男子だけの4泊5日「セブ男旅定番プラン」

シェアする

セブ旅行の定番を抑える男旅4泊5日

男旅4泊5日の定番プランがイメージできる画像

こんにちは。死ぬ気で遊べ。ハタケヤマです。

4泊5日もあると何をするのか分からない・・・

そんな贅沢な悩みを持つ方は意外と多いです!

男性は女性に比べ宿泊する所の雰囲気や料理の味よりも遊ぶ事を重視する傾向にあり、日常を忘れるかの如く昼も夜も遊び尽くそうと意気込んでくる方が多いです。

しかし、

「セブに着いてからやる事決めればいいっしょっ!!」

と言う軽いノリで来る方が多いのも事実で、当初の遊び尽くす気持ちとは裏腹に思いの他ホテルで過ごす時間が多いと言う事がよくあるパターン。

そんな残念な事にならない為にも、昼も夜も遊び尽くせる4泊5日プランを作りました!

4泊5日を1分たりとも無駄なく楽しめる男旅の定番プランをご紹介します。

スポンサーリンク

プランの概要

スケジュールの大枠

今回はバニラエアの直行便を利用した場合として到着時間・出発時間を考えてスケジュールを組んでいます。

バニラエアは2016年12月25日にセブへの就航を開始したばかりで、到着・出発時間は今後変更される可能性が高いのであくまで参考として見てください。

2017年10月28日時点の便でセブ着14:30の東京着21:10。

男旅4泊5日の定番プランのスケジュール画像

予算

こちらのプランは航空券とホテル代を含めて1名合計12.5万円以下の予算。

■予算の詳細

項目 金額
航空券 50,000円未満
ホテル代 7,000円未満
ツアー代 エクストリーム 約8,000円
ダイナミック 約11,000円
グランドネイチャー 約12,500円
韓流アイランドホッピング 約10,100円
ダズリングナイト 約6,500円
食費 4,000円未満
その他(KTV・マッサージなど) 5,000円~15,000円前後

※時期による所もありますので、あくまで目安として捉えてください。

ホテル

ホテル選びがこのプランで一番大事な事とも言えます。

あくまで目的は遊び尽くす事なのでホテルは寝るだけと割り切り宿泊費を節約して遊び代にする事がポイント!

実際にホテルは寝るだけになりますので、高い金額を出してリゾートホテルに泊まる必要はありません。

なので、

男旅に最適なホテルはセブ市内の「ビジネスホテル」。

昼も夜も遊び尽くそうとしたら、金額的にも立地的にもこの選択が必須。

よくある失敗例としては、せっかく南国に来ているからと言ってマクタン島にあるリゾートホテルを選択してしまい市内に移動するのに無駄な時間とお金を使ってしまうパターン。

マクタン島は夜遊びには全く向いておらず、彼女と来ていたり、ダイビングやマリンスポーツを楽しみたい方以外は確実にセブ市内がおすすめ。

今回の男旅プランで一番大事な事なので再度お知らせしますが、

ホテル選びは必ずセブ市内のホテルを選択する事。

おすすめのホテル

ビジネスホテルで金額を節約すると言ってもある程度の設備が整っていないと楽しめません。

金額だけで選ぶとお湯が出ない、うるさい、トイレが汚いなど不快な思いをしてしまいますので、そんな事がないように3つビジネスホテルをおすすめします。

  • baiホテル
  • 東横イン
  • コペンハーゲンホテル

baiホテルは2017年9月にオープンしたホテルでビジネスホテルとは思えない豪華な作りとリゾートホテルに匹敵する充実の設備が特徴。

バイホテルの魅力と価格
2017年9月にオープンしたbaiホテル(バイホテル)はパークモールの近くにあり人気急上昇中で、高級ホテル並みの施設に豪華なビュッフェ、丁寧な接客など魅力たっぷりのビジネスホテルですが、実は大手サイトからの予約だと1泊3,000円も損していますよ!

東横インは説明不要で2017年4月にセブでオープンした期間店でセブでも日本クオリティーを味わえる安心感が特徴。

東横インの衝撃
2017年4月28日にオープンする東横インは日本クオリティーをセブ価格で提供します。旅費を大きく節約しながら快適に過ごせる東横インの魅力をご紹介します。

コペンハーゲンホテルはセブ市内とマクタン島をつなぐ橋の近くにある立地の良さと2名1部屋3,500円前後の金額とは思えない清潔感が特徴。

コペンハーゲンレジデンスホテル

baiホテルとコペンハーゲンのお申込みはESTE Japanがお得ですのでご興味がある方は下記よりお気軽にお問合せください。

ホテルについて問合せ

プランの詳細

1日目

到着後ホテルのチェックインを済ませて、エクストリームツアーで絶叫と共にセブのローカル体験をしてからクラブで出会いを求めに。

エクストリームツアー

偽物市が楽しめるパークモールでお買い物をして、

TV番組で必ず行く屋台村ラシアンで雑多なアジアの雰囲気の中夕食をとり、

セブで唯一のアトラクション「クラウンリージェンシーホテル」内にある「スカイエクスペリエンス」で思いっきり絶叫しながら夜景を楽しむツアーです。

エクストリームツアーのトップ画像

偽物市はその名の通り偽物ブランドが売っているお店で見ているとついつい欲しくなってしまう男心をくすぐる高級時計や財布が目白押し。

何百万円のものが1万円以下で手に入るのですが、あくまで偽物ですからね!

偽物市でロレックスを購入した事がイメージできる画像

そして、やっぱり発展途上国フィリピンらしい少しドキドキでTVで見るようなローカル体験もしてみたいのが男の子。

TV番組でセブを特集する際に必ず行く屋台村ラシアンへ行けば、まさにTVでみるようなローカル体験が味わえますよ!

ラシアンで記念写真

写真は男だけでは無いのですが、別のツアーで知り合った女の子と一緒にラシアンに行ったと言う男旅のある意味ゴール的な憧れのパターンです。

セブ旅行を2倍楽しんだ事例
セブ旅行は海ではしゃいだりスパでのんびりするのも良いですが、親しみやすい独特の空気の中でツアー参加者同士で仲良くなるとその後の旅行は2倍楽しくなります!そんな男女の出会いで旅行をより楽しんだ方々を紹介します!

アトラクションはホテルの高さ(約100m以上)を活かした絶叫マシーンや絶叫体験ができる場所。

男にありがちな度胸試しの一つとして盛り上がる事必死!

スカイウォーク

行く前はメチャクチャ盛り上がっているのですが、エレベーターに乗るとなぜか皆うつむきしゃべらなくなり、いざその場に立つと、血の気の引いた後悔の顔をします。

この姿は、後で見返すとかなりいい思い出になりますよ!

特におすすめはエッジコースター。

エッジコースター

ビルの端をマシーンで周ると言うモノですが、安全バーが足の太ももを挟むだけで、落ちてしまうのではないかと言う恐怖の中、真下を見ながらゆっくり動いたり、途中早く動いたりと予測不可で進んでいきます。

「フィリピンクオリティーで本当に安全は確保されているの?」

と考えると怖さは3倍になりますよ!

クラブ

やはり、男旅に欠かせないのが夜の出会い。

以前はマンゴーストリートにあるジュリアナと言うクラブに行けば全て事足りたのですが、場所を移転した事により以前の活気は全くなくなりました。

今はオクタゴンやリブなどが観光客に人気です。

フィリピンのクラブは8割は出会い目的なのでクラブへ繰り出せば間違いなく出会えます。

しかし、

クラブの特徴によって少しテイストが異なりますので事前のリサーチが必要なのと、英語ができないなどで話かけられないと出会えないので、一杯飲みに行くくらいの気持ちで行くのが良いかもしれませんね!

クラブハチのイメージ写真

いや、クラブとかちょっと苦手・・・

と言う方にはもっと手っ取り早いビキニバーがおすすめ。

ここに行けば飲むだけもできますしお手頃かつお値打ちな出会いがありますよ!

KTVとビキニバーの違い
セブの夜遊びで検索すると「KTV」「ビキニバー」と出てきますが実際何が違うのか良く分から無い方も多いはず。そんな違いも含めて、おすすめのお店がどんな雰囲気でどんな楽しみ方ができるかタイプ別でご紹介致します。

2日目

ダイナミックツアーで朝からセブの自然の中、川のトレッキングや滝からのジャンプなどアクティブに体を動かして、カジノで一攫千金を狙って、カジノで得たあぶく銭でKTVを満喫。

ダイナミックツアー

とにかく盛り沢山でセブの自然を楽しめる内容。

まずは、川遊び、激流や岩、崖を越えて滝を目指して、最大7mからジャンプ、

そして、温泉で一息ついたら、今度はジップラインと言うターザンロープのようなモノで湖の上を800m駆け抜けます。

ダイナミックツアー

滝は3段階の高さがあり3・5・7mとあります。

ここでも度胸が試されて7mに挑むもその場に立つと飛べないと言う方が多いのですが、男旅だったら7mにチャレンジでしょ!

目玉の滝ジャンプに挑む男性3人の写真

実際に7mを飛んだ方は10人未満と数えるほどの男性しかいません。

初の7メートルジャンプ成功者
ダイナミックツアーでは滝ツボへジャンプするアクティビティーがあり、ビルで言う2階建て、3階建て、4階建ての高さから選べるのですが、ツアーを開始して初めての7メートル(4階建て)ジャンプの成功者がでました!

2番目の7mジャンプ成功者の写真

ジャンプ以外にも川遊びは楽しくて、とにかくテンションあがる事間違いなし!

水圧でマッサージを楽しむ男3人の写真

川遊びの後は温泉でのんびり。

温泉でのんびりする3人の男性の写真

洞窟のような温泉で想像以上に幻想的でこれまたテンションあがります!

昼食をとって、

ダイナミックツアーで昼食を食べる男性3人の写真

ジップラインと乗馬。

ジップラインの写真

ジップラインだけしたくてダイナミックツアーに申し込んだと言う方もいる程でかなり人気のアクティビティーですよ!

乗馬を楽しむ様子がイメージできる写真

最後はのんびりと馬と戯れて終了。

ツアー終了後は、夜の部に備えホテルで一休み。

カジノ

先ずはカジノで軍資金を確保!

セブで最大のカジノがあるウォーターフロント・セブシティーへ。

カジノ

カードゲームやスロットなど豊富にあり24時間営業の為、お金の許す限りぶっ通しで楽しむ事もできるカジノ。

スロットマシーンよりもカードゲームなどのテーブル系のカジノが海外っぽくて盛り上がりますよ!

ブラックジャックなどルールを何となく知っているゲームもあるので一勝負して軍資金を増やしましょう!

詳しくは「カジノで一攫千金も!?」をご覧になってみてください。

また、夜ご飯はウォーターフロント周辺にあるステーキショップ「カサヴェルデ」やフィリピン料理のレチョン(ブタの丸焼き)が楽しめる「ズブチョン」、お洒落メキシカン料理の「ムーンカフェ」など有名なレストランで味も良くボリューム満点でガッツリ食べれますよ!

KTV

最後はKTV。

KTVで楽しんでいる様子がイメージできる画像

日本のキャバクラと同じような感じですが、トークを楽しむと言う感じではなくボディーコミュニケーションを楽しむ感じですね。

金額の安さと女の子の数に圧倒され、間違いなく盛り上がりますよ!

英語が出来なくてもノリの良い女性がほとんどなので皆で楽しくお酒を飲めて盛り上がり、しかも金額は日本の半分以下。

男旅の男旅たる所以がKTVに詰まっています!笑

3日目

セブ最大の目玉になっているジンベエザメと一緒に泳ぐ事ができるグランドネイチャーツアーで一日圧倒されて、マッサージで体を中休み。

グランドネイチャーツアー

世界でもセブだけと言われているジンベエザメを目の前で見れる体験ができるだけでなく、

アバターの世界が味わえる神秘のツマログ滝、

訪れる人の願いを叶える奇跡のシマラ教会などを巡るツアー。

ESTEのグランドネイチャーツアー

朝4~5時集合と信じられない早さと移動時間が片道4時間と言うネガティブな要素があるのですが、それを上回る価値が十分にある体験です!

ジンベエザメは餌付けされているので100%遭えるだけでなく触れる事ができる程の距離に来ます。

ジンベエザメと一緒に泳ぐ

想像以上の大きさにまず間違いなく圧倒されて、興奮してあっと言う間に時間が過ぎていきますよ!

そして、

ジンベエ以上に感動したと言う方もいる神秘のツマログ滝へ。

ツマログ滝での記念写真

映画アバターの世界観が広がっていて訪れる人を圧倒します。

ツマログ滝の魅力
セブ南部にあるツマログ滝と言う場所が映画アバターの雄大な自然に似ていて思わず引き込まれ夢中になるほどで、ジンベエザメだけじゃないツアーに参加すればジンベエザメを見た後にツマログ滝へ行けます。

長い移動時間に仮眠をとり体力を蓄えておけば、ネガティブ要素の朝が早い事と移動時間の長さは全く問題になりません!

マッサージ

ツアー終了後は街のマッサージ屋さんで今までの疲れを取ります。

高級SPAから一時間400円以下の格安マッサージまでありますので、好みにあわせてお店を選べますよ!

4日目

セブの海を満喫できるアイランドホッピングを楽しみ、セブならではのおかまのショー、アメージングショーで笑い、セブイチお洒落なバーでのんびり旅を振り返り満喫。

アイランドホッピング

海を思おう存分満喫するなら定番の「アイランドホッピング」が一番。

アイランドホッピングとは伝統的なバンカーボートと言う船で小さな島を巡りきれいな海を楽しむツアーです。

ESTE Japanでは2つのタイプのアイランドホッピングをおすすめしていて、とにかく楽しくワイワイできる男旅にピッタリなのが「韓流アイランドホッピング」。

至れり尽くせりのサービスとフィリピンの陽気なノリが特徴のホッピング。

韓流ホッピングで盛り上げているイメージができる写真

日本人の冷たい視線とは違い、韓国人はフィリピン人に近いノリの良さを持っているので気にせずにとにかくはしゃげますよ!

韓流アイランドホッピングのダンスタイムがイメージできる写真

もちろん、セブの美しい海で思う存分遊べます!

ヒルトゥガン島ジャンプ

海もクリアなのでスノーケリングを満喫したり、

セブの海を満喫しているイメージができる写真

魚釣りに熱中したり、

韓流アイランドホッピングで魚釣りをしている写真

海で少し冷えて、疲れた体に染み渡る辛ラーメン食べたり、(これは韓流ホッピングに欠かせないもの)

韓流アイランドホッピングで辛ラーメンを食べている写真

各グループに1名フィリピン人スタッフが付きますので荷物や写真の事は気にせず、とにかく遊ぶだけ、ノリの良いスタッフが一緒になって楽しませてくれますよ!

アイランドホッピング後はマクタン島の人気レストラン「ランタオ・フローティング」で夕食を少し早めにとるのがおすすめ!

ここは海に浮いているレストランでサンセットが綺麗に見れる場所なので心地よい疲れの中でまったりと食事が楽しめます。

ランタオでの夕焼けの写真

ダズリングナイトツアー

夕食後はダズリングナイトツアー。

定番のゲイ(おかま)のショーで盛り上がり、

セブで一番お洒落なレストラン&バーでまったりした一時を過ごすツアーです。

ダズリングナイトツアー

ツアー内容的にカップル向けや女性向けの印象がありますが、男旅でこそ盛り上がるポイントがあります。

それは、アメージングショー。

アメージングショーをただの綺麗なおかまがいるだけと思っていませんか?

実は、そんな小さな驚き以上に楽しめる内容になっていて、観客いじりが激しくただ見ているだけではなく一緒にショーに参加するので男同士とにかく盛り上がります!

アメージングショー

そして、アメージングショー後はセブ島で一番お洒落と評判のレストラン&バーの「イビザ」へ。

イビザはホテルモーベンピックのビーチ内にあり海にせり出した孤島のようになっていて、特徴的なのは海の上で寝ているかのような感覚を味わえるハンモック席がある事です。

こちらで寝転がりながらお酒を飲み、星空を眺めたり、セブでの思い出を語りあい4日間を締めくくれば完璧。

イビザの海の上のハンモック

5日目

最終日は空港で買い忘れたお土産を追加して帰国となります。

帰国の際は750ペソの空港税が必要なので全て使い切らないように気をつけてくださいね!

セブから帰国までの3ステップ」に注意点をまとめてます。

まとめ

男旅は昼はもちろん夜も楽しんでこそ!

その為には、ホテル代を節約してその分を遊び代に回し、死ぬ気で遊んでこそ楽しめます!

このプランでの一番大事なポイントはホテル選び。

ポイントはセブ市内のビジネスホテルを選ぶ事でおすすめは以下の3つのホテル。

ホテルに関してはホテル料金比較『トリバゴ』で最安値をチェック!

そして、

充実した昼を過ごす為に欠かせない定番のツアーは

  • エクストリームツアー
  • ダイナミックツアー
  • グラドネイチャーツアー
  • アイランドホッピング
  • ダズリングナイトツアー

これらを抑えて夜はカジノ・クラブ・KTV・ビキニバー・マッサージへ行けば完璧です。

全て合わせても12.5万円以下ですので、こちらを参考に必要に応じて足し引きしたりしてオリジナルの男旅プランを作ってみてください!

実際に死ぬ気で遊んだ方の事例をご覧になると、かなり楽しさが伝わってきますよ! 

セブ旅行で遊び過ぎな人たち
もう来なくて大丈夫ですね!と言うほどセブを遊びつくした男3人+1名遅れて参加の旅は男ならテンション上がるアクティビティーで盛り沢山の6泊7日で、男旅のお手本と言っても良い過ごし方をご紹介します!

 

提案に乗っかってみようかなぁと思った方や気になった方はお気軽にお問合せください。

LINE ID:estejapan

提案に乗っかってみる

スポンサーリンク

シェアする