女子だけの3泊4日「セブ女子旅ゆったりプラン」

シェアする

セブを満喫する女子旅3泊4日

こんにちは。引きこもりがちです。ハタケヤマです。

女子だけのセブ旅行、それぞれ目的は異なると思いますが、今回のプランは日本を忘れて南国気分でゆったりと過ごしたい方におすすめの「南国ゆったりプラン」を作ってみました。

テーマとしては南国らしい美しい海を感じながらゆったりと体と心を休めながら友達と楽しい時間を過ごすそんな女子旅のモデルプラン。

日本でのせわしない喧騒を忘れてのんびりリフレッシュしたい方は必見ですよ!

スポンサーリンク

プランの概要

スケジュール

今回はバニラエアの直行便を利用した場合として到着時間・出発時間を考えてスケジュールを組んでいます。

バニラエアは2016年12月25日にセブへの就航を開始したばかりで、到着・出発時間は今後変更される可能性が高いのであくまで参考として見てください。

女子旅ゆったりプラン

予算

こちらのプランは航空券とホテル代を含めて1名合計12万円以下の予算。

■予算の詳細

項目 金額
航空券 50,000円未満
ホテル代 40,000円未満
食費 15,000円未満
ツアー代 10,000円前後
その他 4,000円前後

※個人、時期による所もありますので、あくまで目安として捉えてください。

ホテル

今回のテーマでもある「南国気分でゆったり過ごす」にはホテル選びが一番大事。

セブのホテルは当たり外れがあり、お金をかけても良いホテルに泊まらないとせっかくの南国気分が思いもよらない形で台無しになる事があります。

例えば、雰囲気は良いが料理が美味しくない、お湯の出が悪い、タオルが汚いなど些細な点でガッカリさせられる事は良くありますよ。

なので、

少し高級なホテルを選択してみてください。

おすすめホテル

おすすめは「プランテーションベイホテル」。

高級とは言えセブ島内での事なので、驚くほどの金額ではなく一泊一人1~1.5万円前後で泊まれます(2名以上の場合)。

プランテーションベイホテルはコンドミニアム型ではなく半ヴィラタイプのような作りで広大な土地の中、プールを囲むように各部屋のヴィラが点在していて、

落ち着いた雰囲気でホテル内は馬車で移動できたり、プールにはバーがあったり、イタリアンやブュッフェなどが味わえるレストランが4店舗あり海を見ながら食事を楽しめます。

一日中ホテルに居ても飽きないほどホテル内のアクティビティーも充実しています。

アメニティーの充実、お風呂・トイレの設備、スタッフのサービスも一流で些細な事でガッカリさせられる事もなく金額以上の価値を感じる事は間違いありません!

今回のテーマである「南国気分でゆったり過ごす」にぴったりなのが「プランテーションベイホテル」ですよ。

プランの詳細

1日目

ホテルへ直行しホテル内でゆっくりと過ごすスケジュール。

19:00セブ空港到着

到着してからも入国審査、荷物受け取りで1時間程かかります。

ホテルまでは30分前後で到着。

チェックインを済ませて一息つきます。

20:30-夕食&散策

夕食はホテル内にある4つのレストランから選べるので気分に合わせたレストランを選択すると良いでしょう!

おすすめは海を見ながら食事ができるレストラン「フィジー」。

テラス席はプライベートビーチを眺めながらロウソクの光の中で食事をするとても落ち着いた雰囲気が味わえます。

レストランの名称はフィジーですが料理自体は海鮮を中心とした日本食や韓国料理、フィリピン料理なので癖もなく美味しくいただけますよ。

夕食後は、ホテル内のビーチやプールの周りを散策してみて下さい。

月明りの中、波の音を聞いているだけで日本を忘れゆったりした別空間を堪能できます。

また時期によっては生バンドの演奏をホテル内ビーチでしている事もありますので、カクテルなどを飲みながら南国らしい音楽を楽しむ事もできます。

予算は1名2,500~3,000円。

2日目

午前中はホテルのプールやビーチで過ごし、午後からセブ市内へ出かけてゆったりとショッピングをし、その後セブ市内の夜景が楽しめるレストランへ行き、夜景が美しい「トップス」でセブ市内を一望しながらゆったりした時間を過ごすスケジュール。

-13:00ホテル満喫

ホテルの朝食は豪華なビュッフェ。

水着のままでも問題ないので水着でレストランへ行きパンはもちろん麺やご飯などしっかりと朝食をとり、マンゴーやパイナップルなど新鮮なフルーツを食べて南国の朝食を満喫します。

そのままプールのバーでドリンクを飲みながら一息ついて、ビーチに行ったりプールで泳いだり、人口ビーチでカヤックを体験したりと思い思いの時間の使い方でゆったりできます。

昼食はホテル内にあるファストフードでハンバーガやポテトのような軽食で小腹を満たします。

予算は1名1,500~2,000円。

13:30-17:00ショッピング

午後からはセブ市内のショッピングモール「SMセブシティー」へ出かけショッピングを楽しみます。

見て回るだけで2時間以上かかるほど広いので自由に見たいところを回れるようにたっぷり時間をとっておきゆっくりとお買い物を楽しみましょう。

SMセブシティーはポップアップショップが多いので少し疲れたらそちらでお茶をしたりしながらゆっくりとブラブラしてみてもいいかもしれません。

SMセブシティーの楽しみ方をご紹介していますのでよろしければ「セブのショッピングは香りを楽しむ!」をご覧になってみてください。

17:30-22:30夕食&トップス

レンタカーを借りてトップスへ向います。

レンタカーと言っても運転手が付いていますので、運転の必要はなく、行きたい場所だけ指示すれば大丈夫。

予算は1台5時間で4,000~5,000円くらい。

トップス周辺には沢山のお洒落なレストランがありますので気分や雰囲気にあわせてお店を選択してください。

おすすめは「アンザニ」。

お洒落レストランの先駆け的なレストランです。本格的なイタリアンを落ち着いた雰囲気の中で味わえます。

テラス席と店内とで雰囲気が異なり、店内はクラシックな中に遊び心あるインテリアで落ち着いています。

テラス席は森の中、ロウソクの灯りだけでいるような温かく落ち着いた雰囲気。

予算は1名3,000~4,000円くらい。

アンザニの雰囲気

トップスは観光地として有名で、セブ市内をパノラマで眺める事ができる展望台のような広場です。こちらは特に夜景が綺麗で、市内のライトと星空がつながっているかのような幻想的な世界が広がっています。

また、山の上でとても空気が澄んでいて、気温も少し低く過ごしやすい環境です。セブ市内の夜景を見ながら、ビールを飲みながら幻想的でゆったりした世界を楽しめるのがトップスです。

詳しくは「トップスの夜景以外の3つの魅力」をご覧になってみてください。

トップスの夜景

3日目

ホテルでゆったり過ごしてからサンセットが楽しめるレストランで夕食を堪能して、セブならではのおかまのショーを見て頂き、高級SPAで体と心を癒していただくスケジュール。

-17:00ホテル満喫

ホテル内人口ビーチではカヤックなども楽しむ事ができます。

ビーチやプールサイドでのんびりしたりカヤックなどで少し運動してプールを楽しんだり思い思いの時間を過ごせますよ。

昼食もプールサイドで食べる事ができます。

予算は1名1,000~2,000円くらい。

17:30-19:00夕食(ランタオ)

ホテルでのんびり過ごした後はマクタン島内で有名なお洒落レストラン「ランタオフローティングレストラン」。

ランタオの外観

こちらは海に浮いているレストランで海を一望できるのが魅力です。特に夕方に行くと太陽が海を赤く染める神秘的なサンセットは必見です。

料理はフィリピン料理で日本人も抵抗なく食べれる味付けです。

そんなランタオでサンセットを眺めながらの夕食の時間をゆったりと過ごして頂きます。

予算は1名1,000~2,000円くらい。

追記2017.7/14

ランタオでのサンセットとは違う海の上で豪華客船から見るサンセットもおすすめ!

サンセットクルーズのツアーイメージができる画像

セブ島で今、大人気の豪華クルーザーで料理を楽しみながら夕陽を楽しむサンセットクルージングツアー

なんと言っても豪華なクルーザーで海に出れると言うのが魅力。

サンセットクルージングで使用するクルーザーの写真

そして、飲み物は飲み放題でご飯も付いていて一人3,000ペソと言う見た目の豪華さとは裏腹に庶民的な金額と言うのも人気の秘密。

サンセットクルーズの夕食がイメージできる画像

人気の「サンセットクルージング」は一日の定員が決まっていますので早めにご予約ください。

お申込みはこちら

20:00-21:00アメージングショー

夕食でゆったりとした時間を過ごしていただいた後は少しの刺激としてセブならではのゲイ(おかま)のショー「アメージングショー」を楽しめます。

全席指定席でゆったりと観覧していただけます。

ショー自体は全員男と言う驚きもさることながら、ショーとしての完成度の高さに驚き、とても楽しい時間を過ごせます。

詳しくは「セブの夜はおかまにアメージング!?」をご覧になってみてください。

21:30-23:00SPA

セブはSPAも人気があり沢山のSPAが日本の半額以下で受けられます。

安い所は500円前後でマッサージを受けれますが、テーマである「南国気分でゆったり過ごす」とはかけ離れてしまいます。

なので、

おすすめのSPAは高級な「ノアスパ」。

南国らしくSPAの中はプルメリアが咲き乱れています。

ヴィラタイプの完全個室になっていますので、ゆったりと友達同士だけでマッサージを受けられます。

美容にもよくナチュラル志向の海外セレブの間ではお馴染みになっているストーンマッサージがウリでセブ随一と評判のスパ。

ノアスパ

4日目

空港でお土産を購入したりして日本へ帰国します。

帰国の際は750ペソの空港税が必要なので全て使い切らないように気をつけてくださいね!

セブから帰国までの3ステップ」に注意点をまとめてます。

まとめ

今回のプランはとにかく「南国気分でゆったり過ごす」事を中心にしたプラン。

一番大事なのはホテルなので、そちらにお金を使いながら、雰囲気の良いレストランや観光地を無理のないスケジュールでまわるように作りました。

ホテルに関してはホテル料金比較『トリバゴ』で最安値をチェック! 

セブ島へきて海を満喫する為に、アイランドホッピングやマリンスポーツに出かける方が多いですが、一番金額をかけているホテルを満喫する方は意外と少ないです。

良いホテルに泊まっているのに外でのアクティビティーを中心にしていては、寝るだけの為に3~4万円使っているようなもったいない事になります。

ほどよくアクティビティーを入れて、ホテルの雰囲気を思いっきり満喫するのがおすすめ。

日本を離れてゆったりと過ごす予定が意外とバタバタしてしまいかえって疲れた。なんて事が無いように、こちらのプランを参考に無理なくゆったりと過ごせるセブ旅行を計画してみてください。

あまりにゆったりし過ぎて退屈だなと感じる方は「女性の為のナイトツアー5つ」で少し刺激を加えるとメリハリがついてよりゆったりのありがたみがでます!

ESTEJapanではこのような感じで各お客様に合った最適なオリジナルプランを無料でご提案させて頂きます。

興味のある方は下記、またはLINEよりお気軽にお問合せ下さい。

LINE ID:estejapan

とりあえず相談してみる

スポンサーリンク

シェアする