかなか観光客は気づかないですし、分かっていても購入するのに少し怖さがありますね。

バロット売りのセットの写真

発泡スチロールの簡単なクーラーボックスと唐辛子入りビネガーと塩と言うのが基本セットでタタミ一畳もとらないスペースなので、夜になると道路のあちこちでバロット売りがこのセットを展開しています。

ポイントとしては、

  • 大通りの歩道
  • 夜から売り出す事

この2つですね。

昼に売っていない理由と言うのが面白くて、

フィリピン人でも見た目がグロテスクと思っていて昼間だとその姿が見えてしまい食べる人が少ないから。

まぁやっぱり気持ち悪いと思っているのですね。

逆に言うとそれでも食べる人が多い魅力がバロットにはあるのです。

それが味!

バロットの食べ方は?

食べ方は人それぞれですが、フィリピン人が良くやっている食べ方を紹介すると、

  1. 殻に印がついているのでそこを割ります。
  2. そこからまずは、よう液のような汁を飲みます。
  3. 汁を飲んだら、殻をもっとむいて雛が見える形にします。
  4. あとはビネガーと塩をかけてかぶりつきます。

よう液を飲む段階から身震いする方も多いですが、味は言葉では表現できませんが美味しいスープです。

飲むと

アッ、美味しいですね!

と言う方がだいたい。

殻をむいて食べる段階になると表情が硬くなります。

バロットを食べる人の写真

本当に食べるの?

と言う声が聞こえてきそうですね。

まとめ

バロットを食べたいと言う方は、

  • 日が暮れてから
  • 大通りを

歩いて頂ければバロット売りと巡りあえますよ!

とは言え、日が暮れてから街を歩くのはおすすめできる事ではないので、どうしても試してみたいと言う方はラシアンへ行く事をおすすめします。

ラシアンで写真を撮る男性3人の写真

セブ市内にある有名な屋台村で観光客も訪れる安心感のある場所でその入り口にバロット売りがいます。

セブのローカル体験としてバロットとラシアンと言う組合せはかなり刺激的で面白いと思いますよ!

特にバロットは男同士だと度胸試しのような感じになり盛り上がるのは間違いありません!

ローカル体験をしてみたい方はお気軽にご相談くださいませ!

LINE ID:estejapan

相談してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました