男旅なら絶対に東横イン

シェアする

費用対効果の高さが際立つ東横イン

東横インの評価

こんにちは。やっぱり、リゾートホテルが好き。ハタケヤマです。

ビジネスホテルって選択肢にありますか?

旅行でビジネスホテルってなんかねぇ・・・と言うネガティブな考えを持っている人の方が圧倒的に多いと思います。

せっかくの旅行でビジネスホテルの味気ない感じだと旅行気分も半減と言うのはごもっともですし、日常を忘れるような雰囲気をホテルに求めるのは当然ですよね!

しかし、

良く考えてみてください!

ホテルに何時間いますか?

何もせずのんびりとホテルでずっと過ごすと言う方は絶対にリゾートホテルに泊まるべきですが、その他の方はアクティビティーを満喫したりしてホテルにいる時間なんて睡眠時間くらいなもんですよ、実際!

それなのに高いお金をホテルに払うのであればその費用をアクティビティーやレストランに使った方が絶対に賢いですよ!

まぁその辺の「ビジネスホテルのすすめ」は下記をご覧になってみてください!結構熱く語ってますので!笑

セブ旅行はビジネスホテルがおすすめ
物価が安いとは言えセブ旅行は10万円はかかります。その3分の1はホテル代にかかっています。それがビジネスホテルに泊まるだけで半分以下になり、宿泊費を大きく削減でき、美味しいレストランや体験にお金を使えます。

と言うわけで、今回はビジネスホテルの東横インをご紹介します!

スポンサーリンク

前置き

前提条件・項目のチェック

ハタケヤマ1人の感想や評価なんかねぇ、口コミサイトで充分ですよ~

と言う気持ちも分かりますが、個人的に口コミサイトの評価は、

「なんか違うんだようなぁ・・・」

と、少し違和感を感じています。

と言うのも、評価している方は一つのホテルしか宿泊してないのに、

「このホテルは最高!」

「セブで一番良い!」

と言っている事が納得いかないんですよね~笑

マーケティングで言う「定量調査」になっていて、「定性調査」も必要でしょ!と感じるんですよ!

まぁ要は良い口コミが多いから良いホテルと言う判断は安易かなぁと。

なので、

ホテル単体での評価ではなく、ハタケヤマが過去に宿泊したホテルと比較して、良い点と悪い点を挙げて率直な感想を述べています。

旅行で重要なホテル選びの参考の一つにして頂ければ幸いです。

東横インの特長

東横イン

日本のビジネスマンで知らない者はいないホテルなので説明は不要ですかね!笑

とは言え、ビジネスマン以外は知らないので簡単に説明すると、寝泊りする上で最低限必要なものが揃ったシンプルなホテルです。

その分、価格は安く、ビジネスマンの出張に使われる事が多いのですが、かなり立地の良い場所に建っている事が多い為、最近では普通のホテルのように外人に利用されていたり、若い人に利用されていて、

ビジネス以外でも利用されてきているみたいですね。

注目はその質がセブでも保たれているかどうかと言う点です。

立地

セブ市内では有名なASフォルチュナー通りにあります。

隣にはJセンターと言うショッピングモールもありかなり賑わっている場所。

東横インのおすすめポイント

おすすめしている女性の写真

セブ市内でビジネスホテルを探せば数多くあり、1泊素泊まりで1,500円程度からあります。

しかし、

セブのビジネスホテルは本当に価格相応と言うか日本人が思っている以上にひどいですよ!笑

シャワーは水しか出ないと言うのは基本で、水圧も弱くてなんなら水が出ない事もめずらしくないですし、

トイレは自分で桶で水を汲んで流さないといけないですし、

部屋が汚くてシーツやベッドカバーが染みだらけと言うのを受け入れる覚悟は必要ですね!笑

これらを踏まえて以下のおすすめポイントをご覧になってください!

1.日本クオリティーの設備

これがどれだけすごい事か!笑

一度宿泊した事のある方は東横インの雰囲気をご存知かもしれませんが、本当に日本の東横インと全く同じです。

ドライヤー・冷蔵庫・ベッド・クーラー・ユニットバスが基本となっていて寝るのには十分な設備。

東横インのこだわりは「シャワー」「ベッド」にあり、東横イン基準がるらしく、

1.水圧にばらつきなく均一に強く出る事

特に水圧はセブの良いホテルですらそこまで強くないのでビジネスホテルであれば尚更で、ほとんどの観光客の方は満足できないレベルです。

しかし、

年のノウハウから水圧を均等に強く出す方法を確立している東横インはセブ島でありながら日本と変わらない水圧を確保しています。

170tもの巨大タンクを屋上に設置して専用ポンプを使い下からタンクへ水を送り、それを専用のパイプを使い各部屋に供給。

水流は複雑でパイプが変わるだけで水圧にバラツキが出てしまう為、日本で使っているパイプを使用すると言う細部までこだわり、日本クオリティーを実現しているんですね。

ユニットバス

このお馴染みのユニットバスも東横イン専用のキットのようになっていて、専用の工場で作りセブへ持ってきているので日本と全く同じ。

外国のお客様用に天井にシャワーを設置している事くらいの違いですね。

2.ベッドはシングルであってもセミダブル程の大きさがある事

東横インの一人部屋の写真

一人で寝るには十分すぎる広さ!

2.送迎無料サービス

空港からホテル、ホテルから空港への送迎が無料なんです!

宿泊者であれば誰でも利用できる無料シャトルバスが1時間に1本出ていてとっても便利!

やはり、慣れない土地での最初の移動は恐怖がありホテルに別途費用の送迎を依頼する方は多いですが、これが一人3千円とか結構、足元見た良い値段をつけている所がほとんどの中、

無料シャトルバスがあると言うのはかなり魅力的ですよ!

3.全てが完結する周辺施設

セブ市内のJセンターと言うショッピングモールの6~18階に建っている為、レストランやスーパーなどはもちろん、両替所もイミグレーションセンターも入っています。

長期滞在の方はもちろん、観光客の方も便利で楽しめるでしょう。

レストランは10店舗以上入っていて、ファストフードから日本食・フィリピン料理・中華など本格的なレストランまであるので食事に飽きる事はありません。

鉄板焼きノンキ

また、東横インの前のASフォーチュナーと言う通りはKTVと言う日本で言うキャバクラのようなお店が多くあったり、

日本食屋さんなどのレストランも多いのでJセンターのお店が10時で閉店してしまっても問題なく楽しめます。

タクシーはつかまえやすく、ジプニーのターミナルもある為、移動には困りません。

東横インでも初の試みの「バー」を6Fに作りウッドデッキの屋外席も設ける準備をしているので、夜ゆっくりしたい方は東横イン内で楽しめます。

バー

6Fには別施設でスカイウォーターパークと言うプール施設があります。

バーの雰囲気が分かるように完成した写真を掲載。

東横インのバーがイメージできる写真

景色も抜群!

東横インのバーからの景色の写真

東横インの残念ポイント

NGをしている女性の写真

一時的な事で改善していたり、その時々のタイミングによるかもしれませんが、ハタケヤマが宿泊した時に感じた残念な点を紹介します。

1.うるさい

最上階にクラブがあるからか、夜中の2時、3時まで重低音の音楽が響き渡っている事があります。

これは階層やタイミングによるのでしょうが、万が一このタイミングにあたると寝れないし、相当イライラしますよ!笑

また、誤作動で深夜の12時火災警報がけたたましくなります。

いい加減直せよ、と思うほど結構しつこく鳴っていましたし、本当にうるさいですね。

2.エレベーターが不便

4台のエレベーターがあるのですが、ちゃんと機能しているのは1台だけでとにかくエレベーター待ちが長い。

階段を使っても受付のある6階までたどり着けない構造になっていて、嫌でもエレベーターを待たなきゃいけないのがよりイラっとさせられますね!笑

3.連れ込みホテル

もう完全にラブホテルになっていますね!笑

近くにKTVと言うキャバクラのようなお店がいくつもあり、女の子を連れ出す事ができる為、日本人だけでなく韓国人含めて多くのおっちゃん達がフィリピン人女性を連れ込んでいます。

家族連れやカップルからするとこの光景を見ると結構微妙な雰囲気になると言うか、まぁホテルのブランド価値が悪い感じがありますねぇ・・・

まとめ

価格は約3,000~5,000円前後です。

詳細は東横インのホームページをご覧になってみてください。

日本ではお馴染みの「東横イン」。

そのブランド力から日本人の期待は高く、他のビジネスホテルに比べると基本のハードルが高いのでカワイそうですが、

その期待にしっかりと応えていると言う印象ですね!

夜遊びに最適な立地で利便性も高く、男旅をする上ではこれ以上ないホテルと言っても過言ではないですよ!

ビジネスホテルと思って敬遠するのはあまりにもったいないほど費用対効果の高いホテルなので、

セブ旅行を計画している方は是非、東横インがおすすめ!

ただし、家族連れやカップルはやめておいた方が良いですね!笑

その他のホテルを考えている方はホテル料金比較『トリバゴ』で最安値をチェック! 

そして、

セブ旅行を今計画している所で、何をしようか分からない・・・と言う方はタイプ別に分かれている「モデルプラン」を参考にしてみてください!

効率よいスケジュールや定番のツアー・アクティビティーだけでなく、おすすめのレストランなども載せているので、失敗のない旅行計画を立てられますよ!

セブ旅行のプランは無料で相談にのりますのでお気軽にLINEや下記よりご連絡ください!

LINE ID:estejapan

とりあえず相談してみる

スポンサーリンク

シェアする