グヤバノが切り開くセブ土産新時代

シェアする

セブ土産はグヤバノの時代へ

お土産新時代グヤバノの画像

こんにちは。お土産には個性が必要だと思う。ハタケヤマです。

セブ土産、ドライマンゴーでいいと思っていませんか?

「セブ=ドライマンゴー」みたいな方程式で喜ばれる程、今のお土産の世界は優しいモノではありませんよ!

お土産は渡して終わりではないのです!

お土産を渡した事で会話が弾みどんな旅行だったのかなどを話して盛り上がるのが本来のお土産の果たす役割だとハタケヤマは声を大にして言いたい!

それが、定番のドライマンゴーにしてしまっては、

「あっ、セブ行ったんだねぇ。ありがとう。」

と相手の興味は全く引けずあなたのセブ旅行を安易な想像で片づけられて終了ですよ。

とは言え、セブお土産界に長く皇帝の如く君臨し続けているドライマンゴーを相手に戦えるのはバナナチップスくらいだし、どうしようもないと諦めていませんか?

そんなお土産の二皇帝を打ち負かすポテンシャルを秘めているルーキーがいる事を知らない人は多いです。

なので、

相手の興味をグッと引き付けるセブ土産の新時代を築き上げるルーキー「グヤバノ」の魅力についてたっぷりとご紹介します。

スポンサーリンク

グヤバノとは

グヤバノ

グァバは聞いた事あるかと思いますが、発音違いとかではありませんよ!

グヤバノは緑色のドリアンと言う感じの見た目でリンゴのように木に生っています。

グヤバノの木と実がイメージできる画像

日本ではなかなかスーパーなどでもお目にかかれない珍しいフルーツですが、セブでは普通の民家や街中にもあるくらい珍しくない果物。

見て分かるように表面の皮はゴツゴツしていてとても果物とは思えないのですが、味はヨーグルと風味と言う絶対に想像できない味を持っています。

グヤバノは抗癌作用があると言われていてグヤバノの葉を煎ってお茶として飲んだりもされていますが迷信であるやら科学的に根拠があるやら完全に真っ二つに割れているので確かではないのですが、

ビタミンCを始めビタミンB、鉄、マグネシウム、カリウムなどが豊富に含まれているので肌に良く美容効果がある事や健康維持に良いのは確かです。

グヤバノの効果について詳しくまとめた「グヤバノの効果」もご覧になってみてください。

そもそもフルーツで体に悪いモノって無いんじゃない?

と言う感じでグヤバノもフルーツなのでやはり体に良い効果があるのは間違いなさそうですけどね!

セブ土産の新時代を切り開く

注目を集めるイメージができる写真

この見た目イマイチのグヤバノが皇帝ドライマンゴーを打ち負かし、セブ土産新時代を切り開けるポテンシャルを持っているとは信じられないかもしれません。

しかし、

皇帝とは比較にならない程のルーキーらしい新鮮なインパクトを与えてくれるのは間違いありません!

グヤバノのポテンシャル

では、セブ土産の皇帝ドライマンゴーの時代を終わらせる程のポテンシャルはいかほどのモノか、グヤバノの会話を自然に弾ませる3つの力をご紹介します!

1.無名の力

渡した瞬間に

「これ何?」

と言うアクティブなレスポンスがあるのは必至。

ここでグヤバノだよと言っても、

「だから何?」

と相手をクエスチョンマークだらけにしますね。

この次から次に疑問が相手の中に生まれる事でお土産本来の果たすべき役割である会話を盛り上げる事が自然に成り立つと言う無名の力を持っています。

2.見た目の力

パッケージを見た瞬間の相手の嫌そうな反応をしっかり確認してください。

この反応が自然です。

すかさず、

「自分も最初はなんだコレと思ったけどさ!」

と言う話をすれば自然とセブの思い出話しにつなげる事ができますね。

このセブの思い出話に繋げる事ができる見た目の力は絶大です!

3.味の力

見た目と味のギャップはもらった人に衝撃を与えます!

自分自身も味わったこの衝撃を目の前で見れる優越感も味の力の一端と言えるでしょう。

もし、目の前で食べていなくても、必ずリアクションが来るのでどちらにしても優越感を味わえますよ!

お土産として渡すには2種類のグヤバノがあります。

1.ドライグヤバノ

ドライマンゴーと同じコーナーに置かれているのですが、まず見向きもされません。

見た目のまずそうな感じと全く馴染みのない名称に手に取る方はほとんどおらず、アウトオブ眼中と言う感じでしょうか。

ドライマンゴーやバナナチップスの陰に隠れていたこのドライグヤバノ、

ドライと言うわりにはかなりしっとりとしていて、少しもっちりした歯ごたえさえあります。

味はと言うと、

乳酸菌100億個入りグミのようなサッパリとしたヨーグルト風味で美味しいです。

癖がなく臭いもきつくないのでフルーツが苦手な人でも問題なく食べれるような万人受けする味。

そして嬉しいのが金額。

まだマイナーで人気がないからか100グラム30ペソ(70円)とドライマンゴーの半分位の金額で買えちゃいます。

ドライグヤバノ

ドライグヤバノなどドライマンゴーの陰に隠れているドライフルーツは意外とあり新しい発見もありますので「ドライフルーツの食べ比べ」もご覧になってみてください。

2.グヤバノジュース

セブでは粉を水に溶かして飲むと言うのがポピュラーでコーヒーや紅茶はもちろん、フルーツジュースもバリエーション多くあり、グヤバノももちろんあります。

ちなみにコーヒーの全種類を試したレビュー「セブの粉末コーヒー」もありますよ。

グヤバノジュース

どこのスーパーでも見つける事ができ一袋15~20ペソ(40~50円)で売られています。

この一袋でコップ4~5杯分位のジュースが作れるのでかなりお得な金額。

作り方は簡単で単純に粉をお湯で溶かし切って原液を作り、それを水で薄めて飲むと言うカルピス方式です。

これがうまい!

マンゴージュースの濃厚なコッテリとした甘さと違いかなりすっきりした爽やかな甘さ。

フルーツ?と思うほどで後味はほのかなヨーグルト風味ですっきり、激しい運動の後やのどがカラカラの時にグイッといけるほど爽やかです!

これが一番おすすめ!

まとめ

グヤバノの持つポテンシャルを分かって頂けたと思います!

皇帝ドライマンゴーとは違い

無名な果物である事、見た目と味にギャップがあると言う事で会話が弾む事は間違いありません!

一番不安に感じているのは味の想像がつかない事でしょうから、まずはホテルでマンゴーシェイクと言いたくなる気持ちをグッと抑えて、グヤバノジュースを頼んでみてください!

グヤバノの美味しさを実感できます!

一度、味を知れば上記で説明したセブ土産新時代を切り開くポテンシャルを実感する事でしょう!

自分自身が感じた驚きと興奮をそのままお土産にして日本にいるお友達とシェアする事が出来るのがグヤバノの一番の魅力。

「あっ、ありがとう」で終了してしまう旧時代から「何これ?」と会話の弾むセブ土産新時代を是非体験してみてください!

皇帝以外のお土産を買いたい方はお気軽にご相談くださいませ!

現地在住の日本人が親切にお答えいたします。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする