男だけの3泊4日「セブ男旅昼も夜も満喫プラン」

シェアする

セブを満喫する男旅3泊4日

こんにちは。ワクワクすると眠れなくなるハタケヤマです。

男だけのセブ旅行は解放感あふれる中、日本とは異なるテンションで仲の良い友達同士思いっきり楽しめます。

しかし、

男同士だからこそありがちなのが

「とりあえず日本を飛び出したけど何をする」

「夜は行ってみたい所あるけど昼どうしようか」

「まぁ現地でなんとかしよう」

など基本的にノープランな旅行である事。

そんな男旅にありがちなノープランだと想像以上に退屈して旅を終えてしまう事になりますよ!

そんな事が無いように昼も夜もどちらも満喫できる「寝る間を惜しんで楽しむ」男旅のモデルプランを作りました。

こちらを参考にセブ男旅で解放感の中、思いっきりはしゃいでみてください!

スポンサーリンク

プラン概要

スケジュール

今回はバニラエアの直行便を利用した場合として到着時間・出発時間を考えてスケジュールを組んでいます。

バニラエアは2016年12月25日にセブへの就航を開始したばかりで、到着・出発時間は今後変更される可能性が高いのであくまで参考として見てください。

セブ男旅3泊4日モデルプラン

予算

こちらのプランは航空券とホテル代を含めて1名合計10万円以下の予算。

■予算の詳細

項目 金額
航空券 50,000円未満
ホテル代 5,000円未満
食費 3,000円前後
ツアー代 38,000円未満
その他 4,000円前後

※個人、時期による所もありますので、あくまで目安として捉えてください。

ホテル

男旅の良い点はホテルを寝るだけと割り切れる事。

このプランはほとんど外出しているのでホテル代は節約してその分を遊びに使います。

なので、

ホテルはセブ市内の「ビジネスホテル」で節約!

おすすめホテル

2017年4月28日より東横インがオープンしますので、そちらが一押しです。

詳しくは「東横インの衝撃」をご覧になってみてください。

セブ市内のおすすめビジネスホテル

おすすめは「コペンハーゲンレジデンスホテル」。

コペンハーゲンレジデンスホテル

おすすめの理由としては3つあります。

1.宿泊費の安さと立地

宿泊費が安く、2名1室が一泊3,000円前後からあります。

そして立地も良く、セブの中心街まで15分程で出れます。大通りに面している為タクシーもつかまりやすく移動に便利な場所。

2.設備の妥当性

セブ市内に安いビジネスホテルは多々ありますが、シャワーが水しかでない、トイレが汚いなど設備が価格相応な所が多いです。

そのようなビジネスホテルに比べると設備は整っています。

3.サービスが充実

コペンハーゲンレジデンスだけの2つの特典があります。

1)空港からホテルまでの送迎が無料

コペンハーゲンレジデンスへご予約頂いた場合は空港からホテルまでのお迎えが無料で受けられます。

HISなどから予約してもお迎えは無料。

2)ツアーデスクに日本人在中

1FにESTEJapanのオフィスがあり日本人スタッフが在中しています。(土日除く)

ツアーの相談だけではなく困った事やセブの情報、おすすめのレストランなど気軽に日本語で相談ができますよ。

ご興味がある方は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

ホテルについて問合せ

プラン詳細

1日目

KTVやカジノなど日本とは少し異なる経験、日本ではできない事でセブの夜を満喫するスケジュール。

19:00セブ空港到着

到着してからも入国審査、荷物受け取りで1時間程かかります。ホテルの送迎車に乗りホテルへ到着チェックインを済ませます。

21:00-21:40夕食

準備が整ったらホテル近くのモールにて夕食を食べます。

コペンハーゲンレジデンスホテルからタクシーで5~10分程の距離にパークモールと言うモールがあり、フィリピン料理から韓国料理やイタリアンなど多くの料理店がありますので好みのお店でお腹を満たせますよ!

22:00-23:00KTV

食事が終わったら軽く一杯と言う気持ちになるのが男旅かと思います。

バーもあるのですが、せっかくなら日本とは少し違うセブならではの「KTV」で一杯飲む事をおすすめ。

「KTV」とは日本で言うキャバクラのようなお店と考えるとイメージが付きやすいですね。

ビキニバーのアリーナで楽しんでいる様子がイメージできる画像

詳しくは「KTVとビキニバーの違い」をご覧になってみてください。

ただ日本のキャバクラとは少し違い基本的にはお酒を飲みながらカラオケを楽しんで頂く場所で、女の子がその場を盛り上げてくれると言う感じですね。

英語が出来なくてもノリの良い女性がほとんどなので皆で楽しくお酒を飲めますよ!

予算は1名1時間1,000~2,000円あれば十分。

プランを相談する

23:30-カジノ

軽く一杯お酒を楽しんだ後は、日本ではできないカジノを経験してみてください。

カジノはウォーターフロントホテルと言う所で24時間営業しています。

ただ行って雰囲気だけ味わうのも良いですし、大金を得る可能性を求めて一勝負するのも盛り上がりますよ。

カジノにはカードゲームとマシンとがあり、ゲームセンターにいるような感じで楽しめます。シンプルなモノから少し考えるモノまであり最初はなかなか参加しづらいですが、次第に慣れてきて時間を忘れ熱中している事でしょう。

詳しくは「カジノで一攫千金も?!」をご覧になってみてください。

2日目

セブならではのアイランドホッピング、体験ダイビング、SPA(マッサージ)、オカマのショーなど時間を無駄にせず一日楽しむスケジュール。

8:00-16:00アイランドホッピング&体験ダイビング

セブに来てきれいな海を満喫しない事は牛丼を頼んで米だけ食べているようなモノ。

つまり、

セブのメインはやはり「きれいな海」。

そして海を満喫するなら「アイランドホッピング」が一番です。

アイランドホッピングとは船で小さな島を巡りきれいな海でスノーケリングしたり歩いて回れるような小さな島を散策したりするツアー。

こちらのツアーの詳細は「アイランドホッピング」のページをご覧になってみてください。

また、アイランドホッピングのオプションとして「体験ダイビング」をあわせて経験する事をおすすめ。

体験ダイビング

日本では金額が高い、またライセンスも必要と敷居の高いダイビングもセブなら安くできます、もちろん体験ダイビングなのでライセンスも不要でベテランのスタッフがサポートしますので初心者でも安心して楽しめますよ!

17:00-18:30SPA(マッサージ)

アイランドホッピング&体験ダイビングで海をたっぷり満喫した後は疲れた体を癒しにSPAがおすすめ!

女性が行くイメージが強いSPAですが、アイランドホッピングで疲れた体で受けるマッサージはなんとも心地が良く、リフレッシュできます。

再びセブの夜を満喫する為のつかの間のリラックスタイムは至福のひと時になる事、間違いありません。

詳しくは「SPA(マッサージ)」のページをご覧になってみてください。

20:00-23:00アメージングショーとバー

マッサージ後にはセブならではのゲイ(おかま)のショー「アメージングショー」を楽しんで頂きます。

全員男と言う驚きもさることながら、ショーとしての完成度の高さに驚き、とても楽しい時間を過ごせます。

その後、遅めの夕食とお酒が楽しめるお洒落なバー「イビザ」で南国の雰囲気を存分に満喫しながら今日の一日を振り返れば、盛り上がる事間違いなし!

こちらのツアーの詳細は「ダズリングナイトツアー」のページをご覧になってみてください。

相談してみる

3日目

ジンベエザメと一緒に泳ぐセブだけの貴重な体験や絶叫間違いなしのスカイエクスペリエンスそしてセブの夜の定番クラブを楽しんで頂くスケジュール。

5:30-19:30ジンベエザメツアー

セブの目玉としてあるのがジンベエザメと一緒に泳げる体験。

世界的にも珍しく、セブではジンベエザメの餌付けに成功しているので確実に野生のジンベエザメに遭えます。

また、野生のジンベエザメではありますが、人に慣れている為、触れる距離で泳げますよ。

ジンベエザメと一緒に泳ぐ体験

この経験は他では味わえない感動と興奮があり、確実に盛り上がります。

こちらのツアーの詳細は「グランドネイチャーツアー」のページをご覧になってみてください。

20:00-20:40夕食

夕食を食べて一休み。

夕食はホテル近くのピザ屋さんやコンビニで簡単に済ませられます。

21:00-23:00スカイエクスペリエンス

夕食を済ませた後はセブ市内にある「クラウンリージェンシーホテル」内のアトラクション「スカイエクスペリエンス」で思いっきり絶叫。

スカイエクスペリエンスはホテルの高さ(約100m)を活かした絶叫マシーンや絶叫体験ができる場所です。

TVでも紹介された事があるような場所で怖さは保証されていますよ!

関連記事「日本のTV番組がセブでやる事5選

行く前は盛り上がるのですが、いざその場が近づくと口数が減り、皆血の気の引いた後悔の顔をしている姿は、かなりいい思い出になります。

終了後は何とも言えない安堵感と同じ感覚を共有した者同士とても盛り上がりますよ!

スカイウォーク

23:30-クラブ

安堵感に包まれ開放的な気分でクラブへ行きお酒を楽しみます。

セブの若者は夜からクラブに集まるのが定番。

現地の人だけでなく多くの人種が集まる場所なので色々な出会いもあり、お酒を楽しみながら流行りの洋楽でダンスをしたり出会いを楽しめますよ!

相談してみる

4日目

空港でお土産を買って帰国となります。

セブのお土産の定番は大体ドライマンゴー、バナナチップス、Tシャツとなります。どこに行っても金額が多少異なるだけで同じようなものなのでお土産は空港で購入すれば充分です。

まとめ

男旅は気楽であまり雰囲気や泊まる場所に気を使わないで、とにかく開放的な気分で楽しめるのが魅力。

今回のプランはそんな開放的な気分で友達同士思いっきりはしゃげるように作りました。

セブ旅行の際には是非、こちらを参考にして思いっきり楽しい旅行を計画してみてください!

また男旅の決定版もありますのでこちらも要チェック!

KTVはなびで豪遊している様子がイメージできる画像

ホテルに関してはホテル料金比較『トリバゴ』で最安値をチェック! 

ESTEJapanではこのような感じで各お客様に合った最適なオリジナルプランを無料でご提案させて頂きます。

興味のある方は下記、またはLINEよりお気軽にお問合せ下さい。

LINE ID:estejapan

相談してみる

スポンサーリンク

シェアする