アイランドホッピングって何?

シェアする

セブ定番のアクティビティー

アイランドホッピングって何のトップ画像

こんにちは。忙しい方が好きです。ハタケヤマです。

アイランドホッピングって知っていますか?

セブ旅行を調べていれば必ず出てくるワードで、アイランドホッピングかアイランドピクニックで表現されています。

簡単に説明すると、伝統的なフィリピンのボートで小島を巡ってスノーケリングや昼食を楽しむ、まぁ海版の遠足と言う感じですね。笑

正直、それで終了なのですが、意外と気になる方が多くご質問を頂くので、ここで詳しく説明しようと思います!

スポンサーリンク

よくある質問

ナルスアン島ではしゃぐ女性の写真

まぁなんとなくアイランドホッピングのイメージはできるけど、ちょっと気になる事がいくつかある!と言う感じで、ちょいちょい質問を頂くので、

その中の代表的な質問を3つご紹介し、お答えしますね!

Q.1表現が違うのはなぜ?

「アイランドホッピング、アイランドピクニックの違いは何ですか?」

まぁもっともポピュラーな質問ですね。

違いはありません!笑

ただ表現が違うだけで同じ内容なんですよ。

「なぜ同じなのに異なる表現を使うんですか?」

と、食い下がる方の為にもう少し深堀すると、

そもそも「ホッピング」は一つの場所から似たような異なる場所へ行くと言う意味があるので、アイランドホッピングの場合は複数の島を巡る事を指します。

しかし、

現実には1つの島にしか行かないツアーも多くあり、ホッピングと言う表現を使うのに後ろめたさを感じるのか、正しい表現にこだわりたいのかは分かりませんが、

誰かが「ピクニック」と言う表現を使いだした感じですね。

ハタケヤマの推測ですけどね~笑

まぁ厳密に1つの島しか巡らないからアイランドピクニック、

2つ以上巡るからアイランドホッピングと言う使い分けをしているわけではないので、違いはないと思っていただく方が良いですよ!

ローカルの人間は大抵アイランドホッピングと言っているのでそちらの表現を覚えておく方が無難かなぁ・・・と個人的には感じますね。

Q.2何が違うの?

「ホテルのビーチで泳ぐのと何が違うの?」

確かに!

大抵の方はマクタン島にあるビーチ付きのホテルに滞在しているので、わざわざお金を払ってまでスノーケリングしに行かなくても…と考えるのは当然ですね!

しかし、

残念ながらリゾートホテルのビーチは微妙なんです。

外さないマリバゴブルーウォーターホテル
マリバゴ・ブルーウォーターの安定感 こんにちは。リゾートホテル好きです。ハタケヤマです。 安定感は安心感に繋がりますね! ...

ガイドブックや情報誌で見るセブの綺麗な海はほぼアイランドホッピングで訪れる小島の写真を使っていて、そのイメージでリゾートホテルに宿泊している方が多いのですが、

残念ながらセブの海はそこまで綺麗ではないんですねぇ。

事実、高級リゾートホテルに泊まったもののプライベートビーチに満足できなかった方は多いですよ!

なので、

本当にエメラルドグリーンやコバルトブルーのグラデーションが綺麗でカラフルな魚が泳いでいる海を満喫したい方はアイランドホッピングに行くべきですね。

Q.3バンカーボートって何?

「バンカーボートってなんですか?」

少し知っていると次に気になるのが、このバンカーボート。

まぁボートだと言う事は想像できますが、ちょっと気になりますよね?笑

上から見たバンカーボート

いわゆるボートの船体の左右にトリガーと呼ばれる棒があり、波の揺れに強い作りになっているフィリピンの伝統的なボート。

大きいものだと60名以上乗るものもありますが、通常アイランドホッピングで使用されているバンカーボートは20名前後くらいの小~中クラスのものが多いですね。

アイランドホッピングのバンカーボート

アイランドホッピングの一例

アイランドホッピング定番の写真

気になる事も分かりあらかたイメージがついてくると今度は具体的にどんな感じか気になってきますよね?笑

実際にアイランドホッピングはどこの島に行くかと言う部分が一番大きな違いで細かいサービスの違いこそあれど大まかな内容はほぼ違いがありません。

まず、行く島の選択肢としては6つ。

ツアー会社を利用する場合はこの6つの島からどこに行くかと言う感じがほとんどですね。

パンダノン島

どこの島に行くかをベースに催行会社を選べば後の流れは大体同じで、以下のような感じです。

マクタン島の港や店に集合

ほぼ全てのアイランドホッピングはリゾートホテルが多くあるマクタン島内からの出発になります。

マクタン島内のホテルであれば送迎無料の所が多く、セブ市内のホテルなどマクタン島外の所に宿泊していると送迎は有料と言うのが基本。

バンカーボートで各目的の島へ移動

島にもよりますが、定番のヒルトゥガン島は大体30分前後で到着します。島に上陸する前に海の上に停泊してそのままスノーケリングを楽しみます。

スノーケリング

意外かもしれませんが、どこの島でもスノーケリングが楽しめるわけではないんですよ!

もちろんどこの島でもスノーケリングはできるのですが、カラフルな魚を見る事ができる島は限られています。

クルーザーをバッグにスノーケリングをしている男性の写真

写真はオランゴ島。

ほとんどのツアーはスノーケリングをオランゴ島・ヒルトゥガン島・ナルスアン島で行う事が多いですね。

この3つは海洋保護区になっている為、多くの魚が生息していて、安定的にスノーケリングが楽しめますよ!

昼食

各ツアーによりけりですが、

船上でBBQを食べるか島に上陸してBBQを食べるかと言う感じで、ほぼBBQですね。笑

中には、島のレストランや水上レストランに立ち寄るツアーもあります。

韓流ホッピングでの昼食の写真

写真は韓流アイランドホッピングの昼食。

BBQと言うと海と相性抜群で雰囲気最高!

と期待する方も多いですが、まず硬いし、日本の味付けと異なり甘辛ケチャップ的なソースをつけた味付けなのでそんなに食が進まないので、雰囲気だけと思っていただくのがベストですね!

島で食べるとハエも多いので、実際BBQはそんなに良いものではないですね~笑

レストランでしっかりしたご飯を食べる方がよっぽど満足できておすすめ!

セレブアイランドホッピングの昼食の写真

写真はクルーザーアイランドホッピングの昼食。

散策

1つの島で終わるツアーが多いですが、2つの島を巡る場合は移動をして2つ目の島で散策をする事になりますね。

ナルスアン島での記念写真

写真はナルスアン島。

マクタン島へ帰港

各ホテルへ送迎して終了ですね。

出発時間は9時前がほとんどで終了は15時前後と言う感じ。

アイランドホッピングに必要なモノ

注目を集めるイメージができる写真

さて、具体的にもイメージがついてアイランドホッピングに行く気持ちは整ったと思います!笑

そうなると何が必要なのか?

ですよね?!笑

基本的には水着だけです。

ほとんどのツアーにタオルやスノーケルセットなどが含まれているので特別な持ち物は不要ですね。

中にはタオルやスノーケルセットは別途追加費用と言う注釈がありますので、確認は必要ですが。

個人的には羽織れるものを持って行く事をおすすめします。

風が強かったり、水温が低かったりして意外と冷える事が多く、一日水着でいるので気がついたら結構体が冷える事が多いので。

また、面倒ですが1リットルくらいの大き目の水を持ってくと良いですね。

ツアー会社によってボトルの水が無料で1本などもありますが、海水のべたつきをとったり、スノーケリング後に口をゆすいだりと水の消費量はなかなかなかで、かなり役に立つので!

まとめ

アイランドホッピングとは、セブ旅行で海を満喫する為の定番のアクティビティー。

フィリピンの伝統的なバンカーボートに乗って小さな島へ行き、散策したりスノーケリングを楽しんで、セブならではのBBQや昼食を食べる内容です。

ツアー会社によって呼び方はアイランドピクニックと表現している所もありますが、内容は同じですね。

意外とありがちな勘違いとして、セブの海はどこでも綺麗と思っている方が多いですが、

残念ながらそんな事はないんですよ~。

イメージしているようなエメラルドグリーンで白い砂浜があるような場所はアイランドホッピングに参加しないとたどり着けないんです。

セブ旅行で南国らしい海を楽しみたいのであればアイランドホッピングは欠かせないですね!

韓流アイランドホッピング|セブの海を満喫する
ESTEJapanだけのフットマッサージ付きのアイランドホッピングです。セブ島の定番アクティビティー・アイランドホッピングもスノーケリングだけではなく楽しめる独自のアレンジをしています。

セブ旅行で気になる事があればお気軽にご相談ください。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする