ファストフードを楽しむ

シェアする

セブのファストフード7選

こんにちは。セブ来て野菜食べてないんじゃない?ハタケヤマです。

海外旅行に出ると体験した事無いレストランにトライしてみたいと思い意気揚々と外に出るも、いざ沢山あるローカルなレストランを前にすると

失敗したくないなぁ…

と弱気になり、最初の思いとは裏腹に日本にもあるような世界的なチェーン店に入ってしまう事ありませんか?

この気持ち、ものすご~く良く分かります!

自分は日本でさえ初めてのレストランに入った時はカレーライスやミートソースパスタと言う外さないメニューばかり頼んでしまう程、保守的な性格なので。

しかし、

保守的な人に限らず昼食だったり、アクティビティーで少し夜遅くなってしまったりして軽く何か食べたいと言う時にファストフードはかなり便利で、なんやかんや利用している人も多いはずです。

海外旅行でファストフードって、ねぇ…

と「ファストフード=妥協」と言う考えを持っている方もいるでしょうが、

フィリピンのファストフード店は世界共通のお店でもフィリピン用にアレンジされている所が多く、いつものメニュー以外を見る事ができて新鮮な気分を味わえたり、

フィリピンだけのファストフード店でフィリピン料理を楽しむ事ができたりと、安く手軽にしかも味付けに大きく外れが無いと言う安心感もあり意外と楽しめますよ!

なんやかんや「妥協」と思っていても利用する事になるファストフードをせっかくなら妥協ではなく楽しみとして味わえるようにセブの有名な7つのファストフードをご紹介します!

スポンサーリンク

ファストフード7選

セブには日本にもあり馴染みがある「マクドナルド」「ケンタッキー」「バーガーキング」、中華の「チャオキン」、イタリアンの「グリニッチ」、フィリピン料理の「イナサル」「ジョリビー」の計7つのファストフード店があります。

この他にも多くのファストフード店がありますが、大きなショッピングモールなどに入っているメジャーなお店が上記の7つです。

それぞれの特徴やおすすめメニューを順番に紹介して行きます!

マクドナルド

説明不要の世界No.1ファストフード、マクドナルド。

基本的なメニューは日本と同じですが唯一の違いはお米プラス、フライドチキンのセットが売っている点ですかね。

これはマックに限らずフィリピンのファーストフードの基本なのか、どこのファストフードに行ってもお米プラス、フライドチキンがメニューにあります。

ちなみに、セブでの愛称は関東の「マック」ではなく関西の「マクド」で親しまれています。

関西の方が世界基準なのですかね。

おすすめはペッパーマッシュルームステーキ

マッシュルームペッパーステーキ

ハンバーガーの肉だけ取り出し、マヨネーズ風のコッテリソースにマッシュルームとブラックペッパーをまぶしお米と一緒に食べると言う斬新なメニュー。

このハンバーガーの肉だけ取り出しステーキとして扱う発想は日本人では絶対に出てこない発想だと思うのですが、意外と美味しいです!

しかもお米、飲み物付きで55ペソ(約120円)と言う安さからチーズバーガーセットも頼んでしまうと言うのがハタケヤマの定番となっていますね。

新メニューとして登場したので2017年だけのモノかもしれないのですが、個人的には定番メニューになって欲しい一品です。

ケンタッキー

こちらも説明は不要ですね。

フライドチキンでお馴染みのケンタッキーですが、フィリピンでは全てのお店でフライドチキンがおいてあるので際立った特徴が無いと言う感じになっています。

メニューは日本と同じ感じなのですが、やっぱり米が付いていると言う点とグレイビーソースが付いていると言う点が違いですかね。

おすすめはフレーバーショット

フレーバーショット

2017年の新メニューで99ペソ(約210円)でお米、から揚げ、スープ、チョコケーキ、飲み物が付いてくるボリュームに大満足できるセット。

他のファストフードに比べ特徴が弱いケンタッキーは量で勝負と言う感じがして、ファストフード店の中では価格とボリュームと言う点で一番満足感があります。

ただし、競争が厳しいのかチョコチョコ金額が変わったり新メニューの入れ替えがあったりするのでタイミングによるのかもしれません。

バーガーキング

フィリピンでもハンバーガーで勝負しているバーガーキング。

マクドナルドもフィリピンスタイルに合わせお米中心のメニューを作ったりしている中、あくまでハンバーガーで勝負しています。

なので、

一番ブレていない味のファストフードとも言えます。

バーガーキングのメニュー

100ペソ以下(約215円)が中心のファストフード店と違い150ペソ前後(約310円)となっています。

チャオキン

チャオキンの外観

中華料理に特化しているチャオキン。

フィリピンは中華系の企業が多く、SMなど大きなショッピングモールのオーナも中国人であったりする事から中国の文化、料理が浸透しています。

チャオキンは100ペソ以下で中華料理が味わえるとあってフィリピン人にも愛され多くの人で賑わっている人気のファストフード店です。

オーダーが入ってから作ると言う事もあり、少し時間がかかるのがネックではあるのですが、その分できたての温かくて美味しい料理が味わえると言うのが良さですね。

チャーハンとチキン

チャーハンとチキン

ワンタンメン

ワンタンメン

フィリピンはコッテリした味付けが好まれるためか、どこのお店もフィリピンテイストに合わせている中、チャオキンは中華の味をしっかりと守りフィリピン流にアレンジされておらずアッサリ塩味を楽しめます。

金額も80ペソ(約170円)以下の商品が目立ちかなりお得な感じがあり、満足度は高いです!

グリニッチ

グリニッチ

大きなショッピングモール内しか見かけない小規模なイタリアンのファストフード店。

イタリアンレストランやピザ屋さんは珍しくなく馴染みのあるピザアラや独自のアルバートズピザと言った宅配ピザもあります。

しかし、ファストフードで本格的なイタリアンを扱っているのはグリニッチだけかもしれません。

少しづつ色々なモノを食べたいと言うニーズを見事にとらえた満足感あるセット。

グリニッチのセット

セブでは珍しいラザニア

ラザニア

フィリピンのイタリアン、特にパスタは甘いトマトソースが中心で日本人からするとイマイチな感じですが、グリニッチはしっかりとしょっぱさがあるので美味しいです。

ただ、ほかのファストフードに比べ店舗が少なく見つけづらいと言う事と100ペソ以下のメニューが少なく高級な分類になっている事が残念。

イナサル

イナサルの外観

緑と黄そして赤と馴染みのある信号カラーが特徴的なイナサル。

「揚げのジョリビー」、「焼きのイナサル」と言う感じで鶏肉のBBQをメインで提供していて基本的な味付けは、お醤油とお酢にお好みでチリとフィリピン定番の調味料「カラマンシー」(スダチのようなモノ)を入れるフィリピン定番のソースでBBQを味わい、中には手で食べている人も居てかなりフィリピンスタイルなファストフード店です。

なので、

旅行で来た方におすすめ!

特徴としてライスのおかわり自由と言うのがあり、お米大好きフィリピン人の心を見事に掴んでいます。

お店はショッピングモール内などに入っている事が多く閉店時間が他のファストフード店に比べると早いので昼間がねらい目かもしれません。

おすすめはパラボク

パラボク

春雨の上に海鮮のアンをかけた麺料理。69ペソ(約150円)

これはセブの隠れ絶品料理と言っても過言ではない程、美味しい!

味わいは最初、口の中にはアンの濃厚な味わいが広がるのですが、食べているうちにカツオだしっぽい魚介のダシがきいていて不思議と最初の濃厚な感じからサッパリとした味わいに変わり一気に食べてしまいました。

想像以上にカツオのダシがしっかりとでているので日本人向けで、好みでかけるカラマンシーが絶妙にマッチします。まるで、フグ刺しにスダチを少し垂らして食べるかのような感じで旨みを引き立てる酸味です。

ファストフードでこの味は驚く事間違い無し!

わざわざパラボクを食べにイナサルへ行っても良いレベルですよ!

ジョリビー

ジョリビーの外観

フィリピンのNo.1ファストフード店。

セブに居れば必ず一度は目にする写真の人形が目印のジョリビーです。

メニューの中心はフライドチキン。

とにかく街のいたる所にあり、24時間(お店による)営業しています。

どこの店舗も常に多くの人が店内に溢れて賑わっている、フィリピンファストフード界のドンと言える存在ですね。

ジョリビー人形と写真を撮るのがセブ定番の記念写真にもなっているとかいないとか。

おすすめはアルティメットバーガーステーキ

ジョリビーのコンボ

ハンバーガーにポテト、卵焼き、ドリンクのついたセット。86ペソ(約180円)

ジョリビーメニューの中で随一のコストパフォーマンス

ボリュームもさる事ながら味も大満足の一品です!

基本おかずをゴッチャにしてご飯と食べるのがフィリピンスタイルなのですが、見事なハーモニーが生まれ、「ガーリックライス」のコーンビーフシログに匹敵する旨さ!

まぁこのたとえが絶対に分からないでしょうが、要はカレーのような感じで、ご飯と一緒に食べて完成するような感じですかね。

チキンと違いコンビネーションで味が変わるので、7通りの味わいが楽しめ飽きる事なくアッと言う間に食べ終えてしまう程なのに、価格はジョリビー内でも低価格に分類されていると言う驚きの事実。

是非、試してほしい一皿です!

まとめ

このように世界展開しているようなファストフード店であっても日本でのメニューと違いがあったりしてプチサプライズな感覚が味わえますよ!

また、フィリピンオリジナルのファストフードも味は良く嫌いな人がいないような万人受けする味付け、むしろ日本人好みに仕上がっていますのでおすすめです。

なんやかんや言ってもセブ旅行中に1回はどこかしらのファストフード店に行く機会があるはずです!

仕方ないかぁ…

みたいに「ファストフード=妥協」にならずにあそこのファストフード行ってみたかった!と前向きに楽しみながら選んでみてください!

スポンサーリンク

シェアする