ちょっと良いカップラーメン食べてみた

シェアする

少し高いカップラーメン

こんにちは。不健康な生活しています。ハタケヤマです。

フィリピンにも日清のカップヌードルがあり、よく食べています。

お土産にもおすすめしている位でこちらのカップヌードルは日本には無い味付けのものがあり珍しさもあるのですが、単純に美味しいので好んで食べています。

作る手間や時間を考えるとどうしてもファストフードかインスタント系のモノに頼りがちで、それは日本だろうがセブだろうが全く変わらないですね。

おかげでセブのファストフードにはやたら詳しくなりましたが。

関連記事「セブのファストフードを楽しむ

そんな中で見つけたいつものカップヌードルとは違うちょっと高い日清のカップラーメンを食べた時のお話です。

スポンサーリンク

高級カップラーメン

セブには日本でもおなじみのシーフード味はあるのですが、それ以外はフィリピン用の味付けでブタやチキン、ビーフ味と味の想像が難しい風味のものばかり。

セブでのカップラーメンの種類がイメージできる画像

しかし、

これらはどれも美味しい!

味の表現は難しいのですが、間違いなく日本人が食べても美味しいと感じる味付けで、さすが日清!と言う感じです。

フィリピンのローカルブランドでもインスタントラーメンは出ているのですがイマイチ。

味が薄く食べごたえが全くないので、いつも日清のカップヌードルを購入しています。

それもお決まりのスパイシーシーフード味。

これが外さず間違いないので迷う事はないのですが、フッとした時に以前勤めていた会社の美人の先輩から

「同じものばかり選んでるとつまらない男になるよ。」

と言う男にとっては厳しい一言を頂いたのを思い出して、もっと色々試すかと言う気持ちになりました。

そんな気持ちで今回はインスタントラーメンを選んでいると、いつもパッケージからフィリピンブランドと思いこんで候補にすらなっていなかったものに目がいき手に取ってみると、

「NISSIN」の文字が!

高いカップヌードルの写真

しかも、

「ガーリック ポーク トンコツ」

なんとも美味しそうな味。

通常のカップヌードルに比べてかなり大きいサイズでエースコックのスーパーカップと同じ位のサイズですね。

ちなみに、セブでのカップヌードルのサイズは2種類あり、日本にあるサイズと一回り小さいサイズがあります。

フィリピンのカップヌードル

これに決めてお会計をすると50ペソ(110円)。

通常のカップラーメンが30ペソ(70円)でフィリピンブランドのが15~20ペソ(40~50円)なのでかなり高めのインスタントラーメンです。

日本でもある「○○家のラーメン」的扱いのラーメンなのだろうと思い購入。

作り始めると、お湯を注ぐだけではなくシーズニングなどが分かれている高級仕様で少し驚きました。(まぁ日本では当たり前ですが、久しぶりだったので)

高いカップラーメンのシーズニングがイメージできる画像

できあがると、ガーリックとトンコツがコラボレーションした食欲を何とも刺激する絶妙な臭さ!

高いカップラーメンの匂いがイメージできる画像

期待して食べると、、、

「薄い」

匂いとは裏腹にトンコツの味もガーリックの味も全く無い。

日清なのに、、、とガッカリしただけで、これもつまらない男にならない為の経験なのか?と思いながらなんやかんやで汁まで全部飲み干して完食しました。

まとめ

つまらない男にならない為にはガッカリするリスクも含めてチャレンジする冒険心を持たないと行けないんだなぁ

とカップラーメン選び如きで悟った日でした。

ただ、通常のカップヌードルはどの味も外しがなく美味しいので旅行中の夜食にコンビニで購入して食べると何とも言えず美味しいですよ!

夜食で食べるなら辛ラーメンがおすすめ!

絶品!セブで食べる美味しい辛ラーメンの作り方」をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

シェアする